ホーム > mixiユーザー(id:767771) > mixiユーザーの日記一覧 > 図書館の自動貸出機

mixiユーザー(id:767771)

2016年01月26日23:45

171 view

図書館の自動貸出機

今日のお天気:曇り
今日の気温:7℃/1℃

地元の図書館システムがリニューアルされた。
蔵書にICタグが貼られ、自動貸出機も導入されたので、早速試してみた。

指定の場所に、借りたい本を積み重ねて置き、まず利用券のバーコードを貸出機のスキャナで読み込む。
次に、貸出機の画面に表示された数字の一覧から「貸し出し冊数」と同じ番号を選んで、タッチパネルを押すと、借りたい本の書名などが画面に一覧表示されるので、確認して、「確認」のパネルを押す。
貸出票が排出されるので、それを受け取れば、手続き完了だ。
時間にすれば、本の2〜3分で、10冊までの貸し出し手続きが完了する。
便利な世の中になったものだ。

貸し出し延長などの手続きは、司書さんにお願いしなければならないのだが、休日の混雑緩和に期待したい。
2 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月27日 07:51
    貸し出し冊数の番号選択ステップは要らないような気もしますね(^_^;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年01月27日 23:13
    > mixiユーザー 

    たぶん、読み取りエラーが発生した場合を、ICタグの読み取り数と、実際の貸し出し希望の冊数が一致しなくなることから判断するためじゃないかなぁ・・・と、勝手に思ってます(^^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月07日 12:23
    あれ、便利。
    うちの最寄りの図書館、カウンター内の人が元同じ小学校のお母さんなので、ちょっと恥ずかしいときなど(*^^*)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年02月07日 23:20
    > mixiユーザー 

    早いし、気兼ねも無いから良いですよね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する