mixiユーザー(id:723105)

2010年01月20日08:03

62 view

甘々の更生計画、JALに税金投入は愚の骨頂

■日航が会社更生法申請、機構は支援決定
(読売新聞 - 01月19日 17:50)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1082580&media_id=20

以前の日記にも書きましたがhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1330202284&owner_id=723105
オリンピックもなくなり羽田のハブ空港化のメドも立たずに旅客輸送の需要増が見込めない今、あんなV字回復が出来るぐらいならとっくの昔にやっているだろ!?

もしも今までわざと再建努力をしてこなかったのならそれこそ潰すべきではないのか。

あんな何の根拠も無い計画に40兆円しか税収が無い国民の血税を1兆円も注ぎ込むなどはキチガイ沙汰といわざるをえない。

飛行機に月に一度以上乗る国民が何%居るんだ?
国内航空会社が巨額の税金を投じてまで2社なければならない理由はなんだ?
私には理解できない。

会社の大小で国が支援するなら徴収する税金も大企業には重税を課すべきだろう。

しかも今朝のニュースではJAL支援の終わる3年後までに国内2社体制を見なおす必要があると国交省大臣が言ったとか。

なぜ血税をドブに捨てる前にやらぬ!!
0 33

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 08:21
    自分は飛行機に乗らないと困る国民です(^^;
    最低でも年間で30回くらい、多いときには100回乗ります。
    税金を投入したJAL支援が望ましいとは言わないけれど。
    航空会社が一社しかないと、独占禁止法などにも引っかかりますよね。

    ○岡空港とか、茨○空港とか、需要に疑問符がつく空港つくって
    採算取れないかもしれないけれど飛んでくれ、とゴリ押しして
    赤字になったらお前が悪い、っていうのはどうかと思うし。

    ぶっちゃけ、○国地方とか、○○地方とか、空港多すぎ。
    これこそ○○○○省の問題なんじゃない?って思っています。
    だから「助けてやる」的な態度をとる大臣に疑問を感じます。

    まあ、一県あたりの空港数が一番多いのは沖縄なんですけれどね(苦笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 09:24
    いやあ、一社でも十分ですよ。
    沖縄は島どおしでも飛行機がないと船しかないからある意味しょうがないところあるけど、例えば茨城空港なんか必要ないよね。
    千葉とかに行けば良いわけなんだし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 10:49
    >たらおさん

    コメントありがとうございます。

    たらおさんのように飛行機が無いと不便な人がいることも存じていますが、それこそ費用対効果の問題なのではないでしょうか?

    確かに沢山の空港が出来、沢山の航空会社が沢山の飛行機を飛ばせば利用者は便利な事は間違いありません。

    しかし、その結果が年に1度も飛行機を利用しない多くの人達が税金という形で負担するのはおかしいと思います。

    便利だから飛ばすのであれば、その利便性を享受する人が全ての費用を負担すべきです。

    例えば国民の大多数が物流でその利便性の恩恵によくしている高速道路の無料化ところか、自家用車だけが1,000円一律料金で余計な二酸化炭素排出を促進して、物流コストは自家用車を持っていない人も負担していますし、自家用車移動が増えたぶん鉄道の利用率を減らしその補填は自家用車を利用しないでバスや鉄道で移動する人達の税金からもするっておかしくないですか?

    より公共性の高いトラックやバスは割引がされないなどの矛盾と同じく、飛行機が無ければ行けない訳ではないのですから、本来公共の足として安価な運賃を守るべき鉄道や船の航路を維持する為にもどうしても2社を飛ばす必要があるならそれに見合った運賃を利用者から取るべきだと考えます。

    ANAが独占になると運賃が上がるのであればそれが適正価格ということです。
    高い運賃を払って時間を買うのが嫌なら国民の税金で補填しなくて済むように鉄道や船舶、あるいは高速バスを利用すれば良いだけではないでしょうか?

    航空2社に運賃競争をさせて一部の人達が安価に利便性を手に入れるツケを国民全体が負担するのはどう考えても私は納得がいきません。


    >横浜地蔵堂さん

    以前の日記でも述べましたが私も一社で十分だと思います。

    政府がJALに支援をしたぶんANAの売り上げは圧迫されます。

    例えば客離れを起こすからとマイルを保護するようですが、マイルは割引と同じですからその経費は結局国民の税金で払うことになります。

    マイルが無いなど高い料金が嫌な人は便利な飛行機に乗ってはいけませんね。

    飛行機は鉄道や船より便利な分、料金はバカ高くて当たり前ということを知らしめなければいけないと思います、だって本来は空を飛べない人間が空を飛ぶ夢を叶えた乗り物なんですから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 11:00
    価格競争して安くして欲しいなんて思っているわけではないですよ。

    A社を使いたくないのは、ラウンジに喫煙室があるからっていうのもあるんですよね(苦笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 11:09
    ちなみに、年100回乗ったのは、父が東京のがんセンター病院に入院していて、ほぼ毎週往復する必要があったからなのですが、まあ行かなくてもよかったといえばそうなのかもしれませんけれどね。

    そこで沖縄から月1通院している、なんて方もいらっしゃいましたよ。
    飛行機代にヒイヒイ言っていましたけれど。

    高いのがイヤなら飛行機に乗るなというのなら、医療の平等性などについても考えていただきたいなぁ……なんて思います。

    通院の際には無料になる……ワケでもないんですからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 11:16
    >たらおさん

    >価格競争して安くして欲しいなんて思っているわけではないですよ。

    たらおさんがそうだとは言いませんがでも現実にそういう図式ですよね。
    ANAが1社でも地方空港に飛ばせとなったとき、商売として利益の出る経費に見合う運賃を取られて文句を言うのは飛行機利用者だけですし、昨晩あたりのニュースを見ても利用者が値上げすへきとかマイルは無くすべきという声は1つもありませんでした。

    喫煙室がウザければ利用者として客の声として意見して改善させるべきではないでしょうか?

