mixiユーザー(id:7522789)

2022年05月22日14:11

196 view

ハーケンクロイツのタトゥが入っていてネオナチではありませんは、言い訳が苦しい

アゾフ連隊に代表されるウクライナのネオナチは、シンボルとしてハーケンクロイツや黒い太陽(シュバルツェ・ゾンネ)のタトゥを入れているので、身体検査であっさりバレる。マリウポリ包囲の際に民間人に紛れて脱出しようとしても捕縛されていたのはそれ。

ハーケンクロイツのタトゥが入っているのにネオナチではありませんと言い訳するのは苦しい。アゾフのハーケンクロイツはファッションや仲間意識の表れなのでOKとするならば、今後は世界中でハーケンクロイツ解禁にしないといけない。



捕虜交換条約が適用されるのはお互いの正規軍(政府が責任を持って命令指揮している部隊)なので、アソフ(ネオナチ)を正規軍扱いにして捕虜交換対象にすると、ウクライナは戦争犯罪(虐殺、拷問、レイプ、略奪)を認めざるを得なくなる。それではマズいので、ゼレンスキー政権はアゾフ連隊を見捨てると思われる。そのための玉砕命令だった。

アゾフ連隊は志願者が自主的に武装した民兵で、政府の公式な軍隊ではない扱いにするなら、捕虜交換の対象にはならない。ロシア軍視点だとそういう民兵はテロリスト扱いなので、ロシアの軍法に照らし合わせて処分になる。つまり死刑の確率が高い。

国際的な法廷はアメリカの支配下で、アメリカはウクライナの味方だから、国際法廷はアゾフ連隊は戦争犯罪していません、ネオナチでもありませんと言いそうだが、アゾフ連隊の捕虜にハーケンクロイツのタトゥが入っている映像が公開されれば、国際法廷が白だと言っても、映像を見た人の心証は国際法廷の判決通りにはならない。

もっともウクライナと米英日は、アゾフの捕虜のハーケンクロイツのタトゥは、ロシア軍に無理矢理入れられたと主張するかも知れないが。



マリウポリが制圧されたことで、ネオナチ掃討は一区切りついた。ウクライナのネオナチは東部のロシア系住民を攻撃するために元から東部に多かったが、ロシア軍は西からローラーして行って東部にネオナチを集めてマリウポリで決着をつけた。

それでもまだネオナチの残党は残っているし、米英がどんどん兵器を入れるので再武装可能だから、まだ戦闘は続く。ロシア軍のローラーが通過した後はロシア軍が移動していなくなっているので、ウクライナ軍がどこそこを奪回したというニュースは相当数出てくる。

ロシア軍の次の戦略的目標はたぶんオデッサで、ヘルソンとオデッサの港湾を押さえれば海外からの兵器輸入と、ウクライナが海外貿易して戦費調達することを抑止できる。



オデッサまで制圧すれば、ロシアとしてはいつ停戦しても良い構えになるが、ゼレンスキー(アメリカ)としてはそれではカッコがつかないので、各所でゲリラ戦をやって、ウクライナ軍は勝利し続けている! ロシア軍はもう補給も切れて士気低下で戦えない! と宣伝する。

プーチンの目的はウクライナ全土の占領でもゼレンスキー政権の解体でもなく、東部2州を独立させてこの地域のロシア系住民の安全を確保することなので、東部2州を安定的に確保したら戦闘は縮小させる。

ロシア軍が戦闘縮小すると、ゼレンスキーは「ロシア軍はもう弱っていて戦えない! 我々の勝利だ!」と宣伝する。

日本人はゼレンスキーの言った通りに解釈し、ウクライナに資金を提供し続ける。インフレで自分の生活が苦しくなっても。


■ウクライナ兵の退避数、ロシア側が「水増し」か 米の研究所が指摘
(朝日新聞デジタル - 05月21日 20:16)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6965609
3 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月22日 14:22
    なぜウクライナにはそんなにネオナチが多いのかだが、第二次大戦当時、ウクライナはソ連(スターリン)やポーランドと争っており、それらに対抗するためにナチスと協力していた。

