ホーム > mixiユーザー(id:7067927) > mixiユーザーの日記一覧 > あのね、ぼくね、から成長したのだろうか?

mixiユーザー(id:7067927)

2018年12月17日23:16

84 view

あのね、ぼくね、から成長したのだろうか?

元貴乃花親方“50歳差”瀬戸内寂聴氏と初対談で心機一転「改めて頑張ろうと…」
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=54&from=diary&id=5423227
宮沢りえとの婚約破棄のとき、オレが悪者になればいいから、ということだったのらしいが、それもひとつのナルシスティックなヒロイズムだろう。今回の相撲界から身を引くことも同じ。

思いこむ力は並みはずれている。しかし、それが上手くいけば結果オーライだが、ひとつボタンを掛け違えると、頑なになって、カオスになることはいつも同じ。他人も家族も社会もメディアも、その過度な期待とガッカリ感も同じ。相撲をとることしか知らなかった、教わらなかったというのは悲劇だ。

確かに大横綱であった。しかし、私はそこに梶原一騎のマンガ『巨人の星』を思い浮かべる。野球も、相撲も、人生のすべてではない。すべてを犠牲にして心中すべきものなのか?それはどこかの宗教の過激派と、かつての愛国の青年将校と変わらない。

私たちの人生には多くの選択肢がある。ひとつの道しかないという思い込みがもたらす失敗したときのショックは計り知れない。野球も、相撲も、30代初めが限界なのだろう。そのあとの人生が圧倒的に長いことを知らないふりをするのは愚かでしかない。


2 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月18日 00:34
    大阪の中学三年生の野球をしてる子で、投打に突出している(と紹介していたと思う。スカウトが40〜50件来ているといってた)選手で周囲は「将来プロ野球選手に!」と期待していますが、当の本人は「社会人野球希望」。理由は「プロ野球は選手生命が短く、辞めた後不安定だから。社会人野球なら野球を辞めた後も安定してるから」だそうです(笑)。堅実だけどそれもなぁ。。。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年12月18日 08:08
    硬い言い方をすれば、一流アスリートにおけるセカンドキャリアの問題ということになるわけだけど。昔、東大からプロ野球へ行った選手がいたけど、案の定通用しなかった!(笑)でもかれは英語を活かして、球団職員となってアメリカのメジャーリーグとの交渉責任者になった、ことがあった。東大は強いなあ!やっぱり勉強だってやんなきゃいかんのや。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2018年12月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031