    牛丼屋の店頭から灰皿が消えたのは客の要望として私などが散々意見をしたからですよ。

    私が日常使う近所のコンビニも散々意見をして出入り口の灰皿を無くしましたし、道幅が狭く歩行者の多いタバコ屋の店先でさえも区役所に散々意見をして灰皿撤去となりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 11:36
    >高いのがイヤなら飛行機に乗るなというのなら、医療の平等性などについても考えていただきたいなぁ……なんて思います。


    私は逆の考え方もアリだと思いますよ。

    (東京に行くのに)便利が良いから地方医療が置き去りになっている部分もあるのではないでしょうか?

    沖縄にガンセンターを作らなくてもたいして高くない飛行機で誰でも数時間で東京に行けてしまうことが医療の一極集中も招いていませんか?

    あと医師不足の問題は航空運賃とは別の問題だとも思いますが?

    というか地方を医療過疎にしたのはそれらを含み自民党利権政治の結果であると考えます。

    誤解しないで頂きたいのですが、もっと基本的なことを言えば日本が資本主義である以上は格差社会であり、地価の安い不便な地方が嫌なら地下の高い都会に住むべきということもこれまでの政策から言えてしまうのではないでしょうか?

    だから地方の若者は東京など都会の生活を目指して勉強している人も多いですよね、官僚の多くは地方出身者でもあります。

    しかしながら財政赤字の地方自治体含め、地方には東京には交付されない地方交付税が支出されてもいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 11:50
    私は高度医療の一極集中させるべき、だと思います。
    全国のあちこちで高度医療をやる必要はない、ともいえます。
    高度医療を行うにはそれなりの資源を投入する(人材・教育も含めて)
    必要がありますが、全国あちこちにそれを作るのは不可能です。

    また、たとえば全国で年間1000人の患者が発生する疾患のために、
    47都道府県に専門医を配置する必要もないでしょう。

    実際にそういう疾患があるのですが、治療は東京でのみ体制が整っており、
    全国各地から飛行機や新幹線で治療をうけに通うわけです。
    東京以外に住む人は、その病気にかかるな、と言うわけにはいかないでしょう。

    本来こうした資源配置は「国策」であるべきであって、
    現実には東京に集中していますが、
    それぞれの地方に分散させるのも当然ありだとおもいます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 12:11
    ですから私はけして現状を肯定している訳ではないことを前提でお話させて頂きたいのですが、高度医療を東京一極集中がけして良いとも思いませんし、全ての都道府県に置くべきとも思いません。

    航空運賃とは話が逸れますが、例えばですが道州制のように日本を5つぐらいのブロックに分けて鉄道で半日程度で行けるぐらいの距離にそれぞれ高度医療施設を置くとかが今の縦割り行政では厚労省と国交省とが検討を重ねることすら難しいとすれば空路を含め交通行政と医療行政とは別の問題としか言いようがありません。

    私的には一企業であるJALに国費を投入すべきでないことにはなんら変わらない事情と思います。

    前にも申しましたとおりANA1社で運賃が上がるならそれが適正価格です。

    現在東京の病院でしか治療できない人には酷なようですが、それほど患者数が多くないなら行政が個別に補助金を出すよう要望するなり各自で民間の医療保険に入っておくしかないでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 12:22
    道州制はアリだと思いますよ。
    医療に関しては、移動手段を公的補助もアリだと思います。
    現実にはそうではないので、現状の交通機関の維持が必要であって、
    そのためには国税の投入も仕方ないのではないか、ということです。

    JALあるいはJRなんかもそうですが、
    一企業ではありますが同時に「公共機関」でもあります。

    ガスや電気と同じです。

    しかも、それを使う人は、目的としてそれを使うのではなく
    手段としてそれを使うと言うことを御理解ください。

    飛行機に乗ることが目的ではないのです。
    必要な場所に移動することが目的なのです。

    飛行機に乗りたくて乗るんじゃなくて、
    飛行機に乗らないとどうしようもないから乗るんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 13:04
    >飛行機に乗らないとどうしようもないから乗るんです。

    ANAではダメなんですか?

    全国に100箇所も飛行場が必要でしょうか?

    他の交通機関があるのに飛行機という利便性を求めるのであれば相応の負担は当然ではありませんか?

