mixiユーザー(id:7616709)

2016年11月08日13:15

124 view

詩「彩色」



    彩 色


青ざめたきみの
灰色の影を
茶化したりはしない
黄ばんだ壁紙に
白熱球の灯りが映る
赤らんだぼくの頬を
緑の黒髪が撫でる
透明の涙がこぼれる
漆黒の一夜のうちに
ピンクの天使が舞い降りて
セピア色の写真を
鮮やかな色合いに変えた
金色の光がまぶしく
水色の窓辺に注がれる
薄紅色の部屋着に着替えて
乳色のあいさつをかわす
プラチナの一日が始まる



2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する