mixiユーザー(id:7616709)

日記一覧

ソネット 122     W. シェークスピアあなたの贈り物、ノートブックはわたしの頭の中にありますいっぱいに書き込まれた忘れ難い記憶はいつまでも、というより永遠に様々な雑多な書き込みによって残っていくでしょう、あるいは少

続きを読む

大家正志『袋あるいは身のまわりにおきたこと』。『袋』はバイトの運転手が運んでいる袋の中身にこだわって夜の工場に忍び込む話。『身のまわりにおきたこと』は夫や娘や自分に起きる意外なできごとに翻弄される45歳の主婦の心理や行動を描いた話。いずれも

続きを読む

ソネット 121         W. シェークスピア放埓でないのに放埓だと非難されるとき放埓だとみなされるより実際に放埓である方がましだ自分の感覚ではなく他者の見立てで判断されるなら自分が正しい行いをしているという喜びさえ失われる、なぜ他者の

続きを読む

詩「嘆きの壁」
2021年07月19日10:32

 下記の詩は、昨日、ある詩の合評会に提出した作品です。 コロナ禍の中多くのひとびとが苦しみや悲しみを抱えて過ごしていると思います。 そういうひとびとの鬱屈した思いをすこしでも癒すことができたら嬉しいと思って書いた詩です。 ご覧くだされば幸い

続きを読む

     広場で 広場では 子供たちが集まって 騒いでいる ボール遊びの合間に お菓子を分け合って食べたり いたずらをしたり くすぐりあったりしている 楽しそうに騒いでいる子供たちには 意地悪な風は感じられない どこかでじっと機会をうかがっ

続きを読む

日原正彦詩集『はなやかな追伸』。人間の生死や動植物やさまざまな物への思いを澄んだ目でとらえ、込み上がる感情を肩の力が抜けた言葉のスケッチとして自在に描いている。豊富な人生経験に基づく深い洞察力と優れた表現力と巧まざるユーモアは、悲喜こもごも

続きを読む

『新型コロナウイルス禍のもと、小説『喜望峰』を読んで希望を持ちましょう?』                          南原充士1.はじめに 昨年8月にKindle版小説『喜望峰』を出版してからまもなく1年が経過します。幸い読者の方からは好

続きを読む

ソネット 120       W. シェークスピアかつてあなたにされたひどい仕打ちを今度はわたしがしてしまったその時感じた自分の悲しみを思うと今のわたしは罪の意識で頭を垂れるしかないわたしの神経は真鍮でもなければ鋼鉄でもないのだから、なぜなら も

続きを読む

二条千河詩集『亡骸のクロニクル』。宇宙、時空、地球といった壮大な構図の中で人類の歴史が冷徹にとらえられる。ほとんど喜びや希望に満ちた情景は描かれず、科学館の展示を見るような視点から、無数の人々の骨片を踏み越えて行くしかない人間の冷厳な現実が

続きを読む

宇佐見りん『推し、燃ゆ』。アイドルとファンの関係、女子高生の生理と心理、家族との関係等が、緻密な観察力と巧みな構成と文章力で描出されていて小説として申し分ないできばえだ。ただ、新たに推しを見出す以外に解決があるのだろうか?救いが見えにくいと

続きを読む

中村不二夫『現代詩NOW機
2021年06月27日16:03

中村不二夫『現代詩NOW機戞B燭の優れた詩集を刊行する傍ら驚くべき質量の詩論集を刊行している。本書は、東日本大震災や関東大震災と詩人の関係についての論考を初め、辻井喬他の詩人論、詩集評、詩誌評、講演等により、極めて広い視野から緻密な資料チェ

続きを読む

『富沢智詩集』(砂子屋書房版 現代詩人文庫)。膨大な詩篇と詩論・エッセイの執筆そして現代詩資料館『榛名まほろば』の運営、各種のイベントの開催など、類稀な行動力と大きな功績に接するとその情熱に頭が下がる。本詩集に収録された詩篇の中では、「黄泉

