mixiユーザー(id:7049076)

2020年07月31日16:18

185 view

正しく理解しよう、 PCR検査の意味。 そして、感染者の意味。

 感染危険性のある人々への検査数が増えているので、当然のごとく、発見される感染者が増えている。 ただし、感染と判断されても、不発症者および症状が軽微な人の占める割合が大きい。 重要なのは、重症者数と死者の増加の様子だ。こちらは、ピークを過ぎたあとずっと低レベルで推移している。 すなわち、危険なレベルではなく、闇雲に不安がるのは愚かなことだ。
 武漢コロナの撲滅は不可能だ。どのように、人類がこの病魔と折り合いをつけるかが重要なポイントである。
 万能な治療薬は見いだされていないが、そこそこ効果のある治療薬は見いだされている。また、ワクチンの研究も進み、すでに、治験に入っているものもある。いつ実現するかは不明だが、程なく見いだされると期待してもいいだろう。

 三密をさけ、マスクの着用、手洗いの励行等の基本を守りつつ、経済が失速しないよう活動の輪を広げていくべきかと。

 増えている感染者の殆どが、基本事項をおろそかにして、飲食したり、イチャイチャしたりした結果によるものだという事実をきちんと見据えよう(笑。

↓よく読んで理解しよう↓
○【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスクとの向き合い方
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/07/pcr-4_1.php


--------------------------------
■東京の感染者、新たに463人 7月の累計6466人
(朝日新聞デジタル - 07月31日 12:15)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6177687
--------------------------------
10 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 17:21
    前半は同意ですが、後半には同意出来ませんね。

    新型とは言え、コロナは風邪の病原体の一種。
    風邪には特効薬はありません。
    その理由は、病原体の種類が多い上に変異が早く薬の開発が追いつかない事と、ほとんどの人が自然治癒してしまうからです。
    これは、医療関係者なら誰でも知っている事らしいですよ。
    だから、テレビでワクチンや薬を口にする病院関係者はウソを言っていると思って間違いないです。

    で、マスクが感染予防にならない事は、検索すれば幾らでも出て来ます。
    三密も、街中に感染者がいれば、と言う前提です。
    都内で毎日3000人もの検査していて、その内陽性(感染ではない)反応が出る人が一割。
    その程度しかいない人と接触する可能性がどのくらいあるのか。
    また、現時点で無症状の人からの感染はほぼ否定されています。
    そう言う状況で三密などをする理由がありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 22:10
    > mixiユーザー 
    横レスですが、マスクは、感染予防の為にするのではなく、他人に飛沫感染させない為の行為です。その事くらい、日記主さんも心得てますよ。

    感染予防の為のマスクとなれば、N95とか言う医療用の高性能マスクだけでしょ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 22:47
    この押谷教授へのインタビューで、PCR検査の感度が70%、そして偽陽性の出ることを問題にされていますが、感度の問題は、検査法そのものに起因するものではなく、検査の時期が大きなファクター。偽陽性は、事前確率を上げる、他の検査法を併用する、繰り返し検査することでカバーしうる。偽陽性の方への人権侵害を述べているが、それはレプロシー等での人権侵害とは意味が異なる。押谷教授は、当初検査をすべてに行うには、検査キャパを超えていたので、クラスター追跡にしたと、4月に述べていました。要するに、政権、厚労省、専門家会議は、検査を制限することで、利害が一致し、制限し続けてきた、ということでしょう。現在は、感染爆発に近い状況で、必要な検査数が、検査キャパを超えている状況になっています。政権・厚労省、そして彼らの立場の代弁者、追認者たる一部の専門家の述べることには、大きなバイアスがかかっています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年07月31日 22:51
    マスクは絶対ではありません(距離を取ることがより重要)が、感染予防のある程度の効果はあります。特に、自分から他の人に感染させるのを防ぐ効果はかなりある。ただ、マスクでも単なる布マスクではだめで、最低不織布マスク(電荷によって飛沫を捕獲する)、さらにそれに密に編み込まれた布マスク(物理的に飛沫をブロックする)を重ねたものが必要です。Lancetという医学誌に最近大規模なメタ解析の総説が載っています。WHOのサイトにも、マスクの有用性についての論文があります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 08:18
    > mixiユーザー 

    インフルエンザも風邪の一種で毎年変異してますけど、
    ワクチンも治療薬もあって、どちらもある程度効果があることもわかっています。
    「風邪」という概念が広すぎるのが原因でしょうけど、
    同じ風邪でも軽くかかって後遺症のないものもあれば、
    回復せず死に至るもの、すさまじい後遺症を残すものもあります。
    それが新型コロナです。
    少なくても、これまであった、旧型のコロナと新型を「同じ」と考えるのは
    間違いである上にとても危険です。
    頭のいい親切な優しい人ばかりの一族に、他人を殺すのが好きな人間が急に生まれたようなもの。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年08月01日 10:27
    > mixiユーザー そうです自分の飛沫で他人へうつさないための心使いですね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031