    と申しております。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 14:24
    JAL救済の対案になりうるのは「航空市場の完全自由化」ではないでしょうか。

    つまり、外国航空業者の受け入れです。
    本来、超ハイリスク(飛行機は落ちるのが当たり前)である空路輸送を外国にゆだねる……
    つまりは国民の生命を外国企業にゆだねていいのか?という別の問題が発生しますけれどね。

    一社独占となることはそれこそ時代に逆行します。

    A社はうえでもチラっとかきましたが、自社管理のラウンジでさえ喫煙室を設けているような企業ですからね…。(J社は完全禁煙です)
    そんなところに独占させるべきではない、という気持ちもあります。

    全国に飛行場が必要かという問題はJAL救済とは本質的に関係のない話です。そんなに空港をつくって、JALに飛行機を飛ばせと強要したのが問題であって、JALはある意味ではその被害者です。

    そして、代替手段がないところを維持するためにも、例えば大阪-東京のような路線も必要なのです。こういった路線で高利益が保たれることが、代替手段のない区域が赤字であっても運行を続けられる要因になっています。

    大体手段があるのにもかかわらず飛行機を利用する方々は、代替手段がない離島路線の維持にも役に立っていることもご勘案ください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 15:13
    おもしろい日記を発見。
    今外出するからあとで皆さんのコメントをよんで、僕も議論に参加させてもらいますw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 17:01
    > つーさん

    う〜ん、ここは私の日記なんで議論の場とはちと違うんですけどねw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月20日 17:13
    > たらおさん

    ですから利用者間で穴埋めするなら何も文句はありませんよ。

    飛行機しか足が無いところを赤字だから無くせとも言っていません。

    何度も言うように電気やガスとは違い利用者が限られているものに多額の国費を投入するのは間違いだと申しています。

    それから外国の航空機が信用ならないなら毎日のように墜落のニュースが流れてこなければ不思議ではありませんか?

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 02:38
    さてさて、ゆっくり読ませてもらいました。
    私は現在就職活動最中の身でして、こういう話に乗りたがるのは自分の学部の専攻というのも関係してくるかもしれませんが。

    私は経営学部で大企業の経営についての専攻とでも言ったらよろしいでしょうか。
    従ってことJALに関してはある程度早い段階からこうなる話しを知っていました。

    JALを税金使って復活させる、というのがメインだと思っていいんですよね?
    いろいろ書きたいので話が右往左往するかもしれませんが、ご了承ください。

    まず、JALは事実上国儒です。
    従って今回のように自力で立ち直れなくなった会社を再生するのは民間会社ではなく公がやるのは至極当然ですね?
    内部の話になりますが、JALの当時(あくまで当時です。現在の社長に代わってからかなり体制がきつくなりました。)の経営はどんぶり勘定です。そこにはバックには国があるから絶対につぶれない半官半民意識がきつく、資産自体も日本の業界2位であるANAに比べても3-5倍の大きさの企業なんです。
    従って会計状態が非常に乱雑で国が貸したお金なのか、銀行が貸したお金なのか、もう分からなくなっている状態なんですね。
    従って特定の銀行が再生させるといって介入するとそれこそ今まで投資してきた血税がうやむやになり国民を怒らせる結果となってしまいます。

    話が変わりますが、ANA一社に独占させてもいいんじゃないか、という話が持ち上がってますね。
    現在のANAの売り上げは正直言って悪いです。
    IR情報等を読んでいても分かりますが、ANAの国内線をほぼ撤退する模様です。
    かつてドル箱路線といわれていた羽田-千歳間はAIR DOがはいり、スカイマークがはいり、来年度から開始されるオープンスカイに伴い、海外路線が介入します。
    そんな中にANAが入っていっても熾烈な争いで、たいした儲けにならないので撤退したほうがいい、という見方だそうです。
    ちなみにANAは今後アジア路線、つまりは中国、韓国、台湾、東南アジア諸国での路線に強化するようですね。
    はっきり言って国内飛行は割高なんです。
    知っていますか?空港にジャンボ一機降りると降りるだけで国内は80万円かかるんです。これは誰が回収しているのか?答えは空港です。私は北海道の住人なので北海道限定になりますが、北海道新千歳空港は北海道空港という会社が全て持っています。そこに発着のたびにお金をはらっているのです。
    それに伴い中東の各種紛争に伴う原油高。これも航空会社にとって痛手です。

    業界2位のANAが撤退するんですよ?
    当然弱小な飛行機会社は撤退ないしは倒産します。
    海外会社があるじゃない。
    そうですね。しかし海外はもっとシビアです。
    売れなければ、乗らなければ撤退します。
    そうすると日本は飛行機会社がいなくなります。
    北海道は孤立するし、それこそJRが独禁法に触れます。
    急ぎの用事も、急いで送って欲しいものも、急ぐもの全てが途絶えます。
    何より移動手段が選べないという、消費者の権利を国そのものが奪ってしますことになります。
    これは最早憲法に触れますね。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 02:38
    JALが仮に倒産し、廃業したとするととてもじゃなけどANAだけで国内線を網羅するのは不可能です。それほどまでにJALの規模がでかいんです。

    海外旅行に良く行く方ならお分かりかと思いますが、海外の飛行機は乗れたもんじゃありません。安全管理が全くといっていいほどなされていません。
    日本国内において大手であるJAL、ANAが存在するため、あまり海外の航空会社のニュースが入ってくることはありませんが、かなりひどいです。
    分かりやすくいうと、ねじが一本あるな、OK、飛ばせ飛ばせ。が海外です。
    エンジン故障してるけど飛ばせるから飛ばせ。これが本質です。
    当然これで故障や事故は起こってますよ?大きくないですけど。
    日本は絶対にそんなこと出来ません。夜間の空港は見たことがありますか?滑走路を関係者が小石のひとつでもあったらよける作業をするんです。

    確かにサービス過剰かもしれません。
    でもそうでもしないと、そこまで安全管理を徹底しないと危険な乗り物なのです。
    原発の核融合炉の臨界事故を起こさないようにするのとなんら変わらないと思います。
    日本の航空運賃が高いのはそういうのもあるんです。

    ここからが僕の意見です。
    正直言って来年のオープンスカイは怖いです。
    明らかに海外の会社が超安価で飛ばしに来ます。
    人件費、安全費がないですからね。(たしかタイでは1000円も出せば乗れる会社があったはず)
    しかしそんな会社に乗る気はありません。
    乗りたくないです。
    ではどこに乗ればいいんですか?
    高くてもいい、安全な飛行機はどれに乗ればいいんですか?

