mixiユーザー(id:7616709)

2021年02月09日12:44

16 view

シェークスピア ソネット 109


ソネット 109

       W. シェークスピア

おお!わたしが不貞を働いたなどと言わないでください
あなたが不在の間わたしの愛の炎が弱まったように見えたとしても
わたしが自分自身を去ることはたやすくないでしょう
あなたの胸にあるわたしの心を去るのと同様に、
それはわたしの愛の本拠地だからです、旅するあの人のように
遊び歩いたとしてもわたしは戻ります
時間通りに、予定を変更したりはせずに
わたしの汚れをすすぐことができるように、
わたしの本性が あらゆるタイプの人々を苦しめる誘惑に
支配されているとしても、信じないでください
それがそんなにも愚かに汚れて
この上なく素晴らしいあなたを去ってつまらない人のもとへ走るなどと、
わたしの薔薇よ、あなたがいなければこの広大な宇宙も空しいものです
そこではあなたがわたしの全てなのですから。



Sonnet CIX


        W. Shakespeare

O! never say that I was false of heart,
Though absence seemed my flame to qualify,
As easy might I from my self depart
As from my soul which in thy breast doth lie:
That is my home of love: if I have ranged,
Like him that travels, I return again;
Just to the time, not with the time exchanged,
So that myself bring water for my stain.
Never believe though in my nature reigned,
All frailties that besiege all kinds of blood,
That it could so preposterously be stained,
To leave for nothing all thy sum of good;
For nothing this wide universe I call,
Save thou, my rose, in it thou art my all.

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年02月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

最近の日記

もっと見る