続きを読む

早矢仕典子詩集『百年の鯨の下で』。一見静かな筆致の中に浮かんでくるのは、研ぎ澄まされた感覚で捉えられた日常に潜む暗黒だ。漆黒の闇でこそ見えてくる光によって人は生かされるのだろう。たとえ時間が大切なものを奪っていくにしても、わたしたちは晴れ上

続きを読む

長嶺幸子詩集『Aサインバー』。12歳で父を亡くし、6人兄弟の長女として母を助ける。母は昼は畑仕事、夜はAサインバーに行って米兵相手に物を売る。沖縄での暮らしの様子が沖縄語を交えて懐かしく少し物悲しく語られる。戦争を経験しながらも助け合って健気

続きを読む

八重洋一郎詩集『銀河洪水』。宇宙的なスケールで人類の歴史を辿ると共に、南の島の情景や暮らしや哀感を描く時も絶えず浮かんでくる銀河のイメージや地上の壮大な生命の営みがダイナミックに溢れ出す。他方、「福への挨拶ー古老説伝」における「袖果報(スデ

続きを読む

ソネット 119       W. シェークスピア内部が地獄のように汚れたフラスコによって蒸留されたサイレンの涙をわたしはどれほど飲んだのだろうか?恐れを望みに 望みを恐れに塗布して自分では手に入れたと思ってもいつも失い続けたのだった、なんとい

続きを読む

ソネット 118        W. シェークスピアわたしたちの食欲をさらに旺盛にするためにわたしたちがわたしたちの味覚を強い薬で刺激するように将来罹るかもしれない病気を予防するためにわたしたちが今病気になることで将来吐き気を催さないようにする

続きを読む

田中眞由美詩集『しろい風の中で』。なんという寂しげな心境だろう。もあいまいで、しろい風がくりかえされるしろい日をさらっていく。の語った言葉やしぐさが時や場所を超えて蘇るとき、だれにも<その時>が来ることを思わざるを得ない。みないなくなるんだ

続きを読む

ソネット 117        W. シェークスピアこんなふうにわたしを責めてもいいですよ、すべてを蔑ろにしたとあなたの素晴らしい恩恵に報いるべきであったのに日々絆によってわたしが結びつけられるべきあなたのこの上なく貴い

続きを読む

 詩集『時間論』は、通常の詩集の枠を超えた内容をもっているかもしれません。相対性理論を主たるテーマとしているからです。特に「時間」とは別の「変間」という概念の提唱は新しいアイデアかと思われます。ニュートンやアインシュタインが取り組んできた時

続きを読む

【お知らせ】 本日、わが13冊目の詩集『時間論』をKindle版で出版いたしましたのでお知らせいたします。詩集でははじめての電子書籍ですので是非ダウンロードのうえお読み下さいますようお願いいたします。「時間」は身近なようですが意外と正体が不明です

続きを読む

ソネット 116      W.シェークスピア心から愛し合う者同士の婚姻を妨げるものがあるなどということをわたしは決して認めない、なにか事情の変化で変わるような愛はあるいは心変わりする相手につられて変わってしまうよ

続きを読む

『コロナ詩篇』
2021年05月03日12:20

ひさしぶりに『コロナ詩篇』を更新しました。GW,コロナに対する思いを共有してみませんか?https://jushi14.hatenablog.com/archive/category/%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E8%A9%A9%E7%AF%87

続きを読む

ソネット 115        W. シェークスピアこれまでにわたしが書いてきた詩行は偽りですわたしはこれ以上あなたを愛することはできませんと言ったことさえ、当時のわたしの判断力では わたしのこれ以上ない愛の炎が更に強まるなどと想像する理由など

続きを読む

GWの読書計画!
2021年04月26日15:25

緊急事態の中のGWですね!この機会に読書をしませんか?わたしもいろいろ書いていますので、なにかひとつでもお読みくだされば幸いです。とりあえず『喜望峰』をよろしくお願いいたします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「南原充士の作品

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。