mixiユーザー(id:7149911)

2021年01月27日21:32

55 view

「箱」の思い出

20年近く前、とある女性と、一応お付き合いのうちにはいるのかな、ということを、していたことがある。

後から振り返ってみるに、私という珍獣 [;^J^] を見つけた彼女が、興味本位でちょっかいを出し、やがて飽きて、ポイしたのであろう。自然消滅というか、単にお互いに連絡しなくなった。ポイされた私にも、特に未練はなかった。その理由のひとつを、以下に述べる。

彼女は、わりとトンデモ系に引っかかりやすい人だった。その頃彼女が入れ込んでいたのは、とある「箱」であった。一辺30cmぐらいの、蓋のない(開けられない)木製の箱。使い方は忘れたが、もちろん「ありとあらゆる」効能があるのである。病気はなおるし、頭も良くなる。

その「箱」を所有している、とある大学生の下宿にも、案内してもらった。暗い部屋で本に埋もれてシンセサイザーとパソコンに没頭している彼は私のパロディにしか見えず(あるいは逆だったのかも知れないが [;_ _])、辛くてとても正視にたえなかったのだがそれはともかく [;_ _][;^.^]、

彼の部屋に設置されていた「箱」の実物を持ち上げて調べるような失礼な真似はしなかったが、明らかに空っぽ。電源スイッチとLEDはついているので、電源基板ぐらいは入っていたのかも知れない。彼は、この「箱」を使い始めてから、「バッハのフーガの構造が明晰に聴き取れるようになった」というのである。

価格は確か、50万円前後であった。

ユーザー会というかセミナーというかにも、連れていってもらった。「メーカー」の説明員が、ひとりかふたり。顧客が、20人弱だったろうか。ほぼ全員が、主婦かお年寄り。説明員は、この箱の不思議な力を実演してみせた。手のひらの上に乗せた「砂」が動くのであるが、静電気と磁石のトリックに過ぎない。私はむしろ、「この客層ならバレないだろう」という、彼の度胸に驚いた。

顧客たちは、効能の体験を、感動しながら発表していた。寝たきりだったのに、歩けるようになった人すら、いた。嘘(サクラ)には見えなかった。本当に歩けるようになったのだ。プラシーボで。

私は、彼女と共に、何も言わずに会場を後にした。インチキ装置であると、指摘したりはしなかった。50万円のガラクタを売りつけられている人が大勢いるのである。これ以上の「被害」の拡大を防ぐために、戦うべきだっただろうか?

歩けるようになった人がいるのだ。もしも私が正義感から、その効能は錯覚であると立証し、彼がそれに納得したら、彼は絶望感から、ふたたび歩けなくなってしまうかもしれない。そんなことになったら、私は、どう責任を取れるというのだ。

「砂が動く」という、箱の「不思議な力」を実演するために、参加者ひとりひとりのまえを回っていた販売員は、客の中で明らかに場違いな、一見して理系の人間である私の前に来たときに、まなざしで、

  「あなたは、告発しますか?」

と、問いかけているように見えた。だから私もやはりまなざしで、

  「いいえ..何も言わずに、帰ります。二度とここに来ることもありますまい..」

と、答えた。

彼女は、トンデモ系に流されやすい人だった。そういう人の「目を覚まさせる」ためには、大変な時間(歳月)と労力を費やす必要があることを私は知っており、彼女はそこまでしなければならない存在ではなかったのである。そして、トンデモに染まったままの人と付き合い続けることは、私には出来なかったのだ。

ただ、それだけのことである。


廃墟通信、更新しました。

http://www.kurata-wataru.com/ruin/ruinc11c.html

(今週号の目次は、

 2021年01月18日:幻想美術選「ムッテル・ショウス(ムッター・ハウス)」谷中安規
 2021年01月19日:日本SF大会、再延期
 2021年01月20日:スポンジ除去し忘れ [;_ _]
 2021年01月21日:閃輝暗点、最近多い [;_ _]
 2021年01月22日:さらば、ムーンライトながら
 2021年01月23日:T氏案件、いきなりつまずく [;^.^]
 2021年01月24日:スキャナーが壊れた [/_;]

 です。)
0 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月27日 23:44
    本来、今年の夏にやる予定のSF大会の告知とか
    出始めている時期なのでは?
    それがないのなら、しれっと来年やるのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月28日 00:02
    まだ去年の大会ができていないのだから、今年の大会の告知は出ていませんわなぁ [;^J^]。
    本来の今年の大会の、確保していたであろう会場などの順延の負担も大変でしょうが、去年の大会は2回延期されたわけで、さすがに、本来想定されていなかったアドオンコストのためのカンパのお願いがはじまってます [;^J^]。協力してあげたいのはやまやまなので、いくらかは協力しますけど。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月28日 03:24
    イイハナシダナー (って、こういう場合に使う?)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月28日 03:32
    そう言えば、去年の夏、初めて閃輝暗点を経験しました。
    これって、何度も起きるもの?…だとしたら、嫌だなぁ。
    一過性の現象だから、たぶん後からMRI画像を撮っても悪い所は見つからない気がします。
    逆に検査できるほど頻繁だとしたら、普通の生活が出来なさそう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月28日 18:15
    確かに。>信じるものは救われる。

    フーガの構造が良く聴こえるようになった学生にしても、おそらくは、
    無意識のうちに、より集中して聴くようになったまでのことでしょう。
    でも、それで十分、役には立っているわけです。
    50万円に値するかどうかは、また別の問題として。

    プラシーボだって、治ればいいとは、言える。
    本来の(正しい)科学的な療法を、否定したり忌避したりするようなことをしない限り。

    ..釈然としない感は、残りますけどね。[;^J^]
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年01月28日 18:22
    「頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある」
    というのは、あくまでも Wikipedia の記述ですからねぇ。
    思い返してみれば、多分、小学生の頃から、これは見えていたと思う。半世紀以上だ。今さら感も、ないことはない。[;^.^]

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年01月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31