ホーム > mixiユーザー(id:70927) > mixiユーザーの日記一覧 > 熊瀞第51回:回答編

mixiユーザー(id:70927)

2019年12月05日15:55

113 view

熊瀞第51回:回答編

シューさん 朝フリバ 120曲
いつも自分がしている所を、電車の関係などもあり、シューさんにお任せして朝にしてもらうことになりました。90分枠なので120曲! つまり、朝から押せる!
10○ついたら終了

獲得
ファンタビジョン、テイルズオブデスティニー、アウトラン、謎の村雨城
エスプレイド、武者アレスタ、サイキックフォース、カービィボウル
ときめきメモリアル2、ボンバーキングで 抜け。

難易度バランスはもちろん人によるのでしょうが、とてもいい塩梅というか完成度の高いセットだと思いました。10○付いた後、知らない曲をフォローする役割を果たすことがあるのですが、それがなかったので、誰かしらに正解が出せる程度に難度が調整されていたんだと思います。一方で10の倍数に高難度という仕込みも。こちらのネタは1つ取れそうでナンバリングを外すという悲しみw またお願いしたいですね!

ぶどうさん
イントロ正解3点、その後も流してもし知ってる曲だったら1点
という知名度アンケートクイズ。2○ローテ
知ってる曲1点を加える作業を完全に忘れていたので、後から録音聴いて計算

押したの 15点
迷宮組曲、スペースマンボウ、ヴィーナス&ブレイブス
ブシドーブレード2、ソーサリアン
分かるとカウントしたのは 24点で39点でした。

気持ち有情なセレクトだっただけに、途中再生になっちゃうのが頻発したのは勿体なかった。とは言え、そんな仕様になるとは気づかないから難しいですね。イントロはリハがいるということかも知れません。

ツモソさん
チーム戦で、100のボックスを番号指定で順番に開けて、中にある画像を元にゲームタイトルや人物などを答えていく。見ただけで正解なら4点。ヒントを要求すると-1点されるが、正解を出しやすいヒントをくれるのでそれを要求しても良い。
自分と組んで頂いたのは、み、ZANA、シュー、エルネスト、NIKの6名チーム
自分たちのターンで引いた問題だけでも、コモドール64、ディスクシステム、PC-FX、ゲームギア、XBOXなどまあバラエティ豊か。ハードだけでも50種類出たということで、画面を見ているだけでも楽しいですね。チームの皆さんは、やはり得意ポイントがそれぞれ違い、得点に絡まずともお互い分かる範囲を補完出来ていい感じ。特にZANAさんのこみっくろーどと、エルネストさんの晦はファインプレーで、総合1位が取れました。

個人的に圧巻だったのは、はっぱさん。ご本人が所持しているカセットビジョン問を引いたり、コレコビジョンやスパカセのタイトルを当てたり、レゲーマスターの本領発揮でした。ヒントがかなり親切だったのでより減点大きめでもよかったかな? 知らないゲームの画面も沢山見られて眼福でした。こういうのはやっぱりまとまった数を揃えるのが大事。その上で時間配分難しいでしょうから、1時間なら50とか、そういう風に調整する感じでしょうね。力作でした。

初芝リックさん 音ゲー版権曲イントロ
時々やってくる、音ゲーに入っている版権曲でイントロだ!
音ゲー分かんなくても分かる曲が出る→普段とは違う正解分布になる→いいぞ
自分の範囲で言うならば、チャンスは着実に減ります。しかし、どこどこ正解が出されていくのを見るのはまあ楽しいのでいいのです。
取ったの
if you wer here、ナイツ、アサルト、アフターバーナー
少女終末旅行(more one night)、A-JAX
6つも押せた! まあ、そのうち4つはゲーム由来なので通常運転ですが。
それでも、少女終末旅行は嬉しいなー。DDRで低速テクニカル譜面なのが楽しくて何度もやった曲なのです。結局身体に染み付いたものは取りやすい。これですね。

ふるるさん 雪後オープンの敗者復活供養アンド問い読み
30問画像を見て、制限時間5秒で次々答えていく。タイムショックのやや長いスケールのもの的な。5秒は当然長考は不可! ついでに難易度はそう易しくもない。ということで、記憶の隙間をこちょこちょと擽る、ああ雪後オープンはこんなでしたねと再確認するようなやつ。アイアム・ア・ティーチャーを手編みの基礎とマリオのセーターまでしか思い出せずの減点が痛かった。 17/30 だったかな。

