mixiユーザー(id:767771)

2016年11月13日23:54

75 view

東京弾丸ツアー

今日のお天気:晴れ曇り
今日の気温:19℃/11℃

昨日の朝9時、横浜港に着岸した飛鳥IIから下船し、バスとJR、地下鉄を乗り継いで築地を訪れた。
場内にあるお寿司屋さんを初めて訪れたのは、まだ学生時代の頃。
インターネットで知り合った「美味しいもの好き」な人々の中に、生粋の東京下町っこがおられ、「東京に遊びにいらっしゃい」と声をかけてくださり、合羽橋や谷根千、築地場内などを案内していただいた。

その頃の築地は、まだまだ「玄人の仕事場」といった風情で、場内に入る時にはドキドキしたことを覚えている。
縦横無尽に走り回るターレットの邪魔にならないように遠慮がちに歩いて案内されたお店には、「美味しいモノを食べさせるのが大好き」な、笑顔の素敵な大将がいて、とびきり美味しいお寿司を握ってくれた。

就職して東京に住み始めてから、築地は少しずつ「素人が遊びに行ける場所」になっていき、今度は私が人を案内して時々大将の美味しいお寿司を食べに行くようになった。

東京に訪ねてきた母を連れてきたのもこの頃だ。

「あのときのお寿司を、死ぬまでにもう一度食べてみたい」というリクエストにお答えして、十年ぶりに訪れた築地は、外国人観光客が驚くほど増え、まるでアジアの市場のような情景になっていた。
お店の職人さんも片言の英語や中国語を操るようになっていたが、「美味しいモノを食べさせるのが大好き」な気っ風と、とびきり美味しいお寿司の味は変わらないままだった。
「せっかく築地の鮨やに来たのに、あんまり流ちょうな英語や中国語もなんかイヤでしょう?だから、勉強するつもりはないんだけど、一応最低限はね」
と、カラリと笑う笑顔が気持ちよく、豊洲の綺麗な店ではなく、懐かしい場所にもう一度来られたことが嬉しかった。

お腹を満たした後は再び地下鉄に乗って、スカイツリーへ。
晴天で気温も高かったので、観光客が多く、入場券を買うまでに2時間、それから展望台へ上るまでに1時間待たねばならなかったが、眼下に東京の街を一望できて母は大層喜んでくれた。
多少土地勘があるおかげで、「あれが皇居」「こっちが浅草」「あれが新宿」「向こうに見えるあれがディズニーランド」と解説してあげることが出来たのも有り難かった。

スカイツリーが大混雑だったので、東京駅地下で駅弁を買って新幹線に乗ったのは午後6:30。本当は東京で一泊できればもう少しのんびり出来たのだが、母も週明けから色々忙しいようなので、慌ただしく東京を後にした。

母と楽しく旅行できるのも、あと何回だろうか?と考えると切なくなるが、「身体を鍛えておくので、また連れて行ってね」と言ってくれているので、頑張って貯金して、次の長寿祝いも楽しく過ごせるように頑張ろうと思う。
2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月14日 05:50
    楽しい時間を過ごせて良かったですね(๑˃̵ᴗ˂̵)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月14日 22:01
    > mixiユーザー 

    親孝行旅行だと、せっかく東京に行っても、会いたい人にも会えず、行きたいところにも行けませんが(^^;またパンツアーとか行きたいですね♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月15日 06:33
    > mixiユーザー 
    そりゃ、優先順位レベルの話じゃないですからね(^_^;)
    親孝行が目的なんだから〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年11月15日 23:19
    > mixiユーザー 

    親孝行は出来るときにしておかないとね(^^)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年11月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

最近の日記

もっと見る