mixiユーザー(id:723105)

2009年12月15日06:14

85 view

役人が決めた単なる慣例を政治利用しているのは宮内庁

■「憲法を読み直しなさい」天皇会見で小沢氏反論
(読売新聞 - 12月14日 21:26)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1050329&media_id=20

小沢は嫌いだが、この件に関しては予算を減らされたくない宮内庁官僚が己の利権を守る為に民主党政権を失脚させる目的の材料にしたようにしか見えない。

陛下の体調がおもわしくないなら当日でも会見を断れば済む事、それとも1ヶ月以上前なら宮内庁は陛下が倒れてでも会見させるのか?
0 18

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 06:38
    >やすべーさん

    だから何でしょう?

    問題は陛下の健康に影響が有るか否か、あるいは現在わが国経済に限らず世界的に重要な位置にある国の要人と陛下が会見することが国益となるか否かです。

    私にはなんやかやと民主党や小沢批判する連中は中国と戦争がしたいだけの馬鹿に見えますね。

    彼等の望みどうり中国と戦争したとして、それで得をするのは誰なんでしょう?
    多くの一般国民には良いことはありませんし、北朝鮮の拉致問題にしても中国の影響力を利用しようとしないのは国民の健康などはどうでもよい官僚と大企業べったりな世襲利権政治屋だらけの、大借金を作った無能な政府だったように思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 06:59
    ニュースから失礼します

    今回の問題点は「特例」を作ったことにあるのです。
    正直この件で突っぱねたところでどこのどんな利権が増えるのでしょうか?
    (特例を認めるための「利権」ができるというなら別ですが、今回のように理由を問わずに拒否ならば利権になりようがないでしょう)

    今回特例になった理由は「中国側の強い意向」「官邸よりの強い意向」という根拠薄弱なものに過ぎません。

    すなわち、次に中国側が「また一ヶ月きったけど会見ヨロシク。え?ダメ?前やったでしょ?何で今回ダメなの?」
    といわれたとき反論が出来ないというのが問題なのです
    (今回だけが特例と言うなら、今回しか通用しない理由を言うべきです)

    なにより「特例」を認めて会見させる意味と言うのも見えません。
    習氏は「次期主席と言われている」だけで現時点では国家元首でもないわけで、そういう人と会見させてどこの誰が得をするのでしょうか?

    よって今回の件は小沢さんか民主党が中国利権を維持するためのゴマスリとしか見えないのですが
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 07:55
    >藤枝ゆうじさん

    >今回の問題点は「特例」を作ったことにあるのです。

    何で法律でもない単なる慣例の特例が問題なのか解りません。


    >正直この件で突っぱねたところでどこのどんな利権が増えるのでしょうか?

    ですから何で突っぱねる必要があるのでしょうか?


    >(特例を認めるための「利権」ができるというなら別ですが、今回のように理由を問わずに拒否ならば利権になりようがないでしょう)

    私の文章が理解できないなら書きこまないで下さい。

    再掲:
    小沢は嫌いだが、この件に関しては予算を減らされたくない宮内庁官僚が己の利権を守る為に民主党政権を失脚させる目的の材料にしたようにしか見えない。


    >今回特例になった理由は「中国側の強い意向」「官邸よりの強い意向」という根拠薄弱なものに過ぎません。

    憲法上なんら問題はありませんが。


    >すなわち、次に中国側が「また一ヶ月きったけど会見ヨロシク。え?ダメ?前やったでしょ?何で今回ダメなの?」
    といわれたとき反論が出来ないというのが問題なのです
    (今回だけが特例と言うなら、今回しか通用しない理由を言うべきです)

    必要ありませんね。
    一ヶ月ルールを予め中国に言ってあったならちょっと我がままだなぁというだけで、次回は早めにお願いしますと言っておきそれでもまたギリギリで会見を申し込まれ、もしその時に問題があるようなら都合がつきませんと断れば済む事です。


    >なにより「特例」を認めて会見させる意味と言うのも見えません。
    >習氏は「次期主席と言われている」だけで現時点では国家元首でもないわけで、そういう人と会見させてどこの誰が得をするのでしょうか?


