mixiユーザー(id:7640532)

2020年05月03日22:51

35 view

第4934話  道産子メガコーポ

ここ数日の高温で桜が一気に咲きましたね。
場所によってはもう少しだけど、早めに咲いた花は満開状態です。
近所の素敵な桜は今日が見ごろでした。
誰も通らない道なので濃厚接触のしようもないから見放題ですよ。
スマホでいろんな角度から撮ったんだけどさ、
なんか画質が悪くてウスぼんやりとした写真ばかりで、少し不満。
画質の設定がおかしいのかな?一応一番の画質にしているんだけども、
スペックをフルに活用できているとは思えなくて小首をかしげております。
もう4年以上経っているスマホは古いんですかね。
かといって、スマホの最新機器だって大した性能ないような気がして、
ちゃんと進化してます?カメラの性能ばかり強調されてますけど。
キレイに桜をとれるようになりたいですね。

どうも、ともんじょです。

これまでにない忠臣蔵なんですかね。
視点がこれまでとは違っていたのが新鮮で楽しく見られました。
「決算!忠臣蔵」を見ました。
日本人なら誰でも知っているがそう深くは知られていない出来事、過去数えきれないくらい映画化やドラマ化されてきました。
赤穂の藩士が切腹した主君のために仇討を果たすっていう話。
今回はこの赤穂浪士の討ち入りをお金目線で描かれています。
松の廊下で刃傷沙汰を起こして切腹となった浅野匠守、それによって赤穂藩はお取りつぶし、
お取りつぶしからお金の話は始まります。
引き渡しのための経費や、浪人となる藩士たちへの退職金の算出、とんでもない額が動くために、
そう簡単に殿の無念を晴らすべく仇討をしてやるとはいきませんでした。
仇打ち派とお家再興派に分かれてしまいます、大石蔵之介も最初は最高の道を探っていきます。
それがあるきっかけに一気に討ち入りへと突き進みます。
ここら辺の話の流れも「侍なめたらぶっ殺すぞ」がありました。
残された予算を使って討ち入りの面子を集め、装備を整え、色々と準備をする。
クライマックスは画面右に表示される予算額が、討ち入りの作戦会議が進むにつれてどんどん減っていく様子が描かれて、これが意外とスリリング。
何々にはいくらかかるとか、討ち入りまでの長屋の家賃だとか、食費だとかの経費が予算を削り落していくんです。
お金目線で討ち入りを描く、何事にも先立つモノが必要なんです、心意気や、精神論では達することもできなくなっちゃうんですね。
頭の隅にこの予算残りゲージを設定しておくといいですよ。
ボクもこの映画を観る前から予算ゲージが見える時があってすごく怖くなる時があります。
もっと普及させた方がいいゲージですね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31