ホーム > mixiユーザー(id:7640532) > mixiユーザーの日記一覧 > 第4532話  乗りあい相談所

mixiユーザー(id:7640532)

2019年04月08日22:50

40 view

第4532話  乗りあい相談所

どうも、ともんじょです。

話そうと思っていたけど、なかなか一筋縄ではいかなかったので。
今日話してみます。
映画「万引き家族」を見た感想です。
正直言って是枝監督作品の中で一番好きな映画です。
といっても、この映画はおもしろいっていう言葉はそぐわないんでけども。
この映画に関していろんな論争になりましたね。
監督の過去の政権への批判的な発言をしておいて制作において補助金を受け取っていることに対しての批判、その批判がエスカレートしてこの映画が「反日映画」であるっていうものの言い方がネットに現れました。
そして最終的にどうなったのか。
この映画の登場人物はみんな在日朝鮮人で、万引きを繰り返し犯罪を繰り返しそして税金をせしめようとする悪い家族は主人公で、これを国際的な映画のコンテストに出して日本の地位を貶めようとしている。とまで飛躍しています。
今でもそれを信じている人はネット上にたくさんいます。
まず、言っておきましょう。
コレ言っている奴らは映画を見ていません。
きっとみたやつが言い出した部分もあります、食事の時に膝を立てて食べているだとか、
本名を隠しているだとか、保険証をもっていないだとか、
それっぽい証拠を持ちだしているけど、どれも的外れもいいところですよ。
曲解でしかない。
ちゃんと映画を見ていればこんな批判にはなりません。
在日だっていう証拠のシーンは確かにありますが、これってねしつけのなっていない育ちの悪い人たちの食事の風景なわけですよね。
肘ついて立膝立てて、片付いていないテーブルに無理やり食べ物を置く。
全員そろって座っていなくてバラバラな場所に食べ物をもって言って食べている。
キツめの表現になりますけど、底辺の人たちの姿を表現しているわけですよ。
日雇いで食いつなぎながらも足りない部分を万引きしていたり、
虐待されている女の子を家に連れ帰ったり、血のつながりのない男の子を育てたり、
風俗勤めの若い女性と死んだ旦那の再婚相手の家にお参りに行く老婆。
全員他人です。けどね、きったない狭い一軒家で一緒に住んでいるんですが、
幸せそうなんです。
これって家族の絆の話です。日本人の大好きな「絆」です。
「捨てられたものを拾っただけだ」っていうセリフが出てきます。
社会から見捨てられた人たちが血のつながりはないんだけど仲のいい家族のようにそれ以上に楽しそうに生活しています。
子供に万引きの手伝いをさせる部分もあります、中盤ではとんでもないこともします。
その場面には正直顔をしかめて幻滅するっていうことは当然ありますし、しかめました。
それと対をなすかのように偽物家族のつながりを感じることもできるんですよ。
虐待された子供に親以上に優しく親身によりそう、後ろ暗い過去を互いに補い合う姿。
どういう気持ちになればいいんだろう、って考えながら見てしまいます。
これを見てどう思うのか、人と話し合うっていうのがいいかもしれませんね。
誰かの意見をコピペして見もしないでそれを盲信するバカたれどもは、お金を払ってちゃんと見てください。
感じ取るものはあると思います。反日映画じゃないですから。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する