    そうですか、私には国益になると見えますけどね。
    第一、国民の代表である政府が意味を見出せればよいことであなたが納得する必要はありません。


    >よって今回の件は小沢さんか民主党が中国利権を維持するためのゴマスリとしか見えないのですが

    中国利権でさんざん甘い汁を吸ってきたのは政府ODAで多額の税金を投じ大企業と組んでピンハネしてきた自民党だと思いますが?

    金をかけずに国益(我が国国民にプラス)になるなら政治家がいくらでもゴマをすって中国を利用すればよいだけです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 08:42
    >やすべーさん

    ですから国際友好より法的拘束力の無い単なる慣例レベルのルールが優先するという考えのほうが私には理解できませんね。


    >どうも、どこにも外国からの客に接見するという行為は国事には当たらないみたいだけど、どうなんでしょうね。

    単なる客ではないでしょう、個人的に遊びに来るんですか?
    国家間の友好目的で陛下とお会いしたいと言うのなら外交使節に当たり臨時公使の類になると思いますよ。

    それ以前に何が国事行為かが問題ではなく、本当に陛下の健康に問題なら国事行為だろうとなんだろうと陛下ご自身がお断りになるでしょう。

    陛下のご意向としてならまだ解りますが自分の立場を勘違いした1役人が記者会見までして雇い主の政府を批判することがおかしいと言っているのです。

    この騒ぎで逆に陛下がどれだけ心を痛めるかを考えるなら、政府批判の目的で騒ぎにするほうが分をわきまえない愚か者でありそれこそが政治問題に陛下を利用したことでしかありません。


    まぁ、いずれにしても小沢の個人的な利益に資する目的でなかったにせよ、自民党と違い裏で根回しをしない分、やり方が下手な感は否めませんけどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 08:43
    汚沢の献金ツアーは、毎年数ヶ月前から準備されています。
    国会議員には、公用旅券が発給された位ですので、中国政府の念入りな準備がこの証拠です。

    それを慣例破りするのは、残念ですが汚沢が中南海の共産党の試しに乗って利用したコトにしか成りません。

    これはアメリカにも適用されてます。クリントン国務長官も公式拝謁は数ヶ月前からの調整も拒否です。

    それと、公式拝謁の為に数日に渡る御教示を、日常公務に割り込ませる必要も有ります。

    ご高齢でガン摘出など体力に不安が有るので官僚ではなく政権と与野党で定めた協約を、
    簡単に与党が破るなら、

    それは独裁者への一歩です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 09:07
    >ともさん

    ですから何度も言うように本当に陛下のお体にさわるなら国事だろうと何だろうと当日だろうと断れば済む事でしょう、キムジョンイルみたいに政治的影響力が無いんだから。

    小沢の中国ツアーだのアメリカの国務長官だのは関係ありません、それらを持ち出すから政治問題化するのであり、そうしたい人達の意図しか今回の騒ぎからは見えてきません。

    騒ぎにすれば陛下が心を痛めることになるのに、なんでわざわざ騒ぎにするのかが問題だと言っているのです。


    独裁政治は憲法を変え、選挙制度を変えなければ北と違いこれだけ情報化した日本では無理でしょうね、マニュフェストに無いそんな方向に向かえば次の政権はありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 14:20
    これって、宮内庁が裁量権限持って突っぱねたのが問題ですよね。
    与党(=政府)VS宮内庁なんて図式は、常識的に考えてありえません。
    それなのに、反中感情の強い人たちが、
    宮内庁を擁護するような立場に立って、騒ぎ始めてしまいました。
    さらに、小沢は火に油を注ぐような居直り会見。

    中国要人と陛下との会見が「政治利用」なら、
    理由をつけてそれを突っぱねるのも「政治判断」となってしまいます。
    しかも、判断しているのは一部局に過ぎない宮内庁です。
    政治判断をする権限は、国民に選ばれた与党にのみ有り、
    宮内庁にはありません。

    ただし、小沢も30日ルールを踏まえた上での特例であることを
    明言すべきでしたね。
    この件で国民に(いっそう)独裁者的な印象を持たれてしまった明らかで、
    今後の政治運営に悪影響を与えそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 15:18
    >まっちゃん

