mixiユーザー(id:7616709)

2021年03月26日11:19

63 view

未完詩集のご紹介

     
      南原充士 未完詩集のご紹介


 いままでいろいろな詩を書いてきましたが、さまざまな事情で詩集として発行することなく自分の手元で眠っている詩篇がいくつかあります。

 それらの詩篇の中には、すでにどこかに発表したけれども詩集としては出版していないものとまったくどこにも発表したことのないものとがあります。

 未発表の詩篇もできればいずれどこかに発表したいと思っていますが、とりあえず、この場にいくつかを紹介してみたいと思いつきました。

 それらの未刊の詩集(小詩集と言ったほうがいいかもしれないぐらい小規模なものが多いです。)には、

 20代から30代にかけて書いた、

 小詩集『はつ恋』
 小詩集『なぜかぼくはやさしくなる』
 小詩集『駅の階段』
 小詩集『しずかな夜』
 小詩集『21世紀のわくわく星』

 と、

 50代, 60代に書いた、

 詩集『アシメトリー』(仮題)(恋愛詩篇)
 詩集『忘却の川』(仮題)(抒情詩篇)
 詩集『プラセボ組曲(仮題)』(叙事的な詩篇)、
 詩集『さびしがりやのロリポップ(仮題)』(抒情詩篇)
 詩集『レジリエンス(仮題)』(さまざまな手法を試みる詩篇)
  があります。

  さらに、

 詩集『滅相(仮題)』(言葉遊び、ユーモラスな詩篇)
 詩集『歌声(仮題)』(暗喩を意識した詩篇)
 詩集『放物線(仮題)』(抒情詩他様々なタイプの詩篇)
 詩集『ヘルプデスク(仮題)』(現代社会の様相を描いた詩篇)
 詩集『伝言(仮題)』(子供向けの詩篇)
 詩集『時間論(仮題)』(時間にこだわった連作詩篇)
 詩集『ノスタルジア館(仮題)』(思い出にこだわった詩篇)
 詩集『今(仮題)』(私的なことがらを記した詩篇)
  ほかにも取り掛かっています。

 上記のうち、詩集『レジリエンス』は、出版を予定しています。

 また、電子書籍による刊行も有力な選択肢として考えています。
 具体的なプランが決まったら、お知らせしたいと思いますので、よろしくお願いします。

 振り返れば、いろいろなタイプの詩を書いてきたような気もしますが、実際は、自分が思うほど違っていないのかもしれませんね?

 年齢は高くなっても、「いかに若々しい感受性を維持できるか?」 なかなか難しいとは思いますが、自分なり工夫をしていきたいと考えていますのでよろしくお願いします!

  
                                        令和3(2021)年3月 
                                                     
南原充士

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年03月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

最近の日記

もっと見る