    よってJALの再建はやむなし、なんです。


    長文すみません。
    まだ書きたい事ありますが、皆さんの反応を見てからにしたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 03:15
    >電気やガスとは違い利用者が限られている

    ここが最大の認識の違いだと思います。
    つーさんがきれいにまとめられていますが、
    航空路線はけっして利用者が限られているわけではなく、
    大都市圏以外の住民は決して少なくはないのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 04:00
    >つーさん
    > たらおさん

    JALよりシビアに経営しているANAでさえ撤退するドル箱路線ならJALはどうやってV字回復するのですか?

    おっしゃりたいことは私も過去に15年以上証券会社に居て経済の中心で毎日日経など沢山の経済紙を読んでいましたから判りますが、だからこそ今回JALに国費を投入すればニコチン依存で肺ガンになるまでタバコが止められないのと同じように国自体が死の宣告をされるまで国費を注ぎ込まなくてはならなくなるのではありませんか?

    日航機だって現在既に海外の整備会社に下請けに出しているのですから安全性にさほど違いがあるとも思えませんね。

    共産主義国家ではないのですから自由主義経済のもと資本主義の原則から大きく外れることは容認しかねます。

    再度言いますが飛行機は電気やガス、水道などのライフラインとは違います、無くても近代的な生活は出来ます昭和40年代までは東京で北海道のものをたべたりはしていませんでした。

    話が前後しましたがJALを国策で飛ばす時代は終わったのです、だからこそ民営化したにもかかわらず体質の改善ができないものをここからどう変えられるのでしょうか?労働組合が8つもあるものをANA以上に迅速に的確にまとめて収益を出すなんてことは文字通り絵空事にしか聞こえません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 05:43
    >再度言いますが飛行機は電気やガス、水道などのライフラインとは違います、無くても近代的な生活は出来ます

    東京ではできても沖縄ではできなくなります。
    北海道でもそうでしょう。

    地方を切り捨てないために大量の税金を投入したのです。
    焦げ付きが出ることもおそらくすでに折り込み済みです。

    東京では北海道のものを入手しなくても生活できるでしょうけれど
    沖縄・北海道で東京のものが手に入らないと生活できません。

    似たような話…
    アメリカのビジネスマンの多くはパスポートを持っていないといいます。
    国内市場が大きくて海外に出なくても十分に仕事ができるからです。
    しかし日本ではそういうわけには行きません。
    国交がなくなっても、アメリカにいればさほど困らないでしょうが、
    日本ではたちまち食料が枯渇し、経済も立ち行かなくなるでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 11:41
    >東京ではできても沖縄ではできなくなります。
    >沖縄・北海道で東京のものが手に入らないと生活できません。

    東京からJALの飛行機で運ばないと生活できなくなる物とは何でしょうか?

    トラックでも二、三日あれば運べますけど。


    >似たような話…

    JALの飛行機が飛ばなくなっても日本の食糧は枯渇しません。
    なぜなら輸入しなくてもたいして困らない生鮮食品以外のほとんどは船便で事足りますから。

    というかソースはないのですがたぶんJALの貨物よりFEDEXなど貨物専門航空会社のほうが取扱量が多いと思いますよ。

    穀物から冷凍魚肉コンテナまで空輸の何百倍もが船便です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 11:43
    あくまで昭和40年代までなんですよ。
    時代は変わり、ものの流通も早く正確になりました。
    東京はより進んだ生活をし、北海道や沖縄は貧困生活をすればいいと言っているようにしか聞こえないんですよ。
    結局、夕張の失態もそうです。
    国民の生活保障のひとつなんですよ。
    夕張立て直すのは誰がやればいい?国しかいないんですね。
    事実、北海道庁も夕張の次に倒産しそうなほど財政危機です。
    北海道からANA.JALといなくなればどこからどうすればいいんんですか?
    日本は特に関東圏や関西圏の人がそう思ってらっしゃる方が多いと思いますが、国土は離島も含むのです。もともと島国なんです。ゆえに島の間の流通を整備しなければならない宿命なんです。情報は質量を持たないので瞬時に行き来が出来ます。
    しかし、青果や鮮魚、それだけではなく流行モノ、細かく言っていくと例えば雑誌なんかがそうです。北海道や沖縄の人もジャンプは発売日に読みたいです。

    結局日航をつぶせというのは理想、であって、現実は不可能なんですよ。

    確かに8つある労組はまとめきれないですよ。
    順次整理せねばなりませんね。
    きっと収益が出るのもかなりあとになります。
    当然各国にJALのイメージを崩さず営業しなければならないのも至難の技です。
    資本主義の世界だからこそ、復活で出来るのですよ。

    私の父がANAの下請けです。
    所謂グランドサービスです。
    ANAも海外の下請けを雇っています。
    しかしそこにはANAブランドを賭けた徹底した社員教育があるわけです。
    JALに然りだと聞いています。
    しかし、海外企業はそうは行きません。
    会社自体が事故起こすならまだしも、民間の屋根の上で事故を起こされたらたまったもんじゃないです。
    商品が無事届かなくなるのも問題です。
    今日獲れた鮮魚を東京まで出荷するのに3日かかっては売り上げもクソもないですよ?