    まったくおっしゃるとおりだと思います。

    どっちもどっちな感がありますが、そもそも自分の雇い主である政府批判を記者会見という公の場で行うことこそが政治利用ですね。

    消費者の不利益や違法行為で無い限り会社の経営方針に従業員が口を出すのは間違いなのと同じだと思います。
    それもいきなりマスコミに売り込むなんてのは分をわきまえない愚行と言わざるをえません。

    しかし中国の副首席が来日することはもっと前から判っていたはずなのに何で陛下との会見をするのかしないのか外務省なり宮内庁なりが政府に事前に確認していなかったのかのことのほうが問題に思いますね。

    うがった見かたをするならはじめから官僚へのしめつけが明らかな民主党政権へのいやがらせが目的だったんじゃないかともいえますね。

    本来は国民の負託を受けた政府と言う雇い主のサポートをして働くべきなのに、雇い主に盾をつき余計な騒ぎを起こして日本そのものの威信を貶めた宮内庁長官は辞任しないなら人事権のある政府は何処かの窓際へ左遷すべきでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 18:56
    コメントありがとうございます。

    では、さっそくですが

    >>何で法律でもない単なる慣例の特例が問題なのか解りません。
    電車や駅の中でタバコ吸ってるのを咎められて「どこの法律で決まっている」と逆切れするおじさんと同じ物言いですね

    ともさんのコメントに重ねるようですけど「一ヶ月ルール」は昨日今日いきなり制定されたものではなく、これまで十年ほどにわたって各国の要人が尊重してきました。

    それを中国の元首でもないナンバー6の人間がアメリカ大統領や各国元首でさえされなかった「特別扱い」をされることが「異常」でないならなにを異常と言うのでしょうか?


    >>ですから何で突っぱねる必要があるのでしょうか?

    先に述べた理由で十分だと思いますけど、重ねて言うならば
    「クリントンさんや他の元首様、あなたがたがバカ正直に守ってきた慣習は簡単に破れるようなものですよ」
    なんて宣言するようなものです。

    こんなバカにされた話もないでしょう。

    これが何の抵抗もなく通るのなら今後、皇室の権威ひいてはなどないも同然になりかねないからです

    >>私の文章が理解できないなら書きこまないで下さい。

    再掲:
    小沢は嫌いだが、この件に関しては予算を減らされたくない宮内庁官僚が己の利権を守る為に民主党政権を失脚させる目的の材料にしたようにしか見えない。

    再掲いただいて恐縮ですが
    >>己の利権
    >>己の利権
    >>己の利権
    どうみても宮内庁を「利権団体」扱いしているようにしか見えませんね。なんの根拠もなくw

    「それまで誰一人として区別なく適用されてきた慣習を中国ナンバー6に適用した」ことが予算増額(または減額阻止)、利権あさり、ましてや民主党政権失脚に繋がるロジックは残念ながら貴方以外誰一人として理解できないでしょうね
    (民主党政権がこの事情を説明してお引取り願えば何の摩擦も起きない問題なのです。なにしろ無理を推してるのは中国なんですから)



    >すなわち、次に中国側が「また一ヶ月きったけど会見ヨロシク。え?ダメ?前やったでしょ?何で今回ダメなの?」
    といわれたとき反論が出来ないというのが問題なのです
    (今回だけが特例と言うなら、今回しか通用しない理由を言うべきです)

    >>必要ありませんね。
    >>一ヶ月ルールを予め中国に言ってあったならちょっと我がままだなぁというだけで、次回は早めにお願いしますと言っておきそれでもまたギリギリで会見を申し込まれ、もしその時に問題があるようなら都合がつきませんと断れば済む事です。

    さっきも書きましたがこのルールは適用されてもう十年近い年月がたっています。
    その間中国もこの慣習があることを知ってアポを取ってきました。
    今更知らないなんてありえません。

    そもそも
    >>都合がつきません
    を宮内庁が適用しようとして横車押した張本人がいるのに「都合がつきません」なんていえるはずがないでしょう。

    今回の件の最大の問題は中国が公式に要望したわけでなく民主党が「中国側の事情を忖度して」先回りして無理を推したことにあるのです。
    (この辺の具体的なところは後ほど)

    >なにより「特例」を認めて会見させる意味と言うのも見えません。
    >習氏は「次期主席と言われている」だけで現時点では国家元首でもないわけで、そういう人と会見させてどこの誰が得をするのでしょうか?

