mixiユーザー(id:723105)

2013年09月07日22:01

5 view

「公共の福祉」に反するタバコCMアニメもさっさと消せ!

■ネットで話題の“消された”マンガたち…手塚治虫の作品も
(日刊SPA! - 09月07日 09:31)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=81&from=diary&id=2569420

日本国憲法の精神の基本は「公共の福祉」である。

「福祉」の受益者は国民であって公権力ではない。

「表現の自由」は「公共の福祉」に合致して初めて保障される。

子供に悪影響を及ぼすとして消えたマンガ同様にFCTCに反し、即ち「公共の福祉」に反するタバコの「プロダクト・プレイスメント」(ステマ)目的の喫煙シーンの多用は「表現の自由」を楯にしているだけの卑劣なマーケティングであることに無知な国民は気付け!

自民党改憲案の言う「公益」とは「公共の福祉」とは似て否なるもの。

「表現の自由の侵害」とは、強制権力を持った政府が市民の言論を抑圧することを指すもの。
http://www.nosmoke55.jp/action/1308kazetatinu.html
『主人公のモデルとなった方が、実はタバコを吸わない人だった』

映画「風立ちぬ」のクレジットにある「電通」の最大手客の一つがJTであり、JT専属チームまである電通は当然「トータル・ソリューション」であらゆる方法でマーケティングを担う。

悪魔のマーケティング タバコ産業が語った真実
(和書)
http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=723105&id=187849
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2013年09月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930