ホーム > mixiユーザー(id:7049076) > mixiユーザーの日記一覧 > 問題の展示「ジャパン・アンリミテッド」の戦慄すべき内容。

mixiユーザー(id:7049076)

2019年11月07日11:36

69 view

問題の展示「ジャパン・アンリミテッド」の戦慄すべき内容。

 こちらにく詳しく展示内容が紹介されています。ぜひご覧ください。

□「ジャパン・アンリミテッド」は丸ごと反日プロパガンダ展なのか…!?
https://bibouroku-jpn.com/japan_unlimited/

この展示の問題点を最初に指摘したのが、shin @shin_shr190506さん、SNSを通じまたたく間に情報は広がり、心ある国会議員が動いて、めでたく外務省公認取り消しとなりました。ことの重大さを認識したスポンサー(ANAやNECなど大企業)も次々に降り、主催団体は惨めなおもいをしているとか。
芸術の名や、表現の自由を悪用した「反日プロパガンダ」が横行するこの頃、こまめに対処していく必要があります。

取り消しまでの顛末はこちらで。
■ 発端は10/27のツイート
 【ここから国会議員や外務省まで動く事態へ】
https://togetter.com/li/1425051




↓悔しさあふれる、朝日の記事。
  なお、記事中の「日本の総理大臣を名乗る人物」を演じていたのは、
  「芸術家」を名乗る反日活動家・会田誠です。
  公認中止になり、悔しさのあまり発狂の模様。
  -----
  会田誠 氏は
  『作品見て騒いでる人たちも、作品の一部』みたいな事を言っていたのに、
   僕が発したツイートから
   国会議員の先生が動き
  外務省が【JAPAN UNLIMITED】の
  の公認を取り消し
  スポンサーも逃げ始めた途端に

  >『おう、そこのポチ』
  と僕のことを恫喝してくるのは
  何故なのでしょうか?
  https://twitter.com/shin_shr190506/status/1190243956602204165/photo/1


---リンク元記事:(朝日新聞デジタル - 11月07日 07:19)
■ウィーンの日本展、内容理由に大使館が友好事業取り消し
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5854705

 オーストリアのウィーンで開かれている展覧会「ジャパン・アンリミテッド」をめぐり、在オーストリア日本大使館が10月末、展示内容を理由に、両国の友好150周年事業としての認定を取り消していたことがわかった。展覧会には日本の戦争責任や東京電力福島第一原発事故に触れた作品が出品されているが、大使館は「友好を促進するとの要件に合致しない」とのみ理由を説明している。

 展覧会はウィーン中心部の複合芸術施設「ミュージアム・クォーター」が主催。オーストリア外務省が協力し9月下旬に始まった。両国は今年で国交樹立150周年。認定を受けた記念事業は、日本政府の支援を意味するロゴマークを使用できるが、今回の展覧会に日本の資金助成はない。展覧会は11月下旬まで予定通り続けられる。

 展示の中には、安倍晋三首相に似せた日本の総理大臣を名乗る人物が鎖国を訴えたり、過去の戦争について中国と韓国に謝罪したりする美術家の会田誠氏の動画作品や、東京電力福島第一原発事故の謝罪会見を題材にした作品がある。

 一時中止になった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」に参加した芸術家集団「Chim↑Pom(チンポム)」なども参加している。

 大使館によると、今年1月に認定をしたが、展示についての問い合わせや批判が寄せられたため、内容を改めて検討。10月30日付で認定を取り消し、主催者側に伝えた。「両国の相互理解を深め、友好を促進するという要件に合致しない」というのが理由で、個別の作品にはコメントしないとしている。外務省全体としての判断だという。
-----------------------------------
7 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月07日 11:38
    会田誠氏の件:『【JAPAN UNLIMITED】は在オーストリア日本大使館「150年オーストリア日本友好】の公式イベント』とのこと/『韓国の美術展で、美術家・会田誠氏の旭日旗パフォーマンスが中止となった』という報告も

    https://togetter.com/li/1423744
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月07日 11:41
    共同通信の奇妙な記事。

    □ウィーン市民、けげんな声 芸術展の日本公認撤回
     共同通信社 2019/11/06 17:29

     【ウィーン共同】日本とオーストリアの国交150年記念事業として首都ウィーンで開かれた表現の自由に焦点を当てた芸術展で、日本政府側の公認が撤回されたことについて、ウィーン市民からは5日「正々堂々とした行為とは思えない」などと、不寛容さにけげんな声が上がった。

     安倍晋三首相や東京電力福島第1原発事故を批判的に扱った日本の芸術家の作品も並ぶ展示会。大学で日本語を学んだ診療所勤務の女性市民は「日本の良いところも悪いところも知ることができて良い」と話した。

     展示会で学芸員を務めたマルチェロ・ファラベゴリ氏は、1カ月以上たってからの撤回を不思議に思っていると述べた。

    https://bit.ly/32pPHJV
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月08日 21:31
    会田誠がしゃしゃり出てきた辞典で、きな臭さを感じてしまうのは私だけ?

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する