mixiユーザー(id:7303697)

2020年06月30日10:43

39 view

「エメラルドグリーン」??

> エメラルドグリーンの海に照葉樹の濃い緑が映える。

この一枚の画像を見た限りでは、たしかにとっても綺麗な(透明度の高い)海ではあるけれど、「エメラルドグリーン」だとはまったく思えないのだけれど。
エメラルドグリーンというのは、マイアミあたりの、おそらくは海底の白い砂を巻き上げているのか、透明ではない、緑に白を混ぜたようなパステルカラーを指す単語なのだと、私は思う。この画像とか沖縄とかタイとかで見た、「海底が見通せるような透明な」綺麗な海の色とは、どちらも「綺麗」ではあるけれどまったく性格が異なるように思っている。

今この場でこの単語の定義を正確に確認できないので、断言はできないけれど、おそらく違うと思う。
なんだか、「エメラルドグリーンの海(の色)」という一塊の言葉を、「水が綺麗な海」と同義に捉えている、もしくは何も「捉えて」なんかいない、ただ、「聞いたことのある一連の表現を借りてきて、流用できそうな(類似性のある)場所に置いた」だけなのではないか。
そういうパターン(よく考えも調べもせず、似た場面でテキトーに使う)に、とても頻繁に出くわす気がする。




■「ラピュタの島」にプラごみ 要塞跡の浜にカップ麺容器
(朝日新聞デジタル - 06月30日 08:41)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6139052
2 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月30日 11:29
    だって、この記事に載っている画像の海の色は、「エメラルド」の色ではないし、そもそも「グリーン」でさえないもの!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月30日 17:41
    > mixiユーザー 

    日本人は青系の色に厳密さがないですよねw
    真っ黒の馬をアオとか名前つけるしw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月30日 18:36
    > mixiユーザー 

    「アオ」とか「みどりの黒髪」「青信号」「青い背広」あたりの感覚は嫌いではありませんが。
    たしかに、アメリカに住んで、"turquois", "iron (blue)", "royal", "marine", "cobalt", "saxe (blue)", "cerulean", "purple", "navy", "teal (blue)", "kelly (green)", "forest" などなど、衣料の輸出(日本の「並行輸入」への供給)の際に、随分苦労させられました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する