mixiユーザー(id:7122386)

2020年08月02日18:01

34 view

大相撲七月場所千秋楽照ノ富士優勝決定

大相撲七月場所は本来名古屋場所なのですが、コロナの影響を受けて東京開催。観客も制限した上で受け入れていました。

横綱鶴竜は序盤で休場。優勝争いの先頭に立っていた横綱白鵬も終盤連敗して休場。優勝争いは朝乃山、御嶽海、正代、照ノ富士の4人に絞られていきました。

十三日目に照ノ富士が朝乃山を破ったものの、十四日目にその照ノ富士は正代に破れ混沌としますが、十四日目の結びの一番で照ノ富士と同部屋の照強が朝乃山を足取りの奇襲で破って十四日目を終えた時点で照ノ富士2敗、その他3力士3敗となります。千秋楽の結び前の一番で照ノ富士が御嶽海を破ればその時点で照ノ富士優勝決定、御嶽海が勝てば3敗力士3人による優勝決定巴戦突入という状況になりました。

照ノ富士◯−●御嶽海

立ち合い、照ノ富士がしっかり両まわしをつかむと暫く力をためた後、御嶽海を一気の寄り切り、見事優勝を決めました。

照ノ富士は怪我で大関陥落後序二段まで番付を落としましたが、今場所は幕尻で再入幕していて、序盤から好調で優勝争いに絡むようになり上位に休場者が相次いだこともあって幕尻優勝を果たしました。苦労人が優勝したことには僕も感慨が深いです。おめでとうございます。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する