ホーム > mixiユーザー(id:7278784) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:7278784)

日記一覧

『相手と新たな自分』
2019年08月30日21:44

8月30日。日本は31日ですね。9月です・・・。この8月はとても濃い一か月でした。そして、新たな何か、展望というか、カナダという、カナダ人という、「相手にしている存在に対して」私は、「新たな何かを自ら生み出そうとする自分」が現れてきました。

続きを読む

2020年凄く重大な年になるんだろうね。しかもやっぱりなんていうか、手離し状態っていうかね。アメリカ大統領の出馬する人たちを観て、本当にそう思う。凄いことが起きそう・・・・「未曾有のアクシデント」みたいな・・・・。心しておかないとね。

続きを読む

カナダに住んで10年、物凄い成長を自分自身に招くことが出来たと実感しています!これからの10年間もまた、さらに飛躍できるような気がしています!

続きを読む

実は今日のセッションで、逆に先生に感謝された☆wwわたしの理解力と認識力と応答の速さと、先生の今までの努力の価値を、私は言葉に変えることができたからです。

続きを読む

ダグラス・マッカーサーがどうしてヒットラーくらいの悪役にならないのか、ちょっと不思議。。。アメリカの腹黒さが観えるようだ。ドイツはちゃんと教科書を作成し学んでいるというのに。だからトランプみたいなのが後に大統領についちゃうんだよ。

続きを読む

よーし!「夢を叶えるぞーーーー!!!」

続きを読む

私は、私の世界を創ろうとしている。

続きを読む

なんとSawvideoにて、10月に4日間、映画脚本に関して催しが開催される!なんてグッドタイミング指でOKすげー楽しみになってきたハート達(複数ハート)

続きを読む

とりあえず(3回目の)脚本書き方を読み終えて、頭の中を整えた。明日はまた「メイプルシロップ」をPC上で手直しし、それからプリントアウトするぞ!!!うん、ちょうどよい感じ。9月から3か月間で完成させる!!!

続きを読む

「国境を無くすための条件」という短編小説も書いていますが、これはデジタル出版したいと今日思いました。さて、どうなるだろう・・・?ww

続きを読む

脚本の勉強が本格的になってきた。が、やっぱり大体の予測はついているらしいので、驚きはない。楽しみ!!!

続きを読む

宮沢賢治がこんなにまで時空を超えてわたしの家族を繋げてくれていたとは。

続きを読む

あゝ・・・兄もね、ちょっとサイキックなんですよ、実は。頭も切れるしね、しかも一番の父親思いでね。この宮沢賢治の苦労とか苦心とか、ちょっと観えるものがありますね。亡き父が結構そういう人物で、切なさの中に美を見つけ出すことに情熱や愛を注いだ人だ

続きを読む

実は、今年の春に実家へ戻った時、宮沢賢治の詩と岩手を題材にされた絵本をある引き出しから見つけて、お手伝いさんとか姉のものかと思って訊いてみても、誰の物か分らなかったんだけど、なんと、今年亡くなった父親の後を引き継いだ兄が、岩手へ今年、父親を

続きを読む

正気この脚本、『気が付いたら出来てた』って感じがする。これは興味深い。

続きを読む

私は自分を侮ることを止める!

続きを読む

なんか本当にスイッチというか、自分の次の章へ移転した気がする。たった今。

続きを読む

わぁ、これは凄いよ。頑張ります。

続きを読む

ちょっと、今まであった凹み部分への自信が出てきた目これは物凄いことで、常に嫌な感じの欲求不満みたいな部分だったんだ。この40年間あったような気がする。それがいよいよ成長???わぁお!

続きを読む

今、降りてきた・・・。涙が出てきた・・・。世界へ感動を届けることができるのは、この私だ。

続きを読む

『私には魔法が使えるんだよ』

続きを読む

『これは私にしかできない。』

続きを読む

キャー!いい感じ!涙が出てきた!凄く良い感じだよ☆あゝ、やっぱり私が、ここで、やらなくちゃ!

続きを読む

この画像が、カナダからはメイプルシロップを輸入、日本からカナダへ何を輸出するかにも掛かっている。私の場合、日本にある「人種の坩堝」という概念を伝えたい。日本人も差別はしているが、かなりの寛容性が、差別をなくす要素となっていると思います。アジ

続きを読む

私が「メイプルシロップ」という作品を手掛けている目的は、日本とカナダとの間に、健康的な愛情のある貿易をしたいと考えるからです。何でできているかというと、私からの感謝と、愛情と情熱です。それを形にして表現したいのです。

続きを読む

「文明化」するには、研究者がそろっていないとそうはならないと思う。ただ大学に研究者というはイメージであって、一般人の中でももちろん研究者はいることが、「文明が栄えている」ということになるし、一般人が、研究に関して日々議論し合う様子がどこにで

続きを読む

うん。もうひと踏ん張りというか、もう一歩、『大きい一歩』を踏み出します。

続きを読む

いつか・・・
2019年08月10日22:49

私が少し書き始めている短編小説は、『国境線があるから対立する』という理由から’’国境線を無くす方法’’を書いている。これもいつか英語へ翻訳して、NYCにある自費出版屋さん兼本屋さんに短期間置いてもらえるという所で売りたいという夢がある。楽しみ

続きを読む

脳内から指令が!「短編でも長編でもいいから、作り上げろ!」

続きを読む

大阪出身の、奈良県で9年間おやに軽い隔離で育てられた40歳yoshikoが、書き物で、果たしてイチロウ選手になれるか!!ww「メイプルシロップ」と「1945年、黄色いバトン」へ立ち向かう!親父「そんなことぉ、yoshikoにしかできんぞ!」私「親父ー!」

続きを読む