mixiユーザー(id:7049076)

2021年07月24日22:14

117 view

BA韓国は、オリンピックでも反日報道に血道を上げている。

写真を御覧ください。 存在しない『旭日旗』を、妄想のみであるとでっち上げ、日本を避難している始末。

-------------------------------------------------
東スポWeb 7/24(土) 13:38配信

 韓国メディアが東京五輪の開会式に牋案旗演出瓩あったと問題視した。

 韓国紙「中央日報」はインターネットのコミュニティーサイト上の指摘をもとに「東京五輪の開会式で牋案旗コード瓩隠れているという疑惑が提起された。選手たちの移動経路を作った際に、超大型の旭日旗を形象化したという疑惑だ」と報道した。

 問題視されたのは開会式の中で各国選手団が入場する際に、選手たちの動線と立ち位置を誘導する案内員の配置の陣形だ。

○写真左
空中からの写真では、中央に大きな円形のスペースが作られたうえで、放射状に人員が配されている。これが旭日旗を連想させ「中央の大きな円とその円に向かって複数の方向から直線的に集まる形は旭日旗のパターンと同じである」と同紙は指摘。「全世界の選手一人一人を集めて大旭日旗の形を作ったという意味を込めた疑惑だ」と糾弾した。

○写真右
 同紙はスタッフが配された位置を赤い線でかたどり、旭日旗に見えるように強調する写真がコミュニティーサイト上に投稿された様子も伝えている。

 そのうえで同紙は「日本はいくつかの種目のユニホームデザインにも旭日旗のパターンを表現して議論を巻き起こした。日本は旭日旗を使用する行為を制止していない。韓国選手団がいる選手村に向かって旭日旗を振るデモが行われたが、警察の制止を受けなかった」と主張。韓国では旭日旗を巡る動きに神経質になっている。

 韓国で突如浮上した旭日旗演出問題は大きな波紋を呼びそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/706ec6507e2883906075142f3b8b3cd281e950a0
--------------------------------------------

*****MISIAの君が代独唱にもイチャモン。*****
>韓国メディア「日本のトップ歌手MISIA、東京五輪開幕式で日本帝国主義の象徴『君が代』歌う」⇒ メディアセンターの海外記者が一斉に拍手したシーンは、MISIAの『君が代』独唱のシーンだった 
------------------------
韓国メディア

天皇の時代が永遠に続くことを念願する内容
日本極右勢力の靖国参拝時に主に歌い
帝国主義の象徴として日本国内でも議論
過去、安室奈美恵は君が代斉唱を拒否

日本を代表するトップ歌手ミーシャ(MISIA・43)が東京オリンピックで日本帝国主義の象徴である「君が代」を歌う。

今日(23日)、スポーツ報知など多数の現地メディアは歌手ミーシャがオリンピック開幕式で君が代を歌うと報道しました。君が代は日帝時代から今日まで使われている日本の国歌で、「天皇の統治時代は千年万年続くだろう。石が大きな岩になり、その岩にコケが生える時まで」という歌詞を含んでいます。

君が代は1945年、第2次世界大戦敗戦後廃止されましたが、1999年、日本政府が国旗・国歌に関する法律を通じて国歌に法制化されました。

しかし、旭日旗が問題視される理由と同様、君が代は戦犯の象徴および天皇に対する礼賛歌と解釈できるので、日本国内でも論議を起こしたことがあります。日帝強制占領期、挑戦総督府は朝鮮人を日本の臣民にするために君が代を一日に1回以上歌う様にし、現代は日本極右団体が靖国神社を参拝する時、主に歌うからです。

このような理由で日本トップ歌手、安室奈美恵は1999年、アキヒト天皇即位10周年記念祝宴と2000年、沖縄で開かれたG8首脳会談で君が代提唱を拒否しました。当時、安室奈美恵は「私は沖縄出身だ。沖縄では君が代を教えない学校が多い」と明らかにしました。沖縄は19世紀、日本に吸収統合された「琉球王国」にルーツを置いています。

一方、1998年デビューしたミーシャは去る2004年、女性ソロ歌手で初めて5大ドーム ツアーに成功するなど現在、日本を代表する歌手です。2008年9月にはソウル・オリンピック公園フェンシング競技場で初めての来韓公演をしました。

[チャ・ユジェ、デジタルニュース記者]
ソース:MBNニュース(韓国語)トップ歌手ミーシャ、オリンピック開幕式で'日帝国主義象徴'君が代呼ぶ
https://www.mbn.co.kr/news/world/4557861

>東京五輪の開会式で、メディアセンターの海外記者が一斉に拍手したシーンとは?

7月23日、オリンピックスタジアムで東京五輪の開会式が行なわれた。

 無観客で開催された今回のオープニングセレモニー、各国のメディアは入場を許可されたが、人数の制限があり、「ハイデマンドチケット」という特別な券がなければ、会場に入ることができない。残念ながらチケットを手にできなかった筆者は、都内のメディアセンターでテレビを通して、その模様を見守ることになった。

そのメディアセンターで、海外の記者が一斉に拍手を送るシーンがあった。歌手のMISIAさんが、「君が代」を独唱した場面だ。

 日本の国歌に対するリスペクトという面もあったのかもしれないが、その歌声に圧倒され、思わず手を叩いて称賛の意を表わしたという印象だった。
 日本が誇る歌姫の美声は、世界の記者たちのハートにも刺さったようだ。

文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)
https://news.yahoo.co.jp/articles/412d31501adea953bad122a48c39d61d54f496b2
------------------------------------




■開会式、海外でどう報道 「控えめ」評価、反発も紹介
(朝日新聞デジタル - 07月24日 15:38)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6603441
8 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年07月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031