mixiユーザー(id:7640532)

2019年10月04日23:04

108 view

第4722話  マタンゴ健康法

どうも、ともんじょです。

顔を白塗りにして、ピエロのメイクをして失礼します。

ハーーーッハッハッハッー

どうやらジョーカーの狂気に当てられてしまったようです。
今日封切りの「ジョーカー」見てきました。
おなじみバットマンの有名なヴィラン(悪役)ですね。
原作ではその素性がずっと謎のままだったんですが、今回の映画でその誕生秘話が語られます(原作への影響はないと思うけど)。
アメリカではダークナイト公開時にジョーカーに共感した奴が劇場で銃乱射をするっていう悲劇も起きて、日米同時公開の今日はアメリカの劇場は厳戒態勢だったそうですよ。
ダークナイトの影響を受けておいて、その後のライジングへの影響はないんかい。
それくらい、今回の映画は、ヤバイ。
何がやばいか。
人によっては間違いなくジョーカーに共感してしまうからです。
そして、現実社会へ攻撃性を持ってしまう危険性があります。
ジョーカーはアーサーっていうピエロにふんしてイベントに出るっていう仕事をしていますが、
それも上手くいかず、古いアパートで病気の母親の面倒も見ていました。
しかも、アーサーには障害があり自分の意図しない場面で笑いだしてしまう症状がありました。
これは実在する精神疾患でもあります。
仕事も上手くいかない、市からの助成で薬を買っていましたが、それも財政健全化の名のもとにとめられます。
人生どん底だと思っていましたが、アーサーにはコメディアンになる夢がありその夢への第一歩にライブハウスでネタを披露することになりますが・・・・
色んなことが重なって一人の男は壊れていき、狂気の末、ジョーカーになっていきます。
言っておきますよ。
胸糞悪いですから!2時間ずっと眉をひそめっぱなしです。
アーサーの不憫なこと、何でこんな目にあうんだろうって、かわいそうになります。
かわいそうになるんだけどさ、あることがきっかけに世間からの注目を得てしまう。
自分っていうものがこの世に存在しているのかも危うく感じていたモノがその存在を間違ったことをきっかけに認識してしまった時に人は壊れます。
自暴自棄です。
やけを起こした人間の恐ろしさ、それがほかの人間にも伝染する危険性が大いにあるんです。
劇中にデモが起こるんです、それがどんどんエスカレートしていきます。
この参加者たちはピエロのマスクやメイクをして自分を隠して暴れ回ります。
今現実でも同じようなことが起きていますね。
どうか冷静さを失わずに香港ではデモをやってほしいものです。
ホント、これは問題作なんじゃないですかね。
あ〜おもしろかったって言えない。うへぇ〜のため息です。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年10月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031