mixiユーザー(id:7640532)

2016年04月15日23:02

100 view

第3443話  暗算アプリ

?こ、これは?
名作アニメ「カウボーイビバップ」に登場する伝説のメニュー。
「肉なしチンジャオロースー」じゃないかぁ!!
今日の晩御飯に肉なしチンジャオロースーが出てきました。
ピーマンをエバラのチンジャオロースーの素で炒めただけのいたってシンプルなメニュー。
なんでかわからんのだが、母は具の入っているチンジャオの素を買ってきていたにもかかわらず、
ボクの余計なひと言「そういえば冷蔵庫にこの間買った素がまだ入っているよ」と言ってしまったがために、
具なしと具入りのチンジャオの素を混同してしまい、ただピーマンに素をかけて炒めただけの代物となってしまいました・・・
ボクが余計なことを言ったばっかりに、
でも、見た瞬間にこれ、ビバップに出てきていたなぁ思いだしてしまいました。
余計な具がなかった分素材の味がよくわかりました。
すごく良い言い方をするとこうなりますね。
逆にとってみると味気ないっていうことになってしまいますかね。
そもそもがほかの具と合わさって料理として成立するわけです。
だってさ、漢字で書くと「青椒肉絲」ですね、
今調べると前段のチンジャオっていうのがピーマン、で、後段はロースー細く切った肉ですよね。
ロースーがないのなら「肉なしチンジャオロースー」っていういい方はおかしいわけですね。
「チンジャオ炒め」ってことだ。
「トゲアリトゲナシトゲトゲ」っていう感じですか。
いい加減ホイコーローには何が入っていてチンジャオロースーには何が入っているのかを覚えていただきたいものだ。
ボク個人としては、チンジャオよりもホイーコーローの方が好きです。

どうも、ともんじょです。

星野源エッセー週間が終わってしまいました。
2冊目の文庫
「働く男」を読みました。
先日紹介した「そして生活はつづく」はいろんなエピソードが書かれていましたが、
今作は映画のコラムや過去の作品について書かれています。
好きな55個の物の中に「コサキン」が入っていたのにはビックリです。
ボンクラはボンクラを呼び好きなモノが似通ってしまうっていう感じですかね。
1作目で名前を隠されていたあるドラマの話、
友達ができなくて練習がきつかった時に起きた公開処刑のトラウマになったって書いていましたが、
働く〜には作品名が・・・出てたんだっていう驚きと、けっこうおもしろいドラマだったのに特訓中にそんなことが・・・って驚きました。
ちょっと見る目が変わっちゃうかも。
で、今作で印象に残っている部分を今日も紹介しておきますね。
何故、エッセーを書くようになったのかっていう理由があったんです。
文才がないからよけいに書く仕事をやってみたいって思って、編集者に色々と添削してもらいながら練習を重ねていったそうです。
そうか、今日は前後半合わせて約1200文字、
A4のレポート用紙一枚分かもう少しがんばんないとね、
一つのネタで1200くらいいけるようになるっていうのが理想です。
相変わらず頭の中で組み立てたモノが空気に触れた瞬間に霧散してしまう残念な表現力となっております。
これから日記を書く前にキーワードだけられるさせるっていうのも手かな、
おいおい、それは大学1年の時のゼミでやった基本事項だろ?
もっと上手になりたいです。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年04月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930