ホーム > mixiユーザー(id:7640532) > mixiユーザーの日記一覧 > 第4420話  正座からの逆襲

mixiユーザー(id:7640532)

2018年12月17日22:59

56 view

第4420話  正座からの逆襲

室内アンテナが届きました。
昨日のシンゴジラはかなりゴジラが小さくなっていましたね。
見られ過ぎてすり減っちゃってあんなに小さくなっちゃったんでしょうね。
ボクのガシャポンのゴジラより明らかに小さかった。
すごくわかりづらいボケですいません。
シンゴジラを見ていたのが携帯のワンセグだったものだから、
テレビと呼べないような大きさの画面でゴジラを見ていたので趣もくそもないって言いたかったんです。
けど、今日室内地デジ対応アンテナが届いて設置をしてみたんです。
あちこち置いて受信感度を試してみた結果。
窓際においたら一番よく見えるようになったんです。
しかし、妥協しなければいけない部分も出てきてしまいました。
テレ東の映りがとにかく悪い・・・
その代わりに、ほかのチャンネルはばっちり、テレ東を気にするとほかの局に多大な影響を与えることに気がついてしまい。
涙をのんで今のポジションに決定。
心の中で「そんな頻繁に見ないからね」と言い聞かせて今に至ります。
残念ながら実際にそんなにかけていない。普段はほめているのにごめんね。

どうも、ともんじょです。

不覚にも泣いた。
子供が題材の映画は本当にずるい。
「ギフテッド」を見ました。
亡くなった姉の娘のメアリーを育てるフランク。
ただ、メアリーはほかの子供と違い天才的な知能の持ち主で小学校で習うような勉強では不十分でしたが、
亡くなった姉のいいつけで普通に育てるようにしていましたが、
才能を学校に見いだされてレベルの高い教育をすすめられますがこれを拒否します。
ところがそこに絶縁状態だったフランクの母親が現れてメアリーの親権をめぐって裁判を起こされてしまいます。
天才だけど自由奔放なメアリーとそれを理解しているフランクの絆の物語なんですよ。
中盤涙なしでは見られません。
天才であることの大変さや周りの大人の言動に振り回されることになる子供。
過ぎたるは及ばざるがごとしってこのことなのかもしれないですね。
頭が良くて勉強がすごくできるって、そしてそれを伸ばそうとしようとする大人たちのいうことっていうのは結局大人の都合なんじゃないなって。
いい話でしたね。
心が洗われますよ。
青山の児童相談所の設置を反対している、財布はパンパンだけど心の中はスッカラカンの人たちに見て欲しい映画ですね。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する