ホーム > mixiユーザー(id:7049076) > mixiユーザーの日記一覧 > 五輪エンブレム:提訴されているのは、ベルギーの法廷

mixiユーザー(id:7049076)

2015年08月17日22:59

2875 view

五輪エンブレム:提訴されているのは、ベルギーの法廷

 著作権に関する欧州法は、日本の法律のようなゆるゆるではない。オリジナルの内容=創作性を厳密に評価し、模倣の程度を判定する。

 日本法と判例なら、口先弁論で勝訴できるようなしろものでも、欧州法では難しいだろう。ましてや、訴訟代理人は百戦錬磨の超大物の弁護士である。なめてかかると、とんでもない痛手を被ることになる。
 虚勢を貼った非難は、マイナスになるこそあれ、有利にはたらくことはない。

 日本の似非デザイナーや識者と称するトンチンカン共は、「活字をベースにした展開や、単純な図形の組み合わせでは、にても仕方がない、 〜だから模倣ではない」という論を繰り広げている。
果たしてそうであろうか? 答えは否である。口先の理屈でしかすぎない。
  
 また、本当に偶然ににたデザインが得られたとしても、先に発表されたものに優先権が与えられるのが当然だ。後から、そこに到達したものは、すごすごと引き下がらず得ない。

 JOCは、商標権が設定していなかったので、調査にかからなかった。→商標権を設定しなかったのが悪い、という、屁理屈をこね回している。
 例えば、菊のご紋章は、商標権は設定されていない。世界の各国の王族や名家の紋章も同様である。商標権が設定されていないから、良しとする論理が、いかにアホなものであるかわかるであろう。
 たとえ、商法権の登録に成功したとしても、著作権が不在であれば、登録は失効する。ベルギー法廷で、パクリ屋・佐野のデザインが、模倣物とされれば、「ベルヌ条約」により、日本での著作性も否定されるのである。

 JOCが、どこまで、そこらへんを理解しているか、疑問である。

-----------------------

 類似性について、 まずは、常識で判断してみよう。
図中は、オリビエ・ドビ氏のロゴの構成チャートである。右は完成図形のカラースタディ。
  →http://www.debie.com/img/i_jobs/TL_charte2013-8.jpg

 Théâtre de Liège(リエージュ - 劇場)の「T」をベースに「L」を組み合わせたものだ。
Dも組み込まれているのがわかる。Tの右肩は背後に隠され、左肩を示す三角形状のものが、Lの足として再構成され、かつ図の安定要素として機能している。

 この骨格を土台に、如何に多少の変形をくわえたり、装飾を施そうが、模作物の粋をこえることができない。
 化粧を加えても、パクリ屋・佐野とオリジナルの骨格が同じなので、双子の様に見えるわけだ。
偶然にたというのは、かなり苦しい物がある。

 いくら、日の丸の小円をくわえても、つけボクロのようなものだ(笑。
 パクリ屋・佐野は、TokyoのTをデザイン化したと主張しているようだが、じゃあ、右下の三角状の図形は何だということになる。この図形について佐野は、きちんと説明していない、というか、できない(笑。

 おそらく、ベルギーの判決は、オリビエ・ドビ氏の著作性を認めるものとなるだろう。パクリであるとの判断にまで踏み込むかどうかはわからない。

 佐野のこれまでの作品は、凡庸なものばかりで、何ら才能がないことを示している。しかも、多数の盗用や模倣を行っているのが、すでにバレている。これらが、データとして示されれば、裁判官の心象は極めて悪くなるだろう。
  →佐野は、盗用と等は部下がやったものだと、責任逃れ発言をしているが、
   たとえアートディレクターとして、サントリー向け商品群を開発したのだとしても、
   著作管理がルーズであったのは間違いない。これは、本人が著作権にルーズである
   との判断材料になる。
     →部下の力量がわかっているはずであるし、経費管理をしているのだから、
       「気が付かなかった」との言い訳は通じない。

-----------------------------------

 JOCが、火に油を注ぐ発言して、今後の展開が、とても面白いことになってきた(爆笑。




---リンク元記事:2015年08月17日 19:12 毎日新聞
エンブレム提訴 組織委が非難
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3570506