    >>そうですか、私には国益になると見えますけどね。

    是非ご高説お願いします。
    中国ナンバー6の人間に特別扱いすることで得られる「国益」とやらについて
    昨年の事件を出すまでもなく加工品にしないと日本の検疫を通れないような農薬まみれの野菜を安く買うことですか?
    ロイヤリティー無視の海賊版を日本に氾濫させることですか?
    それとも「勝ち馬」にゴマすって成功のおこぼれに預かろうと言う助平根性ですか?

    続きます

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 19:00
    >>第一、国民の代表である政府が意味を見出せればよいことであなたが納得する必要はありません。

    ええ、政府の見出した「中国利権」という意味は理解できてますよ。
    だからそれにたいして主権者としての権利を行使しているのですよ。
    貴方がご自身で述べたとおり民主党がその地位にいられるのは「国民の負託」が必要なんですから国民が納得できないことをやる時点でダメでしょう


    >>中国利権でさんざん甘い汁を吸ってきたのは政府ODAで多額の税金を投じ大企業と組んでピンハネしてきた自民党だと思いますが?

    はて?自民党政府が中国要人にこんな無理やりなゴマスリしたことなど過去半世紀にわたってありませんでしたけど?
    こんなゴマスリしてまで手に入れたい利権はおそらく自民党の常識では計り知れないようなものなんでしょうね

    >>金をかけずに国益(我が国国民にプラス)になるなら政治家がいくらでもゴマをすって中国を利用すればよいだけです

    繰り返します。国民にプラスって何がプラスになるのですか?

    先に書いたとおり中国政府自身は公式声明で「天皇陛下とナンバー6との会見」を要望したわけではありません。
    民主党が中国の先手を打ってゴマをすりにかかったのです。

    ですので、中国としては今回の会見で日本に「恩義」を感じる必要などありません。
    日本側が勝手に慣習を破ってくれたのですから。

    見返りなしの片道切符を相手が何もしないうちからばら撒いてどんな国益に繋がるのでしょうか?

    ついでに
    >>自分の雇い主である政府批判を記者会見という公の場で行うことこそが政治利用

    一般的な会社でも法令無視や慣例無視は外部告発されて当然です。
    社長が援助交際で使った金を翌日経理に「これ、必要経費と言う形にしといて」といって、それを告発されたら悪いのは社長です。

    なにより今回のケースの主体である小沢さんは内閣の一員でない以上「政府」の人間ではありません。
    「三権分立」の壁で政府と隔てられた「国会」の一員でしかありませんからまっちゃんさんの言い分からして無理筋でしかありません。

    何度もいいますが「民主党」は「政府」と同一の存在ではありません。
    あくまで先の選挙で最大4年間の任期を持つ衆議院の議員(それと参議院の議員)を日本で一番多くもっている政党にすぎません。

    一方政府は法やルールに基づいて国家の運営を円滑に行う存在です。
    ならば「円滑な運営」を妨げる存在にはしかるべき対応を取られて当然です。

    ましてや「国民の負託」以外で自分の存在を維持できない民主党が国民の怒りを買ったから政府に逆切れなんてありえません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 21:50
    メンドクサイ人達ですねぇ。

    他人の日記で何を似非右翼みたいな自論を展開しているんだか・・・

    最後のほうの長ったらしいのは読む気もしないんでスパムで通報しときます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月15日 23:13
    >やすべーさん
    >藤枝ゆうじさん

    はじめての方に対して、これだけの長文を押し付けてくるのは
    大変失礼なやり方だと考えます。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月16日 00:11
    押し付けと批判されたので、早々に退散します。
    どうも申し訳ありませんでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月16日 02:38
    まず一つ指摘を。宮内庁長官は国家公務員法第二条で定める通り特別職の国家公務員で、一般職の事務次官とは本質的に異なります。よって宮内庁長官は内閣を補佐する立場にはありません。

