mixiユーザー(id:7616709)

2020年07月20日16:38

13 view

シェークスピア ソネット 97

ソネット 97

       W.シェークスピア


あなたと離れていた期間は、過ぎ去る年の愉悦を失い
わたしにとってあたかも冬のような時期だった
なんとも凍えるような寒さを味わい、暗い日々を過ごし
いたるところに年の暮れ12月の荒涼とした景色を見たことであろうか!
だが今過ぎ去ったのは夏という季節だ
豊かな実りの秋が訪れ 
主人を亡くした未亡人の子宮のように
青春の放蕩が実を結ぶ、
この豊饒な実りもわたしには
ただ孤児の出生見込みであり、父無し児の出産にしか見えなかった
なぜなら夏の季節とその賑わいはあなたにかしずき
あなたが不在の時は鳥たちさえもさえずることはないからだ、
あるいは鳥たちはさえずるとしてもいかにも生気を欠き
木の葉は冬の到来を恐れるあまり色を失ってしまう。


Sonnet XCVII

       W. Shakespeare

How like a winter hath my absence been
From thee, the pleasure of the fleeting year!
What freezings have I felt, what dark days seen!
What old December's bareness everywhere!
And yet this time removed was summer's time;
The teeming autumn, big with rich increase,
Bearing the wanton burden of the prime,
Like widow'd wombs after their lords' decease:
Yet this abundant issue seemed to me
But hope of orphans, and unfathered fruit;
For summer and his pleasures wait on thee,
And, thou away, the very birds are mute:
Or, if they sing, 'tis with so dull a cheer,
That leaves look pale, dreading the winter's near.

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する