mixiユーザー(id:7522789)

2021年05月05日14:02

61 view

夫婦別姓、同性婚、不妊治療健保適用はワンセットで推進される

五輪イヤーでそれを契機に大量に外国人が入ってくるので、移民推進の手段として夫婦別姓、同性婚、不妊治療健保適用はワンセットで必ず推進される。

外国人を大量に入れる口実として五輪は重要なので、必ず開催される。日本程度の軽微なコロナ被害で中止になることはない。



日本は帰化申請のハードルが高いので移民不可能な国に見えるが、実際には結婚利用の二世代移民なら簡単に移民出来る。むしろアメリカより緩いかも知れない。

日本国籍の配偶者の戸籍に入って出産すれば、生まれた子供は日本国民であり、日本国民の母には自動的に永住権がつく。母親の永住権が確定したら離婚(偽装結婚の解除)し、本国から本来の夫や親族を呼び寄せれば良い。

移民婚においては子供は永住権の道具なので、必ず産まないといけないし死んだら困るが、すごく大事というほどでもない。



ただし結婚方式移民には、既に日本国籍を有している先住同胞が必要なので、先住移民で多数派を占めている韓系、朝鮮系、中国系はどんどん移民出来るが、新規参入国だと難しい。

帰化申請の基準は緩めないが、結婚制度は移民婚に使いやすいように夫婦別姓(中国や半島は歴史的に夫婦別姓)、同性婚(書類上の偽装結婚の選択肢が増える)、不妊治療健保適用(日本の戸籍に入った状態で子を産むことが永住条件)が推進される。

結婚方式移民ならば、韓朝中の既得権が新規参入国移民によって侵害されないので、政治的に配慮に富んでいて良いやり方になる。

不妊治療への健保適用は公明(親北派閥)からの提案だが、衆院選で左翼(親韓派閥)が勝って公明が下野したとしても、韓国側も結婚移民は推進したいので路線継続になるだろう。

日本は短期滞在の外国人にも国民健康保険を大盤振る舞いしているので、不妊治療が健保適用になると、日本で産む目的がある外国人としては大変助かる。


■夫婦別姓、自民論客に聞く
(時事通信社 - 05月04日 08:01)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=6506299
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年05月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031