mixiユーザー(id:7640532)

2017年01月31日22:56

190 view

第3735話  親身な羅刹さん

もしかしたら、300円ちょろまかしたかもしれない。
ブックオフのガシャポンの機械の調子がよくなくて、
変だな変だなって回していると、それこそ変なタイミングでカプセルが1個落ちてきました。
その後に200円が落ちてきました
ん?って思いつつお金を入れても回ってんだか回ってないんだかわかんなくて、
もう一回300円を入れてつまっているかもしれない小銭をなんとかしようとしたら、
また変なタイミングでポコっと一個、そして100円がポロッと、
これはおかしいって思ってお店の人に言ってみたら、
中をパカッと開けて欲しいのどうぞって言ってくれて目当てのバルバトスをいただいて帰りました。
なんか計算が合わないんですよ、1回分の300円が払われていないのではないのかっていう疑念が残っています。
ちょろまかすつもりはないけど、ちょろまかさることになっちゃったかも。
ちょろまかさるって日本語大丈夫か?
〜さるは北海道弁だけど、ちょろまかすと合体させていいんだろうか?
ちょこっと罪悪感。

どうも、ともんじょです。

もぉ〜、お願いだから朝日新聞はやめてよぉ〜
正月からずっと愚痴っていますが、今年は1年間だけ新聞が朝日新聞になったんです。
ところが政治思想的に合わないし、北海道欄が弱すぎるし、で文句ばかり出てくるんです。
今日のある出来事をきっかけにまたアサヒ嫌々を起こしてしまいました。
北海道欄が弱ければ、もちろん地元の情報も薄くなるわけですよ。
小樽欄ってないとけっこう置いてけぼり感を感じるんですね。
道新自体はアサヒに近い政治思想だけど、やっぱりローカルニュースは強いわけです。
その中でも地元のニュースってあればけっこう便利なものなんです。
で、今日の小樽欄に友達が載ったんだそうです。
マイミクになっている友達、光明斎臥牛さん(そう言えばまだアカウントは残っているのだろうか?)。
仲間内で言うと「けんりょう」が小樽の冬の風物詩小樽雪あかりに関わったっていう記事なんです。
そもそも雪あかりっていう言葉自体が小樽出身の作家「伊藤整」の小説の名前から来ているんです。
ちなみに、伊藤整といえばチャタレイ夫人の恋人ですね、知らない人はお父さんにでも聞いてください。
さらにちなみに、伊藤整はボクの母校長中の前身の中学卒業なんだとか。
で、けんりょうは伊藤整の詩を書に書いてそれをキャンドル加工したプレートにして開催期間中に展示されるんだそうです。
すごいなぁなんて感心していましたが。
フェイスブックで本人がそういう記事を書いてくれたからわかったものの、
書いていなければ気付かずにスルーしていました。
全国紙だから仕方がないんだけど、もっと地域密着してほしいものです。
同じ朝日ユーザーの方々は気にならんのですかね?
もう、1カ月たったけど我慢できないっす。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2017年01月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031