ホーム > mixiユーザー(id:7067927) > mixiユーザーの日記一覧 > コント55号が本当に面白かったのは一年間だけ。

mixiユーザー(id:7067927)

2019年07月17日14:06

116 view

コント55号が本当に面白かったのは一年間だけ。

萩本欽一 78歳で大学中退、再びお笑いへ…その原動力とは
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=145&from=diary&id=5709266
欽ちゃんは天才だった、それゆえの気まぐれやワガママを正面から受けとめていたのが二郎さんで、当時私は子供だったが、大笑いしながらも毎回ムチャぶりを受ける二郎さんが気の毒でたまらなかった。フジテレビがあっという間に、コント55号を消費し、酷使し、台無しにした。絶頂期は一年もなかっただろう。

二郎さんと別れた欽ちゃんは、タブーに挑戦した。シロートにつっこみ、シロートを舞台に上げた。それが欽どこのシリーズであったし、その最悪例が、あの『わらべ』ではなかったか。しかし、シロートがやがてプロに慣れてくると、リアクションは当初の輝きを失ってしまう。その結果、番組の視聴率が落ちていくことになる。

漱石の『門』の主人公が禅寺に救いを求めたように、老人の鬱を払う悟りを求めて、大学へ進んだのだろうか?しかし、学問は欽ちゃんに平安を与えられなかったんだな。

再びお笑いといっても、昭和ではなくもう令和だ。二郎さんもとっくにいない。お笑い老人の明日はどっちだ?
5 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月18日 11:34
    こんにちは 

    コント55号 子どもの頃の記憶ですが・・欽ちゃんに怒られてばかりいる二郎さんという印象がずっと残ってます ボケとツッコミだったと今ならわかりますが子どもの私にはいじめられているようにしか見えませんでした
    相方を貶めるようなツッコミでとる笑いなら・・・いらないです

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年07月18日 14:06
    > mixiユーザー コメント、ありがとうございます。ああいう暴力的な、即興的なツッコミが当時は革命的だったんですね。55号のあとはドリフだったけど、ドリフの場合は完全に子供対象の笑いで、長介VS加藤ちゃん・志村のバトルは、そのまま大人=親・教師と反抗する子供たちの図式でした。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年07月>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031