ホーム > mixiユーザー(id:7303697) > mixiユーザーの日記一覧 > 分析のしかたがおかしくない?

mixiユーザー(id:7303697)

2019年01月07日05:16

40 view

分析のしかたがおかしくない?

「既婚者」は必ずかつて一度は「未婚者」だったわけで、つまり「未婚の頃、財布を忘れた経験が(生涯一度でも)ある人」は、その後いつか結婚すると「財布を忘れたことのある既婚者」にカウントされる。
この統計上、「財布を忘れたことのある未婚者」が結婚することによって一人減って、「同既婚者」が一人増えることはあるけれど、その逆は決して無い。

同様に、「財布を忘れたことのある20代」は、いつか必ず「財布を忘れたことのある30代」「同40代」「同50代」に移行していくが、その逆は無い。

年齢についてはそれが増せば増すほど「財布を忘れるという経験を一度でもするチャンス」は、分母が増える。
そうすると、「この10年間で」みたいな制限をしない限り、高齢者や既婚者においてその数値が上がるのは当然で、むしろ

> また、男性陣は歳を重ねるごとにその割合が増えているのに対して、女性時は、40代を頂点とし、山形のグラフ配置になっていることが特徴的だ。

この部分の不思議さこそが、もしくはそれだけが、分析に値し、それを必要とするのではないか。
ちょっと考えてみたのだけど「山形のグラフ配置になる」、つまり、50代や60代の人が、40代の人より(忘れた経験の分母としての年数が長いのに)該当者が少ないというのは、これは年齢によるというより世代による(あの頃の人はしっかりしている、とか)大きな差があるということなのだろうけれど、理由は見当がつかない。


いずれにしても、ヘンな調査に無意味な分析が乗っかっているような気がする。



■まるで「サザエさん」? 財布を忘れて出かけたことがある人の割合は…
(しらべぇ - 01月06日 18:31)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=202&from=diary&id=5446040
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月07日 17:19
    財布を忘れたことはないけど、財布に50円くらいしかないのに買い物しようとしたことはけっこうありますw

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する