mixiユーザー(id:7202852)

2020年07月05日07:36

10 view

唐招提寺さんの広目天像

九州地方を襲った豪雨で大きな被害が出ています。
長い歴史・経験で掴んだ基準や平均からは想像できない雨量に、人の力・知恵の無力さを感じます。被害に遭われた皆様にお悔やみ・お見舞い申し上げます。

今日のカットは、唐招提寺さん金堂の四天王の中の広目天像です。
金堂の盧舎那仏、千手観音、薬師如来の3〜5m超えの大きな像を守護する大役を担っておられます。
多くの四天王さんは基本、邪鬼を踏みつけていますが、此処の四天王さんは全員は平らな地に立っておられます。
奈良時代に造られた像で、平安時代頃までの像の標準的な持物、右手に筆、左手に巻物を持つ姿です。なんとなく「書記」のようです。
サンスクリット語では「ヴィルーパークシャ」で、「種々の眼をした者」「尋常でない眼、特殊な力を持った眼」の意味から「千里眼」や「広目」と訳されました。
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する