    これこそまさにライフライン、なのではないのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 12:29
    >東京はより進んだ生活をし、北海道や沖縄は貧困生活をすればいいと言っているようにしか聞こえないんですよ。

    JALがなくなると北海道や沖縄が貧困になるとする論拠がありません。


    >結局、夕張の失態もそうです。

    当事者の問題意識が低く政府におんぶにだっこの体質はにているかもしれませんね。


    >国民の生活保障のひとつなんですよ。

    いいえ、JALは地方自治体ではありませんから同じにはなりません、全然別のものでありJALがなくなることで生活が立ち行かなくなるなどという根拠がありません。


    >北海道からANA.JALといなくなればどこからどうすればいいんんですか?

    ですから鉄道やフェリーや高速道路があるのに飛行機が必要ならそれに見合った負担をするのは受益者がするべきと申しております。

    便利な東京に住んでいる人達は地方の何倍も固定資産税を払い、高い家賃を払っています。


    >もともと島国なんです。ゆえに島の間の流通を整備しなければならない宿命なんです。情報は質量を持たないので瞬時に行き来が出来ます。

    元々不便な所に住んでいる人の利便性を整備し都会なみに便利にするのは都会の住人の使命なんですか?


    >しかし、青果や鮮魚、それだけではなく流行モノ、細かく言っていくと例えば雑誌なんかがそうです。

    都会からJAL機で青果や鮮魚を地方に運ばなければならない理由がわかりません。


    >北海道や沖縄の人もジャンプは発売日に読みたいです。

    そのためにJALに巨額の国費を投入するのは間違いだと思います。


    >結局日航をつぶせというのは理想、であって、現実は不可能なんですよ。

    いいえ、政治家や官僚のメンツのために潰さないだけです。
    JAL以外にも航空会社はあるのですから、どうしても飛行機が必要な所なら必要な人たちが飛ばすに見合うだけの負担をしても飛ばすでしょうね。


    >確かに8つある労組はまとめきれないですよ。
    >順次整理せねばなりませんね。
    >きっと収益が出るのもかなりあとになります。
    >当然各国にJALのイメージを崩さず営業しなければならないのも至難の技です。

    ですから甘々な更生計画に巨額の国費を投入するのは間違いだと申しております。


    >資本主義の世界だからこそ、復活で出来るのですよ。

    JALが再生できるという根拠がありません。必要不可欠でもない根拠のあいまいなものに国自体が危機的状況にあるのに税収の1/40もの巨費を投じるべきではありません。


    >しかし、海外企業はそうは行きません。

    既に日本の空には沢山の外国航空会社が飛んでいますが?
    外国企業とて頻繁に事故を起こせば潰れます。


    >今日獲れた鮮魚を東京まで出荷するのに3日かかっては売り上げもクソもないですよ?

    沖縄で獲れた鮮魚の何%をJAL機で空輸しているのでしょうか?海外も含め外国航空会社の民家への墜落などほとんど耳にしませんが何故JAL機でなければならないのかも不明です。


    >これこそまさにライフライン、なのではないのでしょうか?

    いいえ、JAL機が飛ばなくても生活は十分に出来ます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 14:56
    似たような話……は、飛行機には無関係の話でして。

    アメリカ人は日本と国交がなくなっても困らない。
    日本人はアメリカと国交がなくなったら困る。

    「アメリカ」は東京、「日本」は沖縄・北海道の象徴です。

    つまり……
    東京の人は沖縄や北海道と離れても困らないが
    沖縄は北海道の人は東京と離れると困る。
    東京の人にはそのことは実感されないでしょうね、ということです。

    アメリカ人に日本と国交断絶しないでくれと頼んでも伝わらないでしょう。
    それと同じように、東京の人に航空路線の重要性を説いても
    どうせ伝わる訳がないので、説明はあきらめました、という意味です。
    あしからず。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 15:27
    国交断絶云々は例えになっていないと思いますよ。

    アメリカだろうと日本だろうと地理的に都会と距離が離れていれば不便なのは当たり前だと思いますが?

    アメリカは日本と同じ密度で空港が整備され人口密度当たり同等以上の数の半官半民の飛行機が国費で飛んでいるとかなら比較対象として分かりますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月21日 17:06
    まあ、いろいろとありますが・・・
    まず、青果等ですね。
    すみません。ここからはわが故郷北海道についてが具体例になります。
    恐らく沖縄などの離島も然りです。

