ホーム > mixiユーザー(id:7122386) > mixiユーザーの日記一覧 > 「スカッとジャパン」(再配信)に中村静香出演

mixiユーザー(id:7122386)

2019年01月29日17:59

145 view

「スカッとジャパン」(再配信)に中村静香出演

昨日夜は、中村静香ちゃんの予告ツイートに従い、NHK・Eテレの「沼にハマってきいてみた」を見た後東海テレビ(フジテレビ系)にチャンネルを替え、「ネプリーグ」後半に引き続き彼女が出演するという表題の番組を見ました。

草野仁の、「“全然”の後には否定語をつけるべしと店員に難癖をつけるクレーマーに対し、“全然”に否定語が対応すると定められたのは戦後のことで、夏目漱石や太宰治も“全然”に肯定語を呼応させている用法があると知識を開陳して論破するエピソードや(国語学専攻だった僕は、文豪が“全然”に必ずしも否定語を呼応させている訳ではないことは知っていましたが、否定語との呼応が戦後定められたことだとは知りませんでした。) 霜降り明星・せいやの実体験の再現VTRでいじめを笑いで跳ね返したエピソードを楽しく見ました。

ただ、中村静香ちゃんがどこで出演したか確認できず、番組終了後、彼女のツイートのリプにその旨書き込んだら、他の方に番組終盤でショートショートスカッとのひとつに出演していたと指摘されました。そこでオンデマンド解禁を待って、さっきフジテレビオンデマンドでチェックしました。

満員のバスに中村静香ちゃん演じるりなっしー(VTR中では“里菜”と呼んでいました)ら2人連れが背中にリュックを背負った状態で乗車してきて、リュックが邪魔で後から乗車してきたおばあさんも奥へ行けないという状況になり、女性客がやんわり注意するもりなっしーは逆ギレする始末。その時その女性客の保育園児の息子が「保育園では満員の時は“ラッコ”になれと習うよ」とりなっしーに言ったら、流石にりなっしーも子供の指摘には逆らえずリュックを“ラッコ”のようにお腹側に回して対処したというお話でした。

スタジオでは、りなっしーを注意した子役の子がせいやに似ていると話題になり、今回はせいやがたくさん登場するという結論になっていました。

本当、本放送時、このコーナーの記憶が全くないです。僕ももうろくしてしまったのでしょうか?
0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月29日 18:59
    本放送時、チャンネルをそのままにして月9ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」を続けてウロっと見てたのですが、ストーリーの中心になったのが山崎樹範演じる“相楽”という役の登場人物でした。“さがら”繋がりで、僕の応援しているグラドル・相良朱音ちゃんのことを思い出しました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年01月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031