 ベルギーの劇場ロゴのデザイナーらが2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムの使用差し止めなどを求める訴えを起こしたことを受け、大会組織委員会は17日、「我々の詳細な説明に耳を傾けようともせず、自らの主張を対外発信し続けたうえ、提訴する道を選んだ態度は公共団体としての振る舞いとしては受け入れがたい」と、非難する声明を公表した。

 組織委はアートディレクターの佐野研二郎さんがデザインしたエンブレムを「独自の創作行為に基づく完全にオリジナルな作品」としたうえで「大会の価値やメッセージを包含し、1964年(東京五輪)のエンブレムとの結びつきも示した作品」と改めて正当性を主張した。国際オリンピック委員会(IOC)も「エンブレムは大会のメッセージを反映させたオリジナルな作品。この議論は終わりにすべきだ」との見解を示している。

 公式エンブレムは、ベルギーのリエージュ劇場のロゴと似ていると指摘され、劇場とデザイナー側は14日にIOCに対し、エンブレムの使用差し止めと使用された場合に1回につき5万ユーロ(約690万円)を支払うよう求めてベルギーの民事裁判所に提訴していた。【浅妻博之】
----------------------------------


関連日記:
◯姑息な言い訳で、墓穴を広げた。 ポイントは、『コスト管理』
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945116787&owner_id=7049076

□佐野研二郎は、才能も、センスも技術もないパクリ野郎
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945060911&owner_id=7049076

◯デーモン小暮は、ぱくり佐野@五輪エンブレム盗用疑惑を支持
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945159983&owner_id=7049076

 →盗作騒動がまとめられています。






19 26

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月17日 23:06

    ベルギーのリエージュ劇場側の弁護士 Alain Berenboom氏
    Wikipediaに単独で記事が作られるほどの著名な弁護士、小説家としても活動している
    https://fr.wikipedia.org/wiki/Alain_Berenboom
    http://www.berenboom.be/berenboom.php


    ベルギーの記事で見つけたリエージュ劇場の弁護士が強すぎる件
    (略)
    ・彼は著作権及び隣接権のベルギー法の開発のための代表の
     ベルギーの家のための専門家でした。
    ・これは、著作権をルクセンブルグ法の起草関連する権利および
     データベースや電子署名や商取引に関する法律の開発の専門家として
     参加しているために、ルクセンブルグ政府から委託されました。
    ・彼は含めて、繰り返し視聴覚のベルギー省(ベルギーのフランス語共同省)
     の専門家、および各種レポートの著者でした
    ・経済大臣に知的財産・著作権のボードメンバー。
    ・彼はフランスのコミュニティの高等視聴覚委員会と
     フランスの共同の本委員会のメンバーでした。
    ・法律家著作権ABDA(現在ABA)のベルギー協会の会長。

    Wikipediaに掲載されている経歴の一部
    ・1984年、著作権に関する本を執筆しブリュッセル自由大学の教授に就任、同年ブリュッセル自由大学の著作権学の教授に就任
    ・1994年、専門家としてベルギーの著作権法の執筆に参加、その後「新しい著作権及び隣接権」という本を執筆
    数年後、ルクセンブルクの著作権法の執筆にも参加した
    ・2004年、レオポルド勲章受賞
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月17日 23:11
    日本のコメンテーターや識者もどきは、ベルギーを小国といってばかにしているようだが、EUの中枢国であるのを忘れているらしい。ブリュッセルには、多数のEU機関の本部がおかれているのはなぜだろう?あはは。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月18日 09:43
    □リエージュ劇場 Théâtre de Liège
    開館 1973年
    所在地 ベルギー、リエージュ市
    公式サイト www.theatredeliege.be
    リエージュ劇場は、ベルギー王国の国王がリエージュ市に創立した劇場。古くから『テアトル・ド・ラ・プラス』の名で知られていたが、2013年の新施設建築(併設)と同時に改称された。フランス語共同体において王立オペラハウス・王立オーケストラと並び「三大文化施設」とされている。