    ご存知の通り北海道は農業国です。
    その日取れた作物を都会に運ぶ、というのはそれほどおかしなことなのでしょうか?
    たしかに、関東圏には中部地方と東北というように作物供給自体は出来ます。
    その市場に飛行機がなくなると参戦できないんですよ?
    前にも述べたように羽田ー千歳はかつては、ドル箱路線でした。しかし今はほとんど人が乗りません。見かけるのはビジネスマンですね。シーズンになると少し増えて雪祭りとスキー客、あとは帰宅ラッシュぐらいですね。
    そんな路線に最早魅力を感じなくなってANAは撤退です。
    きっとJALがなくなるとAIRDOやスカイマークは廃業ですね。それほどまで海外の企業は強力で。しかも美味しくなければ捨てる。
    魅力がないんですよ。JRもチェックレスで本州に渡れるし船だと大量に運べますからね。しかし、早くないんですよ。
    関東圏周辺の農家はコストがかからずして市場に出せますが、北海道はコストが高すぎるわけです。
    航空会社撤退は北海道の産業に大きく影響するんです。
    おっしゃるとおり出来なくはないです。市場介入の平等性を無視すれば。
    ジャンプの例でたっつあんさんはそんなものとおっしゃいましたね?
    これだけは聞き捨てならないです。
    北海道民の何が悪くて関東圏の人たちと比較して不平等にならなきゃいけないんでしょうか?逆に言うと、月曜日にジャンプを読みたいからといって東京まで毎週来いということですか?
    あくまでジャンプは例です。分かりやすいと思って出した例です。
    関東の人たちが満たされているのは当然です。地方の協力があってこそなのではないでしょうか?
    有体に言うとJALは今日の北海道の財政を支える一端であるといっても過言ではないと思います。

    正直申し上げると今後航空産業は退化の一途を辿ると思います。
    JAL再建は無駄になるかも知れません。
    日本国内で日の丸の旗を掲げた飛行機会社が飛ばなくなるのは日本国民としてとても悔しいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 00:18
    >航空会社撤退は北海道の産業に大きく影響するんです。

    JALが潰れると北海道の航空会社が全て無くなるという根拠が解りませんが?
    農産物を飛行機で東京に運んでも商売になるならFEDEXとかが飛ぶんじゃないですかね?
    第一、JALが国費投入で安く飛ばないと東京に農産物が運べないなんてのはエゴでしかないと思いますよ。


    >北海道民の何が悪くて関東圏の人たちと比較して不平等にならなきゃいけないんでしょうか?>逆に言うと、月曜日にジャンプを読みたいからといって東京まで毎週来いということですか?

    マンガの発行地から遠く離れている場所に同日に届かないと不平等の意味が分かりませんけど?

    その飛行機代を何故に国費で負担しなければならないのでしょうか?
    マンガを読む人達で負担すべきだと思いますね。

    トラックで数日かかって運んでもその経費はマンガを読む人達が負担すべきであり、農産物も同じです。

    何故に北海道の農産物を東京で安く売る為に国費でJALを存続させなければならないのか理解できません、それをやりだしたら沖縄も九州も東北も北陸も全部東京で売るための輸送コストを国が負担しなければならなくなりますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 04:11
    むう、輸送コストを負担せよとは言ってないです。
    選択する権利はあるでしょ?ということです。
    選択肢をつぶすのが国の仕事ではないでしょう。

    まあ、国税でまかなうのが気に食わないというのは同意です。
    これらの失態を気にしない顔をしていたのは国会議員ですからね。そいつらが負担するのが筋だとは思います。大半が死んでいたり年金生活送っているんでしょうけど。

    事実ここまでしたのはかつての政権自民党を中心とした政権です。
    じゃあ、こいつら選んだの誰ですか?私より上の世代な訳です。
    そのおかげで参政権をようやくもてた頃に年金だの、負債の決済だの払わされるのは私達です。僕らの世代、年金なんてないものと思え、と教わっています。
    僕らが稼いだお金を僕らより上のかたがたを養う構造は完成してるわけです。
    そのほかにJAL再建?そりゃあ怒りますわな。しかしだ。僕らはまだ40年は働くわけです。その中で少しでも負担を減らしてくれませんかね?
    どうやれば負担減りますかね?多少今の痛みは伴ってもいい。景気回復が僕らの望む形じゃないですか?JALを縮小してでも純国産が残らないのはこれからを生きる我々にとってどうにも未来がない気がします。
    オレンジや米など自由化してきたものが数多くありますがどれをとっても結局国産品が行き来してます。
    それは品質がいいからです。高くても品質を選ぶのが日本人なんです。
    毎回自由化を行うのが急すぎてついていけず、農家も首をつりました。
    同じ過ちを繰り返してはいけないんです。
    全てを国が負担しろとは言わないですが、是非JALが日本の空を飛ぶことを祈っています。

    今適当に出荷率などを見てみましたが、千葉、栃木、長野の青果出荷率すごいですね。
    ほとんど首都圏なんだと思いますが。これじゃあ、北海道とか首都圏にとっちゃがん細胞だ。せいぜい漁獲モノですね。東京に運ばれているの。
    まあ、どうせ東京のかたがたは鮮魚なんて食べれないでしょうが。
    そうかそうか。こりゃあ、飛行機なんていらねえって言うわけだ。
    悲しいな。北海道は所詮は負債の固まりか・・・

    どうするべきですかね?北海道自立できるほど財力無いですよ?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 07:06
    >むう、輸送コストを負担せよとは言ってないです。

    JALに巨額の国費を投入するということは結果としてそう言っているに等しいのでは?