    また、今回来日した習副主席は公賓・国賓扱いでなかったため、今回の会見は憲法第七条十項で定められている儀式としましょう。(憲法第四条に「天皇はこの憲法に定める国事に関する行為のみを行ひ…」と書いてあります)。
    そうすると儀式に関する事項は宮内庁の所掌事項(宮内庁法第二条)ですからこれに宮内庁長官が意見を述べるのは誤ったことではないといえます。

    さらに、今回の会見は十項の儀式とすると幾つか問題があります。
    十項の儀式とは天皇が主宰して執行する国家的な性格を有する儀式でつまり、新年の祝賀の儀とかです。するとたんなる要人との会見、面会は十項の儀式でも九項でもないので、国事行為にあたらないので、結局は宮内庁の所轄事項であり、内閣を補佐する立場になく天皇家に使える宮内庁長官が苦言をすることに対しては法的に問題ありません。

    もしろ問題は与党幹事長の立場にある小沢が内閣にいるかのように発言するのは、単なる一議員としては内閣への越権行為となります。

    申しわけありませんが、小沢の発言は誤っています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月16日 07:11
    >ともさん

    ですから小沢が全部正しいなんてことは言っていませんよ。

    同じことが自民党政権下で起きても批判するんでしょうかね?

    つまり副主席が小沢の意向でいきなり来ることになったというならまだしも以前より決まっていたことなら予め外務省と宮内庁が話し合い、副主席の日程なり陛下の都合なりをどうするのか今までは政府と調整してきたんじゃないですか?

    今回の件は前にも書いたように民主党批判を集めるために陛下の健康や国民の利益の為でなく予め騒ぎにする目的で仕組まれたことのように感じると言っているのです。

    もし中国の突然の我が儘を小沢が無理やりねじ込んだと言うなら、自民党政権時代に国交のある全ての国に政府内の単なる合意事項でり国民も知らなかった30日ルールを周知させていたのかも問題になると思います。

    私の日記に突撃してくる人達の物言いを見てもその意図が単に小沢批判、民主党批判にあるようにしか見えないのは私だけでは無いと思いますよ。

    確かにルールは守ることが前提ですが、そのルールが何の為にあるのかやその重要度を考え、結果として良いものを生むなら必ずしも臨機応変に運用することが悪とは思いません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月16日 07:29
    一言で済ませると怒らせてしまうかなと思って理由を丁寧に語ってみたのですが、長文でコメント書くのはここでは失礼だということらしいので退散します
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月16日 23:27
    たっつあん、貴方のは詭弁ですよ。

    調べれば判ることを国民が知らなかったと言い張ることはね。
    貴方の言うとおりなら、国民は全ての報道と官報を暗記して諳んじてなけれれば成りませんよ。
    調べれば調べるほど、今回の汚沢やり方は議会民主制として、当時の政党間で合意し
    また、各国公使館へ伝達されていて、唯一の例外も死亡のために予定が変更されただけです。
    少なくとも、小沢は法律家を目指した経歴もあるくらいですので、これなら素養すらなかった
    ことは明白です。

    繰り返しますけど、表向き閣僚ですらない小沢はいう資格はありません。
    (閣僚でも、憲法、法律的にはお願い以上は出来ません)
    言えるというのであれば、それこそ旧ソ連型の党独裁ということになります。
    あと、今回の小沢のキレ方ですが、以前大連立を実現しようとしておじゃんに
    なったときと同じ小人です。

    クチとんがらせて「だって〜だもん。おれ悪くないもん」

    とでも言いそうな口調だけは、笑えました。

    また日記を公開している以上、突撃はある前提です。
    面倒くさくなって排除の怨嗟を吐くくらいなら、公開を止めては如何ですか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年12月17日 05:53
    >とも

    いいえ、詭弁はあなたです。

    小沢の個人攻撃や民主党批判がしたいのならここではありませんよ。

    また、日記を公開している=突撃前提、も間違いです。利用規約をよく読みその主旨やスパムの意味をちゃんと理解しましょう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2009年12月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031