mixiユーザー(id:7323054)

2020年06月05日09:05

35 view

三権分立が理解できない

日本政府は徴用工訴訟の判決が気に入らなくて韓国政府に介入を求めています。三権分離であり、いくら司法の判決が気に入らなくても行政が司法に介入できるわけないのに無理を言ってきます。できなかったら経済制裁。やっていることが無茶苦茶ですね。ヤクザと同じです。


■韓国地裁支部、日本製鉄に資産差し押さえ命令決定伝える
(朝日新聞デジタル - 06月04日 10:07)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6106887


韓国大法院(最高裁)が元徴用工訴訟で日本製鉄(旧新日鉄住金)に賠償を命じた問題で、大邱地裁浦項支部が韓国内資産の差し押さえ命令決定を同社に伝える「公示送達」の手続きを取ったことが3日、分かった。資産を売却して賠償に充てる「現金化」の手続きが一つ進んだ形だ。元徴用工訴訟で差し押さえ資産をめぐり公示送達の手続きが行われたのは初めて。


 外国での訴訟手続きに必要な書類は外交当局を経て当事者に送られるが、日本製鉄には届いていない。原告側は、日本政府が書類の受け付けを拒み、現金化の手続きを遅らせていると主張していた。


 公示送達は、当事者に書類が届かなくても裁判所が一定期間、書類を公開することで届いたとみなす仕組み。今回は1日に命令決定書の公示送達が行われ、8月4日になると日本製鉄に決定が伝えられたとみなされる。ただ、公示送達の効力が発生して売却命令が出たとしても、実際に資産売却が終わるまでには時間がかかるとみられる。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する