    >選択する権利はあるでしょ?ということです。

    JALが無くなっても選択権はありますよ。
    「JALの解散」=「選択権の剥奪」ではありません、そんなことを言ったら全ての会社は潰せなくなります。


    >選択肢をつぶすのが国の仕事ではないでしょう。

    選択肢をつぶすのではなく経営の成り立たなくなった会社は国民が生きて行けなくなる場合を除いて潰すのが自由経済、資本主義社会の健全な姿です。


    >事実ここまでしたのはかつての政権自民党を中心とした政権です。
    >じゃあ、こいつら選んだの誰ですか?私より上の世代な訳です。

    北海道は自民党王国でしたけど?都会の有権者のほうがアンチ自民が多いですよ。


    >そのおかげで参政権をようやくもてた頃に年金だの、負債の決済だの払わされるのは私達です。

    次の世代に借金のツケを回す自民党利権政治を許してきたのは北海道民とて同罪です、今JALに多額の国費を投入するということは益々少子化にあるもっと先の世代にまで借金のツケを回すことになると思いますが。


    >僕らの世代、年金なんてないものと思え、と教わっています。

    政府は年金制度は無くさないと言っていますが誰に教わったのでしょうか?


    >僕らが稼いだお金を僕らより上のかたがたを養う構造は完成してるわけです。

    年金制度は最初から現役世代が高齢者を養う仕組みですが?


    >そのほかにJAL再建?そりゃあ怒りますわな。しかしだ。僕らはまだ40年は働くわけです。>その中で少しでも負担を減らしてくれませんかね?

    ですから高度経済成長時代の過去の遺物は清算すべきと申しております。


    >どうやれば負担減りますかね?多少今の痛みは伴ってもいい。景気回復が僕らの望む形じゃないですか?

    そのために先の見えないJALに多額の国費を投入すべきではないと考えます。
    今、耐えるべき痛みはJALがなくなることで少し不便になることでは?


    >JALを縮小してでも純国産が残らないのはこれからを生きる我々にとってどうにも未来がない気がします。

    気のせいです。
    JALを残したら未来が有るという根拠がわかりません。


    >それは品質がいいからです。高くても品質を選ぶのが日本人なんです。

    でもスーパーで多くの人が買っていくの値段の安い物ですね。


    >毎回自由化を行うのが急すぎてついていけず、農家も首をつりました。
    同じ過ちを繰り返してはいけないんです。

    アメリカにNOと言えない自民党政府のツケを国民が払わされていることがJALに巨額の国費を投入する理由にはならないと思います。


    >今適当に出荷率などを見てみましたが、千葉、栃木、長野の青果出荷率すごいですね。
    >ほとんど首都圏なんだと思いますが。これじゃあ、北海道とか首都圏にとっちゃがん細胞だ。せいぜい漁獲モノですね。東京に運ばれているの。

    生鮮食料品は地産地消が原則でしょうね、遠くから運べば輸送コストが掛かるのですからそのコストは贅沢な思いをする人達が支払うべきです。


    >まあ、どうせ東京のかたがたは鮮魚なんて食べれないでしょうが。

    元々江戸前寿司のネタは東京近海魚ですけど。


    >そうかそうか。こりゃあ、飛行機なんていらねえって言うわけだ。

    飛行機なんていらないとは誰も言っていませんけど。

    巨額の国費を投入してまでJALを存続させるのは間違いだと言っています。


    >悲しいな。北海道は所詮は負債の固まりか・・・

    北海道民含め自立の努力をしてこなかった政治の責任ですね。


    >どうするべきですかね?北海道自立できるほど財力無いですよ?

    花畑牧場の生キャラメルみたいに高くても売れるものを知恵を絞って開発するなどでしょうね、JALを無理やり残しても同じ事だと思いますよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 07:31
    例え話だというのが理解されないみたいなので、もういいです。

    理解力が乏しい方とは思っていなかったので、残念ですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 07:53
    >理解力が乏しい方とは思っていなかったので、残念ですが。

    私の理解力の問題ではなく例え話になっていないことを例え話として持ち出すあなたの問題ですよ。

    前出の例え話とあなたが言うことがJALに多額の国費を投入する理由になりうると考える人は少ないでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 11:53
    自民党王国?そりゃそうですよ。自衛隊多いですし。
    僕が言いたいのは選んだ方々は皆さんだといいたいわけです。
    僕らの世代は抗うことも出来ず、ただただそれを受け入れる悲しい世代な訳です。

    自立云々ですが。
    それは出来ないでしょう。自立は不可能です。環境的側面から言ってこれは問題発言です。地方の現状をもっと知るべきです。中央政権がしっかりしないから北海道はさまざまな工夫と努力をしてきています。それを全て否定する発言とは・・・
    道は理解してますよ?明らかに国の足を引っ張っている存在だというのを。人が来なく、もがいた結果が夕張です。箱物云々の側面もありますが、そういった側面もあるのです。どうして地方政策を切り替えられなかったというマスコミの論はおかしく、それが出来れば苦労はしない、なんですね。
    生き残れる知恵を出せる人間が北海道にごまんといるわけではないんです。殆どが凡人です。花畑など稀です。そんな言うなら案をいくつも出してください。考えて出せるものでもないでしょう。

    反論点はまだありますが、多分言っても堂々巡りと思われますね。
    これ以上の反論は無駄と思われます。

    関東圏に住んだことないのでそちらの事情は良く分かりませんが北海道が公共交通機関に助けられて存在しているのは紛れもない事実です。
    従って現在ある会社から増えるならまだしも老舗すらも消えていく現状は廃退の一途を辿るようにしか見えなず、それに対して潰せという声は我々の首を絞めているようにしか聞こえなかったので多少なりとも理解をしてもらいたかったわけです。

