mixiユーザー(id:7637596)

2020年10月19日20:29

3 view

阪神102試合目 T1-1Ys 攻め手を欠き引き分け

阪神は、4回表、無死1、2塁から5番坂口の通算1500安打となるライトへのタイムリーヒットで先制されるも、5回裏、一死3塁から9番ガンケルの代打・糸原のレフトへのタイムリーヒットで同点。
その後は、互いに数少ないが2塁までランナー進めるも決定打が出ず、延長規定により引き分けに終わった。

同点に追いついた後、1番からの打順で近本、板山、糸井で一気に逆転出来なかったのが痛かった。
引き分けに終わっただけに、3番手・藤浪の甲子園球場での初となる162キロの方が話題になっておりますなぁ〜。

次は、明日から甲子園での広島戦
予告先発は、前回中日戦4回途中3失点で勝敗がつかなかったガルシア
3試合勝利から遠ざかっているので、そろそろ勝ってくれませんかねぇ〜

現在3位 49勝47敗6分 首位巨人とのゲーム差12.0

===============================================
■ヤクルト・坂口が史上129人目の通算1500安打 “最後の近鉄野手”プロ18年目で節目
(ベースボールキング - 10月19日 19:52)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=212&from=diary&id=6274462
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する