mixiユーザー(id:7202852)

2020年06月28日08:04

10 view

ヒヨドリと山桃

樹齢50年は経っているでしょうか、この季節、庭の山桃の木に、毎朝ヒヨドリがやってきます。
以前は直径15〜20ミリほどの実が成りましたが、素人の無茶苦茶な剪定で幹の一部が腐り出し、さらに追肥も長い間してないので、10ミリに満たないものばかり。
でも、鳥にはご馳走なんですね。
朝一番にヒヨドリが入れ替わりやって来ては、赤く熟した実を食べて行きます。
午前中早くに、赤いのはなくなり、明日の熟し待ち状態です。
実は枝の先に成るので、羽ばたきながら実を啄みます。そして近くの枝にとまって上を向き、嘴でカミカミ(?)して一気に飲み込みます。
実の中には結構大きな種があり、明日頃には、何処かで肥料と共に種まきされるでしょう。
山育ちのガキには、この季節一番のおやつでした。
舌が赤紫に染まるほど食べたのも、懐かしい想い出です。
現在の家に引っ越して来て、山桃の木があるのが嬉しく、子供達が小さい時に実を採って食べさせました。そうしたら、すぐに吐き出されてしいました。時代ですね。
今日のカットは、ヒヨドリがホバリングで実を啄む瞬間です。

◆昨日の似顔絵は、本田翼さんでした。誕生日は虫垂炎で入院だったとか。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する