    機会があればでいいですが、東京と同じとは言いませんが大都市のひとつである札幌でも公共交通機関が発達していないのをご覧になってもらいたいです。
    札幌を離れると多少の都市であってもバスの間隔は30分おきであったり、鉄道はJRしかない上によく止まる。道東や道北に行ったらもはや単線しかなくバスは1日に2-3本が当たりまえ。そんな中でも人は住んでいるのです。そんな人の足を減らしてまで税金を投与することがだめですか?多分JALはその一端だと思います。何もJALだけではないだろう出はなく、今まで国が少なからず関与していたJALだからこそ残ってもらわないと困るんです。それでも反論するのは中央に住む人たちの自己中心的な意見にしか地方は見ることができません。それほどまで地方を無視した意見だとこちらは感じるわけです。

    インフラ整備は政府の仕事。
    それの一環だと思えば仕方なし。
    そう思っています。
    これがANAだったらこんなことまで感じなかったかもしれませんね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年01月22日 12:49
    >僕らの世代は抗うことも出来ず、ただただそれを受け入れる悲しい世代な訳です。

    ですから過去の遺物を清算してこれ以上借金を引きずらないようにすべきではありませんか?


    >それは出来ないでしょう。自立は不可能です。
    >環境的側面から言ってこれは問題発言です。
    >地方の現状をもっと知るべきです。中央政権がしっかりしないから北海道はさまざまな工夫と努力をしてきています。それを全て否定する発言とは・・・


    そうでしょうか?
    飛行機が飛ぶ前は自立していたのではありませんか?
    夕張にしたって石炭産業が活況なときにそれに浮かれてメロンぐらいしか次を考えなかった結果ではありませんか?

    北海道に限らず地方がこれ以上は無い努力を重ねてきたなら話は別ですが、自民党利権土建屋政治に乗っかって親方日の丸のうえにあぐらをかいてきたのは中央政府の責任だけでもないような気がしますが?

    いずれにしてもそれら責任転嫁や愚痴の類がJALに国費を投じる理由になるならJALはどんだけ赤字でも共産主義国家のように国営で残すしかないでしょうね。


    >生き残れる知恵を出せる人間が北海道にごまんといるわけではないんです

    ならばJALを残しても借金が増えるだけで同じ事でしょう。


    >そんな言うなら案をいくつも出してください。考えて出せるものでもないでしょう。

    中央政府におんぶにだっこではない政策を自らが考えることの出来るリーダーを選ぶべきでしたね。


    >これ以上の反論は無駄と思われます。

    どれもこれも多額の国費を投じてまでJALでなければならない理由にはなっていませんから無駄でしょうね。


    >関東圏に住んだことないのでそちらの事情は良く分かりませんが北海道が公共交通機関に助けられて存在しているのは紛れもない事実です。

    日本中公共交通機関に助けられていますよ。
    東京などは雪などで地下鉄やJRが動かなくなればマヒします。

    地方の赤字路線の穴埋めの為にガソリンより高い運賃を払って毎日ぎゅうぎゅうのすし詰め電車に詰め込まれていても誰も文句をいっていません。


    >従って現在ある会社から増えるならまだしも老舗すらも消えていく現状は廃退の一途を辿るようにしか見えなず、
    >それに対して潰せという声は我々の首を絞めているようにしか聞こえなかったので多少なりとも理解をしてもらいたかったわけです。

    本当に経済を勉強していますか?
    市場規模の小さなところに不釣り合いな数の企業が参入すれば自由経済の下では共倒れしますよ。

    まして、経営の立ち行かない一企業にだけ国費を投入するならばそれこそが不平等と言わざるをえません。


    >機会があればでいいですが、東京と同じとは言いませんが大都市のひとつである札幌でも公共交通機関が発達していないのをご覧になってもらいたいです。

    公共交通機関より便利なものに乗っているからではありませんか?
    東京の電車もバスも通勤時は定員の3〜5倍近いすし詰めなのをご存知でしょうか?



    >札幌を離れると多少の都市であってもバスの間隔は30分おきであったり、鉄道はJRしかない上によく止まる。
    >道東や道北に行ったらもはや単線しかなくバスは1日に2-3本が当たりまえ。
    >そんな中でも人は住んでいるのです。

    ある程度は需要と供給のバランスを考えてもらわなければ困ります。


    >そんな人の足を減らしてまで税金を投与することがだめですか?

    JALを飛ばすために電車やバスを今より不便にするんですか?


    >多分JALはその一端だと思います。何もJALだけではないだろう出はなく、今まで国が少なからず関与していたJALだからこそ残ってもらわないと困るんです。

    ですからJALを残したい人が多いならその人達が高い運賃を負担して残すべきと言っています。
    それが受益者負担の原則です。


    それでも反論するのは中央に住む人たちの自己中心的な意見にしか地方は見ることができません。

    逆ですね、需要と供給のバランスが取れないところの負担を都会でラッシュアワーにもまれている人達が負担すべきというほうがエゴです。


    >それほどまで地方を無視した意見だとこちらは感じるわけです。

    あなたがどう感じようと自由ですが、JALに多額の国費を投入するのは経済学的に見ても間違いです。



    >インフラ整備は政府の仕事。
    >それの一環だと思えば仕方なし。
    そう思っています。

    ライフラインではないJALに多額の国費を投じることがそれほど重要なインフラ整備とは思いません。


    >これがANAだったらこんなことまで感じなかったかもしれませんね。

    どちらも民間企業である以上JALだけ特別なんてのは通りません、今まであなたが述べてきたことは全て詭弁になると思いますよ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2010年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31