mixiユーザー(id:7616709)

2020年09月18日13:22

8 view

『喜望峰』


小説『喜望峰』について

小説『喜望峰』では、南アフリカでの白金族金属の開発プロジェクトを中心として、ワインの会、合唱クラブを通した恋愛、友情、夫婦の形を描いています。南アフリカの人種問題やエイズなどの感染症の問題なども取り上げています。
南アフリカの白金族金属ビジネスは、大手資本との競争も激しく、資金の確保、採算性の確保、価格の変動、労働問題、人種問題等もからんで難しいものがありますが、排ガス対策に不可欠の白金族金属を安定的に確保するために日本企業が参画することは重要です。それが、小説『喜望峰』の主要テーマです。
南アフリカは、ワインの産地としても知られています。小説『喜望峰』では、有名なワインの産地も登場します。
今年は、ベートーヴェンの生誕250周年だそうですが、小説『喜望峰』では、ベートーヴェンの音楽が重要な役割を果たしています。音楽ファンの方にも是非お読みいただきたいと思います。
小説『喜望峰』のラストシーンはどんな様子なのでしょうか?
感動なしでは読み終えることのできない物語です。
皆様どうぞお気軽にダウンロードしてお読みくださるように重ねてお願い申し上げます。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年09月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930