mixiユーザー(id:7149976)

2015年05月16日08:55

640 view

ガンマのチャンバー作り

引き続きガンマのチャンバー作り。

フォト フォト

今回CDIは純正品を使いますのでCDIの特性に合しての制作になります。

特性は3XVの菅生CDIとほとんど同じ性格ですね。

●ピークパワー回転数が約11500RPM

●ピークトルク回転数が約11200RPM

菅生CDI同様ピークトルクを過ぎてから急激にグラフが下降しますので、実走での高いギア位置では(4速〜6速)12000RPM〜12500RPMまでしか使えないですね。

転がり抵抗、風圧に打ち勝って車体を前に押し出す最低必要なトルクが12000RPMを過ぎると失われてます。(測定グラフ図からの判断)

この辺の特性を変更しようとすると1次、2次圧縮比を走行する気象条件に調整する必要があります。

さらにその圧縮比に合して点火時期の調整。ポートタイミングの微調整が必要になり、このタイミングに合った適正なエキパイの長さのチャンバーが必要になります。

最後に実走してレブ特性を確認しながら点火時期、2次圧縮比を調整していきます。

2サイクルの場合チューニングよりいかに走るコースにエンジン仕様、キャブセッティングを合しこめるかのほうが重要になると思います。

今回TOTに出場したRZ250ですが1次圧縮比はだいぶ落としてあります。

フォト フォト
ケースの裏側に穴をあけてシリンダーベース部分のくぼみ部分に貫通さしてあります。
このくぼむ部分に詰め物をしてクランクケース容積を季節、気象条件に合った最適な容積に調整していきます。

2次圧縮比は今回は7,0前後に合してあります。(それ以上はデトネイションがひどくなりました)


上記のエンジン仕様での実走画像。

2サイクル毎日が勉強ですね。

レースの準備で仕事がかなり遅れています。取り合えづ頑張ってミスの内容に作業していきますので引き続きよろしくお願いいたします。

色んな事に携われることに感謝!!

今日もバリバリ働きま〜す。



22 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月16日 12:17
    19日ですが
    境のダイキンで夕方まで予定がびっしりなのと
    作業のお邪魔になってしまうので(笑)
    今回はおとなしく帰ります<(_ _)>
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月16日 12:33
    > mixiユーザー 了解いたしました。又タイミングの良い時に遊びに来てくださ〜い。
    11月のTOT出ませんか。ヘルパーしますよ指でOK
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月16日 15:11
    11月ですか あっという間ですね準備します!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月16日 19:50
    こんばんは。
    斜めカットしたテーパー管の展開図はどの様に書いてらっしゃるのでしょうか。
    普通の2D-CADでは無理なので3D-CADとかでしょうか。
    確かチャンバー設計専用CADがあったと思いますが、そちらをお使いとか?
    すみません、型紙の状態で斜めカットになっていたのでびっくりしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月17日 00:53
    > mixiユーザー お久しぶりです。実は超アナログ方式になります。

    コピー用紙を丸めて各ピースを作って、それを半分に切って展開して厚紙に書き直しています。慣れてきましたら結構簡単に作業出来ますよ。指でOK
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年05月17日 13:02
    > samさん
    ありがとうございます。
    チャレンジしてみます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する