ホーム > mixiユーザー(id:7049076) > mixiユーザーの日記一覧 > 五輪エンブレム:身内(それとも黒幕)が、燃料補給

mixiユーザー(id:7049076)

2015年08月26日18:21

479 view

五輪エンブレム:身内(それとも黒幕)が、燃料補給

 老害が、発言したことで、新たな疑問が発生。燃料補給で燃えさかり、いよいよ、事態は混沌化。

*要約
-------------------------
・審査は、グッズやデジタルメディア、会場での展開可能性も含めて選ばれた。
 最初の案は少し違っていた。 〜劇場ロゴとは似ていなかった。
・商標を調べたところ、ほかに似たようなものがあったようだ。 
 そのため、最初のイメージを崩さない範囲でパーツの位置を一部変えるなどの
 微修正を、大会組織委員会の依頼で何度か施した。

 審査委員に修正過程は伝わっていないが、皆さん最終案を承認したはずだ。
-------------------------

 原案は、劇場案にはにていなかった、しかし、微修正を加えたら似てしまった。
佐野案の構成要素は、九分割スペースに嵌めこまれた、6このピース。この構成を変えたら、微修正ではなくなる。
  ・で、微修正とはなんだ? 
    →原案と、抵触する可能性のあった既商標を提示しないとなんの
     説得力もない主張。
 ・そもそも、既商標に抵触することが判明した時点で、次点を選出すべきではないか?

・佐野の行った釈明会見の内容が、がらがらどんと崩れる。
 あの、独自デザインである証拠として持ちさした、『誰も読めない』と思われる粗製濫造アルファベット集はなんだったのか?


重要:応募の104案と、最終選考の残り2案を提示しないと、
    佐野作品が、なぜ選ばれたのか、闇の中である。

    応募者を排除するのが目的と思われる、異様に厳しい選考基準の
    理由の説明も必要だ。(身内で回している賞を2つ以上とっていなければならない)





---リンク元記事:(朝日新聞デジタル - 08月26日 05:30)
■五輪エンブレム当初案「劇場ロゴと似てない」 審査委員
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3583833

 2020年東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、アートディレクター佐野研二郎さんの案を選んだ審査委員の代表、永井一正さん(86)が、現在公表されているものは応募案を一部修正したものだと明かした。騒動後、永井さんが取材に応じるのは初めてで、「ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった」と述べた。

 永井さんは日本を代表するグラフィックデザイナーの一人で札幌冬季五輪のシンボルマークを手がけた。

 審査委員は、ほかにグラフィックデザイナーの浅葉克己さんら7人。永井さんによると、応募104案は作者名を伏せた状態で番号だけで審査し、3案に絞った後、議論の結果、佐野さんの案が選ばれた。他の2案は原研哉さんと葛西薫さんによるものだった。

 審査では「五輪とパラリンピックのエンブレムが互いに関連しつつ区別がつくかどうかや、メディアやグッズ、会場で使われる際の展開可能性も検討された」という。

 その後、大会組織委員会が佐野さんの案を商標登録するために、世界中の商標を確認。永井さんは「(原案と)似たようなものがほかにあったようだ。そのため佐野さんの案は、元のイメージを崩さない範囲でパーツを一部動かすなど、組織委の依頼で何度か微修正された」とした上で、「最初の案は(類似性が指摘されている)ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった。盗作ではない」と話した。

 組織委によると、ベルギーの劇場ロゴは商標登録されていなかった。修正されたものを各審査委員も確認し、発表されたという。

 永井さんは「個人的には、ほかの応募案や審査の過程も公表した方がいいと思う。これまで組織委からはコメントしないように言われていたが、これ以上勘ぐられるのはよくないということで、『もう話してもらっていい』と言われていた。このエンブレムがCMなど色々な形で使われてゆけば、よさが伝わると思う」と語った。

■永井一正さん「シンプルな形、似やすい」

 2020年東京五輪のエンブレム問題で、審査委員代表を務めたグラフィックデザイナーの永井一正さん(86)が、アートディレクター、佐野研二郎さんのエンブレムは一部修正したもので、応募段階の当初作はベルギーの劇場ロゴマークと似ていなかったことを明かした。永井さんとの一問一答は次の通り。
-------------------------------------------

 佐野擁護のデザイナー連中が、繰り返し主張する、単純な図形の組み合わせでのデザインは、どうしても似てくる という アホ理論。
 制約のなかで、いかにオリジナリティをだすか?というのが、デザイナーの技量であろう。
エンブレム製作条件に、「短銃な図形の組み合わせに限る」というのではないのだから、自由に、想像可能だったわけである。姑息な言い訳にしか過ぎない。

 日本の法廷であれば、デザイン制作の過程で、たまたまにてしまった、との論拠にはなる説明だが、ベルギー法廷では無理筋だと思われる、姑息な主張でもある。
6 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 18:23
    五輪ネタ:重要文書:「桜」の招致エンブレムが使えない理由 http://www.poc39.com/archives/4070
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 18:27
    審査委員の発言で、新たに明らかになった「3つの疑惑」

    1.次点作品を採用せずに修正の謎!

