ホーム > mixiユーザー(id:722370) > mixiユーザーの日記一覧 > 名古屋市昭和区のアパートで昨年12月、エホバ信者森外茂子(ともこ)さん(77)自業自得必然的

mixiユーザー(id:722370)

2015年02月02日14:19

1047 view

名古屋市昭和区のアパートで昨年12月、エホバ信者森外茂子(ともこ)さん(77)自業自得必然的

森外茂子 さんの 宗教 は エホバの証人 だったパソコンhttps://neoblood2013.wordpress.com/2015/01/30/%E6%A3%AE%E5%A4%96%E8%8C%82%E5%AD%90-%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AF-%E3%82%A8%E3%83%9B%E3%83%90%E3%81%AE%E8%A8%BC%E4%BA%BA-%E4%BF%A1%E8%80%85%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F/

森外茂子姉妹はエホバの証人の熱心な信者でした。なお、ご主人様は未信者です。この事件に関する、ものみの塔、日本支部からのコメントは一切ありません。なぜなら、信者の行う布教活動いわゆる伝道活動はあくまでも本人の自発的な奉仕活動の一環とみなされているからです。以下、事件報道を転記します。

 27日午前9時40分ごろ、名古屋市昭和区のアパートの一室で、愛知県警千種署員が女性の遺体を見つけた。県警によると、遺体は先月から行方不明になっていた同市千種区の女性(77)とみられる。同署は現場の状況などから、殺人事件として捜査を始めた。この部屋に住む女子大学生(19)が経緯を知っているとみて、事情を聴いている。

 県警によると、遺体はアパート1階にある部屋の風呂場で見つかった。遺体には損傷があり、室内に血痕があったという。

 女性は昨年12月7日から行方不明になっていた。女性は毎週日曜に外出し午後3時半ごろ帰宅する習慣だったが、帰宅しなかったため、不審に思った夫(81)が千種署に届け出ていた。

 今月27日に署員が、女性と接点があったとみられる女子学生と接触。部屋に入ったところ遺体を見つけたという。県警は2人の関係を調べている。

 現場は名古屋市営地下鉄名城線名古屋大学駅から西へ約1キロの住宅街。近くに住む女性は「この辺りには大学生が多く住んでいる。いつも通る場所なので怖い」と話した。【毎日新聞 初報】

 名古屋市昭和区のアパートの一室で27日午前、女性の遺体が見つかった事件で、愛知県警捜査1課と千種署は同日、このアパートに住む名古屋大学の女子学生(19)が殺害を認めたため、殺人の疑いで緊急逮捕した。遺体は同市千種区春里町2の無職、森外茂子(ともこ)さん(77)と確認された。森さんが女子学生を宗教団体に勧誘し、知り合ったばかりだった。容疑を認め「人を殺してみたかった」と供述しているという。

 逮捕容疑は昨年12月7日昼ごろ、アパートの1階の自室で、森さんの頭を手おので殴るなどして殺害したとしている。森さんの首にはマフラーが巻き付けられており、県警は女子学生がおので殴った後、首を絞めた可能性があるとみて、28日に司法解剖をして詳しい死因を調べる。

 県警によると、森さんが帰宅しないことを心配した夫(81)が事件当日夜に千種署に届け出た。捜査員が行方を捜したところ、森さんと最後に会っていた人物として女子学生が浮上。2人は事件当日に近くの宗教施設で会い、その後、2人で女子学生の部屋に向かったとみられる。

 女子学生は翌日から東北地方の実家に帰省していたが、今月26日夜に名古屋に戻ってきたため、27日朝から同署で事情聴取。その際、部屋を見せることを拒んだため、署員らがアパートまで同行し、森さんの遺体を発見した。部屋は1Kで、森さんは浴室の洗い場に衣服を着たまま倒れていた。頭には殴られたような痕が複数あった。凶器とみられる手おのが室内から見つかり、部屋には複数の血痕が残っていた。

 女子学生は取り調べに淡々とした様子で応じているといい、県警は詳しい動機を追及する。【毎日新聞 続報】

 名古屋市千種区の無職、森外茂子(ともこ)さん(77)を殺害したとして、名古屋大学の女子学生(19)が殺人容疑で逮捕された事件で、女子学生が昨年12月7日の事件当日、宗教団体の勉強会が終わった後に「質問をしたいことがある」と森さんを昼食に誘い出していたことが、関係者への取材で分かった。2人はその後、女子学生の自宅アパートへ行ったとみられる。愛知県警は女子学生が森さんを殺害する目的で食事に誘った可能性があるとみている。

 複数の知人によると、森さんは12月7日午前、昭和区での宗教団体の勉強会に、女子学生を連れて参加。勉強会は昼ごろに終了したが、女子学生が「いろいろ質問したいことがある」と話し、森さんと昼食に行ったという。県警は2人が同日午後3時ごろにアパートに着き、直後に事件が起きたとみている。

 森さんの夫(81)は同日夜、県警千種署に「夜になっても妻が帰ってこない」と届け出た。関係者の一人は同日午後9時ごろ、警察から事情を聴かれ、その後に女子学生のアパートを訪問。女子学生は森さんの行方について「3時半ごろに帰りました」と話した。女子学生に変わった様子はなかったという。

 現場のアパートは2階建てで、女子学生が住んでいた部屋は1階の1K。玄関を入った左側に浴室があり、森さんは洗い場に倒れていた。

 森さんを知る人らからは驚きと悲しみの声が上がった。

 同じマンションの男性は「顔を合わせば向こうからあいさつをしてくれる人。いつもきっちりした服装で、笑顔の絶えない人だった」。別の女性(63)は「恨みを買うような人ではない」と話した。

 知人女性は「とても若々しい人。最近は携帯音楽端末を購入し、使いこなせるようにと一生懸命な様子だった。目標を持って熱心に取り組む人だった」と語った。【毎日新聞 続報】

ウッシッシ似非宗教を信仰してて事件の被害者になったのは自業自得やね。デタラメは悪を引き寄せる。 必然的な事件ですわ。 ウザイので殺したと書いてあったが、確かにウザイ似非宗教で信仰してるものも自分で宗教が何であるかも全然意を介してないのだからウザイわな。
殺人鬼と何の巡りだか、うまいこと鉢合わせしたものだ。 

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する