その後は、問い読み。スパルタンXのパンチとキック、点数の高い方→パンチで○
相変わらずのクオリティでした。


ケイさん 前回は実に180問もの問読みを作って頂きましたが、今回は50問ちょっとにプラス99人の壁企画!
まず問い読み。何でしょうね、クイズとして当然知っているものも多いんですけど、前フリのエピソードにそうだったの? 的な発見をするものがとても多い。そして、前回の僕の感想を見て下さったようで、タイトルを聞く時の年代、メーカー、ハードなどのヒントがほぼ常備されるように。いやー、気になった点が即潰されて、これもう本当に言うことない素晴らしいクオリティです。
獲得
サンソフト第一弾→スーパーアラビアン
再臨詔→久遠の絆
リングフィットアドベンチャーの同梱→リングコン
主人公の本庄大地→桜坂消防隊
リアン・フレムデを主人公とする風雅システムのゲーム→アマランス
青ディスクの書き換え→ディスクファックス

よもや、アマランスを答える日が来ることになろうとは。相当広い範囲をちゃんとさらった上で、ある程度バリューのあるものを成文化しているなーと感じました。自分より一回り以上お若い方の熱量というものを感じて、おじさんは嬉しいですよ……って、どういう立ち位置にいるのだ僕は。

そして、更に本命企画の99人の壁風クイズ。事前に作って欲しい問題テーマを3つ提出し、そのうちの1つを作ってもらえます。自分の送付は、ゲーム音楽作曲家、PC-9801シリーズのゲーム、スプラトゥーン2で、自分が絶対勝てるものというよりは、少しマニアックに誰かと対等な勝負が出来るというイメージかな。本当に勝ちに行くなら、テクノソフトとか、98エロゲとか、より厄介な選択をしたと思いますw

クイズの方はかなり本格的に番組の形式を踏襲。挑戦者とブロッカーに別れての、ドボンクイズや、1分間の多答クイズなど、僕は時々見るだけなんですが、かなり忠実に再現していました。画像もふんだんに用意され、最後の早押しも完備。他の人のテーマも、バーチャファイター、鈴木爆発、ウィザードリィ、ペルソナ、ゲームセンターCXなどピンポイントなものばかり。
で、自分のはゲーム音楽作曲家がセレクトされました。最初の作曲家の名前当ての所は、最後に若井俶さんが残るも何とか回答。続けて、女性の写真を見比べて1枚だけある漫画家を避けて作曲家を当てる勝負。ツモソさんの所で使われた下村陽子、更に佐宗さんまでは分かるが、そこから先は運。佐宗さんを取られつつも、運で凌いで勝利。続けて来たのが人物と所属当て。ここで光吉セガ、崎本ベイシスケイプと来て、大久保博さんをモナカと答えて死亡。バンナムでした。コナミ肥塚を取っておけばと思いつつも、最終的には酒井省吾→HAL研が分からずに死んだでしょう。悔しい結果ですがとても楽しかった!
そして、99人の壁がいかに高いものか、身を持って知るのでありました。


まなつかさん 聴視覚クイズ
イントロクイズやって、そしたら頭1文字だけ分かってる50あるボックスの画像を一つ引いて、タイトルを当てるクイズ。両方正解したら1○で2○で上がり。

AIR→き 木こりの与作で1○
高橋名人の冒険島→外す
えりかとさとるの夢冒険→ぞんびだいすきで2○抜け

権利獲得がイントロだったのがハードルになる所もありましたけど、2段階の仕込みというのは中々面白い試みでした。挑戦権獲得という感じ。問い読みでしてもいいかな。


熊瀞はここのところ盛況で、今回はMAX30人を越えたタイミングも少し。
30人だったとして、それを均等に楽しませることは難しくもあり、改めてレギュレーションについても、色々考えることがあるかなーという回でした。
それにしても、隔月ペースなのにこれだけネタが湧き出てくるの本当にすごい。
またよろしくお願いしますー。
8 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年12月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031