ホーム > mixiユーザー(id:7640532) > mixiユーザーの日記一覧 > 第4175話  接待土壇場

mixiユーザー(id:7640532)

2018年04月16日22:55

42 view

第4175話  接待土壇場

どうも、ともんじょです。

2作目は失敗しやすい。
けれども、パシフィックリム・アップライジングは失敗作なんかではなく、
しっかりした素晴らしい続編だと思いますぞ。
一応あらすじ紹介。
5年前に公開された巨大ロボットと大怪獣が戦う映画の続編。
一部映画ファンに絶大な支持を受けている作品で、ボクももちろん大好きな映画ですよ。
それがまさかの続編の制作、1作目が中国で大ヒットしてしまい、製作費の元を取り、
続編制作まで決定させるっていうラッキーな展開。
ターゲットだった日本やアメリカでは思ったよりも興行収入を望めなかったのに対しての中国でのヒットでした。
終わったはずの怪獣との戦いは終わり、世界に平和は訪れたかと思いきや、
新たな敵が現れるでした!
そんな2作目です。
ネットでの評価を映画を見た後に眺めてみたんだけど、ちょっと厳しすぎじゃないですかね。
正直、最初に公開された予告編を見た時に嫌な予感をしてしまったのは確かです。
前作となんか違う、これ大丈夫なのかな?って。
1作目の好きなところは「巨大感」ですね。日本の特撮に尊敬の念を持った作り。
そして街のど真ん中で繰り広げられる怪獣との対決シーンはなによりファンの心つかんだところですね。
ところが、今作の予告編を見て違和感があったんです。
巨大感が薄いって思ったんです。その原因がロボットのデザインにあるのか、戦闘シーンにあるのかわからなかったんですが、続編として嫌な予感を感じてしまいました。
映画館に入って本編が始まるまでも不安でした。
そしたら、全然問題ねぇでやんの。あれは映像を調節したのかな?きっと調節したんだと思います。
前作に負けず劣らずの巨大感と迫力になっていました。これが嬉しくって評価はかなり高めになりました。
前作の戦闘シーンは暗い中でのシーンが多かったんですが、今作は明るいところでの戦闘が多いので見やすさがありましたよ。
続編の作成が決定した段階でボクの望む展開は二つありました。
まず、巨大ロボ同士の戦い。次に怪獣とロボットのハイブリッドが現れる。
ななななななんと、この二つがクリアされたんです。
これしかったですね。謎の黒いロボットがいきなり現れて襲ってきます。
前半はそいつとの戦い、中盤は怪獣とロボットのハイブリッドが出てきます。
そして終盤のハイライト、過去に襲来した怪獣たちとは比較にならないくらいに巨大な怪獣が現れるんです。
その巨大怪獣の現れるシーンがどこかで見たことあるような気がする。
!!!!レギオンだ。平成ガメラの2作目に出てくる東日本を恐怖どん底に陥れた巨大宇宙生物レギオン。怪獣のデザインは似ていないんだけど。
登場シーンの雰囲気はレギオンそのものでした。かなりカッコよかったですね。
それがちゃんと見ている側にも「あぁ〜勝てそうにないやぁ」と絶望させてくれるんですよ。
どうやってその怪獣を倒すかどうかはお楽しみです。
辛口評価の中でドラマパートが薄いって言っているけど、全然そこは問題ないですよ。
見ていてグッときたし、応援したくなるようなヒロインだったから。
不安だった分出来が良かったおかげで大満足でしたよ。
また見たくなったな。
1作目を映画館で見た人は2作目も映画館で見て欲しい。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する