    なぜ、多数の応募作品がありながら、全てのデザイン選考の基本的な要件である
    「他の作品と似ていることが分かった時点で、原案の受賞(内定)を取り消して他の作品を選ぶ」
    ということをしなかったのか?

    2.アルファベット作成時期の謎!

    ベルギーのロゴとの係争に対する釈明ではアルファベットフォントを示して、当初の発想コンセプトの違いを強調したが、
    あのアルファベットは原案のものではなく後の修正後デザインのパーツを元にしたものである。
    では、当初の発想コンセプトの元だというアルファベットを作成したのは、一体いつになるのか?

    3.ピンタレスト登録日の謎!

    ベルギーが参考にしたのではとしているピンタレストに関して、当初は「見てない」、続いて「登録日がロゴ応募締め切り後(従ってこのサイトから盗用は困難の意)」と修正したのが佐野氏側からの説明だった。
    しかし、応募時点での原案は今のデザインとは異なるもので、応募後に原案を修正したということが今回明らかになった。
    つまり、問題の現行デザインは結局ピンタレスト登録日の後に作られたものではないのか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 18:29
    記者会見おさらい

    佐野「TをモチーフにしたデザインをしたのでベルギーのTとLと全く違う」
    佐野「グリット分割してデザインしたので完全に違う」
    佐野「最初から展開性・拡張性も考えてA〜Zをデザインした」
    佐野「赤い日の丸を心臓の位置に配置した」
    記者「右下の銀は? 」← 佐野「えっと・・その・・Tの片方を下におろした」
    別記者「銀の位置などは亀倉氏のロゴに触発されたんですね」←佐野「そ・そうです」
    佐野「フォントは明朝系の力強いフォントを使用したのでベルギーと異なる」
    佐野「ロゴのメインである長方形の黒は五輪マークの黒輪(アフリカ・カラーw)と同じ黒にした」
    佐野「金・銀・黒・赤は日本の独自の色なのでスペインとは違う」
    記者「ピンタレストは観たか?」←佐野「全く観たこともない!」

    佐野「たった一人で徹夜して悩んで造ったとても可愛い子供です」
    佐野「よって類まれな作品であり細かい箇所もコンセプトも表層的にも全く違い事実無根」

    記者「コンペ経過は?」←佐野「最初のプレゼン後、審査委員からパクリ疑惑ありとアドバイスを受けブラッシュアップしたので問題ない」←えっ

    電通の槇「商標登録済なのでドンドン使って欲しい」「ここまで説明したらベルギーも分かってもらえるはず」←あらら
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 20:48
    ネット上の著作権に関して原告側の証明義務のハードルは下がってる
    http://amana.co.jp/corporate/news_releases/2015/08/news15082013.html

    ネット上に公開されているものは、端末さえあればどこからでも参考にできるから
    同じ場所にアクセスしていた事さえわかればそれでいい。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 21:02
    なんと公式HPすら,パクリだった。

    公式:
    https://tokyo2020.jp/en/emblem/

    パクられ:
    http://www.art-it.asia/u/admin_ed_feature/ivGu7VY4lA3z1XMBNeoP
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 23:00
    「五輪エンブレム原案は公表せず 五輪組織委『訴訟中のため』」
    (2015年8月26日 18:34 −スポニチ)
    ttp://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/08/26/kiji/K20150826011009970.html

    >永井氏は応募した全作品の公開を求めたが、
    >組織委は「他の作品を含めて公開する予定はない」とコメントした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月26日 23:01
    「佐野五輪エンブレムは超級の駄作!/純丘曜彰 教授博士」
    ( 2015年8月26日 16時30分−INSIGHT NOW!)
    ttp://news.livedoor.com/article/detail/10514662/

    > 1:中心にあって全体の三分の一をも埋め尽くす黒ブロックの閉塞下降感、
    > 2:ナチス・フラッグを想起させる陰鬱で特殊な色遣い、
    > 3:異物として動きを止めている右上の梅干と進出色の右下銀パーツという構成の失敗、
    > 4:Tもどきモティーフに精神的根拠が無い、という四点などからして、
    > この「作品」は、国際的な場での使用に耐えない。

    > これほど欠陥だらけ、問題山積の「作品」が、錚々たる一流デザイナーたちの
    > 応募作を抜いて選ばれ、もともと他のものに似ていたのに修正に修正を重ねても
    > なおまた結果として他に似たものが出てくるほど、オリジナリティ皆無の出来、
    > などというのは、審査の過程に露骨な不正があったか、
    > 審査に関わった肩書のある人々が誠実ながらも真の審美眼に欠けていたか、
    > 日本のデザイナー業界全体のレベルが著しく低くて、どうやっても
    > これ以上のものを作れないのか、のいずれかでしかないのではないか
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月27日 08:00
    > mixiユーザー 

    公式のほうは画面のバグかと思いました。
    パクリられ側のほうは立体感があって、文字通り奥が深いですね。ほっとした顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月27日 10:08
    >しんの字  さん

     パクリ劣化ですもん。製作者の才能の無さが際立ちます。
    何のインパクトもなく、気味の悪さだけが残ります。

    ------------------
     リオのエンブレム(本文に掲載)は、すごく、良く出来ていると思います。
    優れたデザイナーの仕事の見本ですね(笑。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031