mixiユーザー(id:7640532)

2015年11月27日22:59

127 view

第3303話  投稿者の本人確認

毎週週末になるっていうと、
あ〜乗り越えたぁ、なんてしんみりしてますけど、
あ〜なんとか今週も乗り越えたワイです。
連休の3分の2がお仕事だったんでね、レギュラー週といっても過言ではありませんよ。
えー先に予告しておきます。
日曜日も出ます!
がんばりますから明日は休みます。

どうも、ともんじょです。

どうやらボクの日常が崩れ始めているようですよ。
昨日はド派手に転んだ話をしましたね、
今も膝は青たんが痛いです。
なんでかわからんが両二の腕が筋肉痛(転んだ瞬間に力が入っちゃったのかな)。
心の傷は一晩寝れば治りました。
しかし!その睡眠と今日起きたことには大きなかかわりがあるのです。
いつもボクの起きる5分前に突然家の呼び鈴が鳴ったんです。
ピンポーンって、
呼び鈴が鳴るにしても朝の7時前のことですよ。
こんな時間に鳴らす人ってよっぽどの緊急事態しか考えられないじゃないですか。
ボクは布団から飛び出して玄関に行ったら。
誰もいない。
2回から1階まで降りる間にいなくなっちゃったのかな?なんて首をひねって家の中に入ると、
今度は
ピンポーン ピンポーン
って2回鳴らす。
玄関のカラス度の向こうには・・・・誰もいない。
呼び鈴だけが勝手になったんです。
これはボクの空耳ではなく、父も一緒に目にしています。
風が強かったからそのせいで誤作動を起こしたのかもしれないんですけど、
微妙な時間になったせいで原因はどうであれ、ビビりますよそりゃあ。
それ以来今日一日鳴ることはなかったそうですけど。
明日の朝にも同じことが起こるんじゃないかって勘ぐってしまいます。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年11月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930