mixiユーザー(id:7522789)

2020年05月25日07:59

147 view

急に解除ペースが早くなった

小池はついこの前まで5月末まで緊急事態級の休業要請を引っ張る気満々で、6月頭からやっとステップ1で、2週で1ステップずつ緩和で通常営業に戻るには2ヶ月近くかかるペースを提示していた。

それが急にペースアップしている。これだと政府の緊急事態宣言解除と同時にステップ1で、1週で1ステップ緩めるペースになる。それで正しいと思うが、小池の高い危機意識に基づいた自粛政策に期待を膨らませていた人達はガッカリするし不安になる。

小池さんは危機意識が高くて素晴らしい! 政府は緩々で動きが遅くて話にならない! というのが世論の主流だが、結果としては政府の対応の方が妥当だった。無駄に自粛を厳しくした東京は大阪にかなり遅れを取っている。オピニオンリーダーは小池ではなく維新にに移りつつある。

さすがのSTAYHOME小池も置き去り感が出てきて、焦って急にペースアップしたのだと思える。感染数の数字を分析してロードマップ提示したのではなく、世論の自粛期待感の空気を読んで厳しく自粛要求する計画を組んだだけだったと分かる方針転換だ。



ネット世論は相変わらず自粛を厳しく要求していて、何かというと第二波ガーと騒ぐが、皆が期待している第二波は中韓との入国制限を緩めない限りまず起きない。

いまイギリスで、首相の顧問がロックダウン中にコロナ感染している家族を伴って移動したことについて問題になって盛り上がっているが、それを報じている映像を見て驚いたのは、政治家もインタビュアーもカメラマンもほとんどマスクをしていない! 背景に写りこんでいる通行人もマスクしていない。そりゃあなた達感染するでしょと思った。

コロナで3万6千人が死んだイギリスでもピークを過ぎてしまったらそんなもので(日本は死者数800ちょっと)、日本が厳しいロックダウンをせずに感染拡大を抑止できたのはミステリーでもなんでもない。単純にマスク手洗いうがいを徹底しているから。

欧米はピーク過ぎたらさっさとマスク外すし手洗いうがいしない人も増えるが、日本は神経質なぐらいマスク継続していて飲食店には入店者用消毒液が備え付けられている。それだけ過敏な対応をしているのだから、他国から持ち込まれない限り第二波はまずない。



第二波を恐れて無駄に自粛要求している人達は、日本にとって最も危険な感染源である中国と韓国からの入国者を徹底して二週間隔離し、その後も厳格に追跡するように政府と自治体に陳情すべきだと思う。

日本最大の自治体の東京でも3万〜5万ぐらいの署名を集めれば知事を動かせる(都下の女性専用車両は署名3万で実現した)。政府レベルでもその10倍ぐらい集めれば動かせるだろう。

厳しい自粛を要求している人は大量に居るので、国際空港や港がある自治体で3万ぐらいの署名を集めるのはそう難しいことではない。1400万人自治体の東京で署名3万は、460人に一人が署名するだけで集まる。

とは言え、そんな署名活動は絶対に起きないと確信しているが。


都 劇場など5月末にも再開検討
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=6094022
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年05月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31