ホーム > mixiユーザー(id:757565) > mixiユーザーの日記一覧 > 7,8,9,10,11月も読みました♪

mixiユーザー(id:757565)

2019年12月10日09:39

13 view

7,8,9,10,11月も読みました♪

もう12月です!月日の経つのはどうしてこんなに早いのだろう!!
前回の日記が7月だなんて。。。
トホホな気分で今回もメモっておきます。

「気象予報士のテラさんとぶち猫のテル」  志賀内泰弘
「119」 長岡弘樹
「ののはな通信」 三浦しをん
「アロワナを愛した容疑者」  大倉崇裕
「ライフ」  小野寺史宣
「麦本三歩の好きなもの」 住野よる
「傲慢と善良」   辻村深月
「緋の河」  桜木紫乃
「愛してるって言えなくたって」 五十嵐貴久
「死にがいを求めて生きるの」 朝井リョウ
「クジラアタマの王様」  伊坂幸太郎
「愉楽にて」  林真理子
「氷獄」  海堂尊
「騎士団長殺し」(上)(下) 村上春樹
「いけない」 道尾秀介
「また明日」 群ようこ
「看取り犬•文福の奇跡」 若山三千彦


5ヶ月で18冊。3.6冊/月か。

待ってましたの「警視庁いきもの係シリーズ 第5弾」の「アロワナを愛した容疑者」。
このシリーズは,ハマっちゃってるので、登場人物はすべてドラマ化した役者さんたちのお顔になってしまいます。橋本環奈ちゃんの婦人警官姿かわいかったなぁ。ドラマ続編ないかぁ。なんでDVD化されなかったんだろうっっ。。。。いかん。完全に頭がオヤジ化している。でも本当に環奈ちゃん適役だった!また見たい〜〜〜

「緋の河」  桜木紫乃
作者の桜木氏とカルーセル真紀さんは、釧路の同じ中学の出身らしく
ずっと書きたいと思っていたんだそうです。
男として生まれながら、小さい頃からキレイな女性になることを望んだ秀男(カルーセル真紀)がゲイボーイとしてスターの座へとのし上がっていくまでのお話。
最初はそうとは知らずに読んでいたので、まさかモデルがカルーセルさんだとは!
この内容なのに、スッキリ、じんわり、、、、いい小説です!

「騎士団長殺し」 村上春樹
やっと読めた〜〜
読みたかったのになかなか手にする機会がなかったけど、これは、私の好きな村上作品の中でベスト3に入るくらいの内容でした。面白かった!
もしも、今まであまり村上春樹氏を好きじゃなかった人もこれは読みやすいんじゃないかな?私がちゃんと意味がわかったからね(笑)

「また明日」 群ようこ
昭和30年〜平成終わりまでの、5人の登場人物の子供時代から現在までの
お話。
5つのお話がだんだんとつながってくる、、、こういう作品大好き!
戻って読み返し、読み返し、頭の中でスッキリつながってきて、、、、。

「麦本三歩の好きなもの」 住野よる
最後にファンの方には申し訳ないですが、ちっとも面白くなかった。
と、いうか単に、主人公の三歩の性格が嫌いで、イライラしてしまいました。
こういう人とはあまりお近づきになりたくないかな〜〜
ごめんなさい!!あくまでも私の感想です。


3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月14日 17:47
    わたしゃ、絵本と紙芝居しか読んでないわ〜
    「緋の河」興味あり。 

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する