mixiユーザー(id:7049076)

2020年04月09日15:49

38 view

国連ニュース 中国の飼い犬・テドロス会見発言全文。

https://news.un.org/en/story/2020/04/1061392  (英文)
−−−機械翻訳
世界保健機関(WHO)の責任者は水曜、団結がこの病気を倒すための「唯一の選択肢」であるため、COVID-19のパンデミックは政治化されるべきではない、と述べた。

Tedros Adhanom Ghebreyesusは、火曜日に同庁で行われた批判に応えて、「私の短いメッセージは、COVIDを政治化することを検疫してください」と強調して述べた。

言っWHOチーフ:「我々は宗教的なラインを越え、党の行に渡って動作するはずです私たちは指を指して時間を無駄にはできません。」

この病気を「公の敵ナンバーワン」と表現し、同時に世界的な連帯の必要性を強調した。

「今のところ、ウイルスとの闘いに焦点を当てるべきです。多くの未知数があり、将来どのように振る舞うかは私たちにはわかりません」と彼は言った。

テドロスは、冷戦時代に米国と旧ソビエト連邦がいかにして天然痘の根絶に取り組んだかを思い出しました。

「そして今、米国と中国は一緒になってこの危険な敵と戦うべきです」と彼は助言しました、そして「世界の他の国々はそれと戦うために集まるべきです」。

世界中で6万人以上がこの病気で亡くなったため、テドロスは、共通の統一戦線がなければもっと多くの人が死ぬだろうと警告しました。

「私たちが多くの命を失ったことは非常に悲惨です。現在の状況から、私たちは命を救うためにあらゆる努力を続けます。もちろん、このような公衆の敵である危険なウイルスに直面したとき、私たちは定期的な評価、長所と短所を実行します。私たちは自分の過ちから学びたいのです。」

テドロス氏は、WHOが12月末に中国の武漢で最初に発生した「原因不明の肺炎」について知らされてから3か月で、人種差別的なコメントと死の脅迫さえ受けたことを明らかにした。

「誰が私のことを言っているかは気にしません。彼は命を救うことに焦点を当てたいと思います」と述べた。

揺るぎないコミットメントの100日間
WCOが新しいコロナウイルスについて最初に通知されてから木曜日が100日とマークされ、テドロスはこの期間中の機関のアウトプットの概要を説明しました。

「このような短期間で世界がどれほど劇的に変化したかを振り返ることは信じられないことです」と彼は述べた。

国連保健局長は、WHOが準備と対応の両方で国を支援すること、病気を取り巻く「情報流行」に対抗すること、および最前線の医療従事者に医療機器の供給を確保することを含む5つの主要分野で「昼と夜」働いていると述べました。

「これまでに、133か国に200万個以上の個人用保護具を出荷しており、今後数週間でさらに200万個の製品を出荷する準備をしています」と彼は言った。

「私たちは100万件を超える診断テストをすべての地域の126か国に送ってきました。しかし、さらに多くのことが必要であることはわかっています。これはたりない"。

WHOと、国際商工会議所や世界経済フォーラムを含む民間セクターのパートナーは、必須医薬品の生産と流通を強化しています。

国連機関は、水曜日に発足したUN COVID-19サプライチェーンタスクフォースにも貢献しています。

テドロスは、世界中の130人の科学者、資金提供者、製造業者も、COVID-19に対するワクチンの開発を加速するためにWHOと協力することを約束する声明に署名したと付け加えました。

「過去100日間、私たちの揺るぎないコミットメントは、公平性、客観性、中立性で世界のすべての人々に奉仕することでした」と彼は述べた。「そして、それが今後数日、数週間、数か月の間私たちの唯一の焦点であり続けるでしょう」。
-----------------------------------------------------------





■「米中、協力してウイルスと闘って」WHO事務局長訴え
(朝日新聞デジタル - 04月09日 11:05)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6040262

 新型コロナウイルスへの対応をめぐって対立する米国と中国に対し、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は8日の記者会見で「協力してウイルスと闘うべきだ」と訴えた。トランプ米大統領がWHOを「中国中心だ」と非難したことを受けて記者の質問に答えた。トランプ氏はWHOへの資金拠出の停止を検討するとしているが、テドロス氏は影響について答えなかった。

 トランプ氏は7日の記者会見で「WHOは私が実施した(中国からの)渡航制限を批判した。多くのことで間違っている」などと批判していた。

 これに対し、テドロス氏は「できることはすべてやってきた」としながら、過ちも含めて事後に検証する考えを示した。そのうえで今はウイルスと闘って人命を救うことに集中するときだと強調。冷戦時代に米国とソ連が天然痘撲滅のために手を結んだことを引き合いに「米国と中国は協力をしてこの危険な敵と闘うべきだ」と訴えた。米中に加え世界中の結束も呼びかけ、「正しく行動しなければ、我々の目の前に遺体の袋が増えてゆく」と警告した。

 テドロス氏は、各国の国内政治が政党やイデオロギーなどの違いを超えて結束することも大事だと訴え、「亀裂があれば、ウイルスはそこにつけ込んで入り込む」と述べた。「このウイルスを政治問題化しないでほしい」と呼びかけた。
-----------------------------------------
4 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月09日 16:05
    黒人って、やはり馬鹿ですね。支那はよくやっているexclamationって発言し、数ヶ月も公表しなかったことを黙殺し、トランプの発言と、アメリカの行動に、チャチャ入れたのは、この黒猿。恥を知れ、アフリカ土民が
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月09日 16:08
    > mixiユーザー 、
     めっ、 黒人を侮蔑してはなりません。 テドロスは、猿です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年04月10日 06:51
    トランプたん切れて、「WHOには、もー金出さんexclamation」言うとるよん。日本も金出すの止めたら?中国に出して貰えば良いんだよ。だってチャイナ保健機関なんだろ?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930