    歴史
    リエージュ劇場は1918年にベルギー国王が設立した国立のギムナジウムが起源であり、現在も当時のベルギー国王が創立した劇場として知られる。建物は一度解体され、1939年に再建築されている。
    1998年にはリエージュ劇場の建物が歴史的建造物に登録された。リエージュ劇場には古くからリエージュ王立音楽院が入っていたが、1999年に安全上の理由から移転することとなった。
    2013年には敷地内にリエージュ劇場の一部として新たなホールが併設された。この新施設建設の資金の大部分はフランス語共同体(ワロン-ブリュッセル同盟)からの出資であった[5]。この際、旧来の『テアトル・ド・ラ・プラス』から『テアトル・ド・リエージュ(リエージュ劇場)』へと改称された。
    リエージュの街は古くからヨーロッパ各地をつなぐ貿易の要衝となっており、芸術のオリジナリティを重んじるフランス語圏でもある。中世以降は司教領首都(リエージュ司教領)としても、学問や政治の中心地であった。また、第一次世界大戦ではドイツの侵略に対抗する記録的な激戦地(リエージュの戦い)となっている。そして、前国王アルベール2世が即位前までは「リエージュ公(Prince de Liège)」の儀礼的称号を有していた(フランドル伯、エノー伯とともに2001年に廃止)。そのため、リエージュ人の『プライドの高さ』と『周囲と区別する閉鎖性』には特筆すべきものがある。こうしたことが背景にあってリエージュでは芸術は非常に大切にされており、『リエージュ国際芸術祭』が毎年一ヶ月間に渡り独創的な芸術作品が上演されるなど、誇り高く開催されている(出典:『近代92』p32〜「ベルギーの舞台芸術政策と地方劇場の役割」〜)。

    東京オリンピック2020ロゴの模倣問題
    2015年8月13日、東京オリンピック2020の公式エンブレムがリエージュ劇場のロゴと酷似していると指摘されていた問題で、リエージュ劇場およびロゴのデザイナー(オリビエ・ドビ氏)は、国際オリンピック委員会(IOC)を相手取ってエンブレムの使用差し止めの訴えを地元裁判所に起こし、受理された。初回裁判期日は2015年9月22日となっている。リエージュ劇場は公共性の高い劇場であるため商標登録などとは無縁であり、今回も商標権をめぐる裁判ではない。(出典:日本経済新聞2015年8月14日)
    リエージュ劇場側の弁護士は、ベルギー王国とルクセンブルクの知財権法の制定にもかかわり、ベルギー経済省知的財産・著作権会議の元メンバーであり、法律家著作権ABDA(現在ABA)ベルギー協会会長のAlain Berenboom氏(ベルギー自由大学教授)である。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月18日 09:44
    ↑出典は、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E5%8A%87%E5%A0%B4

    この事件が起きてから、加筆修正され、充実した記載となりました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月18日 10:14
    ベルギー国営通信社、組織委の非難を受けて、マジギレ状態。  http://nl.metrotime.be/2015/08/17/news/organisatoren-olympische-spelen-tokio-2020-halen-uit-naar-belgische-designer/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 10:39
    8/18放送TBSラジオ「荻上チキセッション22」が佐野を全面擁護→この後の爆笑問題の番組でも全面擁護

    ★専門家の意見:福井健策(弁護士) 加島卓(東海大学准教授))
    「今回のようなシンプルなデザインは著作権はないのが世界的な基準。それすら守られない場合文化が停滞する」
    「TとLのデザインをしたらあーなるから似てくるのは当たり前」←佐野はLは使ってねーだろ
    「今回のは裁判してもパクリとは認められないでしょうw」
    「ストックフォトをどう使うかはデザイナーの器量。一般人は素材集なのかオリジナルなのかどうせ見てもわからないのでwうへへ」
    MC「勝手にパクるのはアウトですよね?」→専門家「デザイナーはトレースする楽しさから成長する。今は素人がネットですぐ見つけられるのでクレームしやすいwうへへww」
    「ベルギーのロゴは商標登録されてないからネットで探しても出てきません!リエージュと検索するわけもない。
    図形の検索をするのは大変なのでそれは無い」
    「そもそもベルギーのロゴはどうやったら画像検索でヒットするのか、それがわからない」
    「デザイナーの名前を出さないと物が売れなくなってきた時代のせいでこうなった」
    「世間は佐野さんが悪い人なんかじゃないかという関係ない話になっている。論点が拡散している違和感を感じる」
    「私達はデザインの説明と選考プロセスは区別しなければいけない!面白いデザインが欲しければ世間は理解しろ」
    「ロゴを途中で変えるのは日本にとって大きなこと。法的な根拠もなく空気で決まるのはよくない。皆もっと楽しく!」
    「著作権の本質は世の中は既存の情報を使う、模倣もするのが常識。あまりに権利の保護が強いとダメ。バランス取って楽しく!」

