mixiユーザー(id:7050111)

2020年05月29日11:01

28 view

レッツゴーヤングでアリス特集

昨日、ケーブルテレビで昭和56年12月ごろの「レッツゴーヤング」を見た。
アリスが活動休止して1か月くらいのことで、番組の終盤にアリス特集をしていた。
いきなり野口五郎を中心に「ハドソン河」が歌われ、次に太田裕美が中心になって「帰らざる日々」、そして、「ジョニーの子守唄」、「冬の稲妻」、「チャンピオン」とそれぞれ短縮バージョンながら華やかに歌われていた。
最後、「南回帰線」が歌われて番組のフィナーレとなったが、まあ、これは厳密に言えばアリスではないものの、盛り上がった感じにはなっていたね。
「ハドソン河」の選曲には驚かされたし、「チャンピオン」のベーヤン・パートが田原トシちゃんというのも面白かった。
以前に見た「レッツゴーヤング」では「エスピオナージ」もカバーされていたし、アリスがいかに多くの歌手に愛されていたかが強く感じられた。
ちなみに、番組の途中では雅夢が「秋時雨」を演奏していた。レッツゴーヤングの空気が固まってしまうくらい暗い雰囲気になったけど、いい感じだったなあ。

4 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月29日 12:22
    野口五郎さんのハドソン河は何年か前に見て(え〜っ、なんでこの歌が〜exclamation & question)って信じられない思いでした

    ほかにもたくさんですね
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月29日 12:35
    > mixiユーザー 
    太河陽介さんが特にアリスが好きなんじゃないっすかねえ?はりきってるように聞こえました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月30日 18:51
    > mixiユーザー 「エスピオナージ」のEP盤をお持ちとは渋い!この曲が発表されたのがこの年の4月で、たきの野外ステージだったのです。高校3年生にもかかわらず出かけていた僕。(汗)その1か月後に休止が発表されて愕然としたのを思い出します。
    雅夢、僕も好きだったんですが、あまりに暗いのが多くてついつい離れてしまいました。
    でも、坪和くんのライブで生でうかがって、三浦さんの歌声のすごさを再認識したしだいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する