    ポーランドやソ連をナチスの助力で追い出してみたら、今度はナチスがウクライナ領内のユダヤ人を弾圧し始めたのでナチスもどうなのかとなったが、結局敵の敵は味方の理屈で、大戦終了まで概ねナチスと組んでいる。

    連合軍はドイツ領内や西欧のナチス残党は徹底的に狩り出したが、ウクライナのナチス残党(ウクライナ側の協力者含む)は、軍事とプロパガンタの技術供与をバーターとして戦争犯罪を減免されたので、ウクライナではナチス残党が生き延びた。

    ナチズムとは自民族が世界最高で、他民族は従属すべしという思想なので、ウクライナはウクライナ人のものだから、他民族は出て行くか隷属せよという発想になる。それがウクライナのネオナチ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月22日 14:31
    しかしウクライナのネオナチも、アメリカが資金や兵器を提供しなければここまで肥大化はしなかった。

    ネオナチ勢力が拡大したのはオバマ政権(バイデンが副大統領でウクライナ方面の実務を担当)が多額の軍事支援をした時からで、トランプ政権の時にそれは良くないとのことで縮小し、バイデン政権になって再び軍事支援が復活した。

    ゼレンスキーは大統領当選当初はネオナチ縮小を目指していたが、いつの間にかネオナチに取り込まれて対露挑発イケイケになった。要するにアメリカのネオナチを使ったロシアへの嫌がらせに乗ったということ。

    この戦争の原因は大半がアメリカにあり、より具体的に言うとバイデン親子に責任がある。黒幕がバイデン家なので、そういう不都合な事実は隠蔽しないといけない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月22日 19:33
    > mixiユーザー 

    バイデン一家との関わりを隠蔽する為に次は何処で戦争が起きるかですね。

    今更、イスラム原理主義者のテロが起きる事は無理が有りますよ。

    アフリカ諸国で食料不足から内戦が起き、人道介入でもするのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月22日 22:25
    > mixiユーザー 
    いま盛んにフィンランドで仕込んでいるので、順当に行くとフィンランドでしょうけど、丸々プーチンが乗ってくれるかどうかは分からないので、中東やアフリカもネタは用意しているでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月23日 00:13
    > mixiユーザー 確かにそうですよね。フィンランドで挑発しても、プーチンが紛争になら無い方向へ誘導する可能性は高いです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月23日 00:31
    歴史的なこともあるでしょうが、Gソロスが大金をはたいてウクライナに大量のネオナチを送り込んだという話も聞きました。

    地元での管理はコロモイスキーという金融ユダヤで、ゼレンスキーもユダヤ。Gソロスも有名なユダヤ人投資家で、この状況をみても、ユダヤとナチは表裏一体だということがわかります。

    ヒトラーに資金援助していたのも米国のユダヤ銀行でしたからね。イスラエルはヒトラーが作ったようなものですから。

    結局、そういうことです。人をなめてます。笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月23日 00:48
    タトゥの件は、私は仏教徒ですと言ってもダメですかね。笑

    「まんじ」は古来から世界中でみられる紋章という事実からすると、人類共通の紋章であるともいえますね。

    西洋でも東洋でも、アメリカの先住民の間でも使われていた。日本でも、紗綾形文様などは和服に用いられ、長寿や子孫繁栄の象徴として多用された。

    ナチがその文様を使ったということは人類を愚弄するもので、やはりユダヤ教などは人類の敵とみるのが正解かもしれない。少なくとも、シオニストなどは。

    アメリカの駐日大使のラーム・エマニュエルというやつはイスラエルと米国の二重国籍でバリバリのシオニスト。そいつがことあるごとに岸田に命令しているらしい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2022年05月23日 09:55
    > mixiユーザー 
    そうですね、欧米のスポンサー付きテロリストという意味で、ウクライナのネオナチと中東のISは似たようなものだと思います。

    ユダヤはナチスの被害者なのだから、ユダヤ財閥がネオナチのスポンサーになるわけがない、という思い込みがあるから、ユダヤ財閥はいくらでもネオナチを支援できます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2022年05月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031