    ★リスナーの嘘メール
    「デザイナーはストックフォトを使うのは日常的なのでそんな常識も知らない素人しかいないのは呆れた」
    「なんでベルギーは日本で裁判しないんですか?」→専門家の答「日本でやると費用が高いのでw」
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:03
    ニュー速だとすぐ流されるのでこっちに書こう。
    まず、国際商標取得までの流れは下記サイトが詳しい。
    http://www.saegusa-pat.co.jp/tm/tm_07_0.htm

    これによると、国際商標の取得(マドリッド協定議定書にもとづく)は、
    1)日本の特許庁にエンブレムを商標として出願し、同時に国際登録出願
    2)特許庁および国際事務局における審査
    3)審査が通ったら国際事務局は国際登録の上公表、登録したい各国に通報
    4)各国において審査→18カ月以内に拒絶されなければ商標は認められる

    となる。商標が認められると、1)の出願日が国際商標の登録日となる。
    ポイントは、この制度はあくまでも出願を一本化しているだけで、商標を
    認めるかは各国に委ねられているという点。

    先日の弁明記者会見の槇氏の発言から、日本は7月23日までに1)の商標
    出願・国際登録出願を行い、登録を前提として24日にエンブレムを公表、
    使用を開始したと思われる。各国での商標登録に問題が無いことを前提と
    すれば、このプロセスで全く問題はなかったし、実際に過去もそうしてきた。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:04
    しかし、リエージュ劇場が直ちに著作権侵害を訴えたたため、2)の特許庁
    審査の段階で拒絶もしくは制限がかかる可能性がある。また、日本での商標
    登録審査に通った場合も、4)の各国の審査において、著作権との抵触を
    理由にその国での登録を拒絶される可能性ある。とくにヨーロッパの国は
    著作権との抵触を拒絶・取消理由として明記している。

    五輪エンブレムはIOC加盟国すべてで使えないと困る代物なので、
    ベルギーで著作権係争を抱えているということは、エンブレムの商標利用
    にとってはきわめて重大な障害と言わざるを得ない。また、それとは別に
    著作権侵害を理由とする使用差し止め処分が出される可能性も当然ある。
    トビ氏本人だけでなく、王室系の劇場が本気で訴えたとなると、早晩
    エンブレム問題は「詰む」可能性は十分あるよ。IOCも、状況不利と
    なればJOC・組織委員会に変更を求めるかもしれない。

    いずれにせよ、まずは日本の特許庁がどう判断するか、次に、各国が
    著作権係争中のエンブレムの登録を認めるか、が決定的に重要。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:18
    お得意の箔付けだろとは散々言われたが、まあ箔付けだろうな

    http://www.advertimes.com/20140402/article153464/
    >ニューヨーク在住の日本人フォトグラファー・GION(ギオン)氏との共同オフィスで、
    >MR_DESIGNのスタッフは常駐せず、現地でのプロジェクトが発生した場合に事務所として用いる。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:20
    > 商標登録も適当な気がする。
    > 区分と役務の申請が現実的でない。
    > 第3類は妥当だが、他は意味不明。
    > 商標で縛りたい範囲を選別するのではなく、上から順に選んだだけではないか。
    > 例えば、文房具やおもちゃに商標の縛りがない。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:36
    > 佐野の記者会見
    > 原案提出時に商標に触れるからブラッシュアップしたと発言
    > http://youtu.be/ai2dzb5Ho_Y?t=2653
    >
    > つまりコンペの時点で提出されたバージョンは盗作であると内輪でも認知していることが判明
    > 動画保存おすすめ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:38
    東京オリンピックは

       お・も・て・な・し

        つまり表無しっていうこと
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         全て裏商売って言う事wwwwwwwwwwww
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 15:50
    ヤコブ・イェンセンの腕時計のパクリについては、カルバンクラインは時計盤を美しく透過させて昇華させているから、ヤコブイェンセンからインスピレーションを受けたオリジナルと言える。

    佐野はもろパクリの上に写真で見るからに質感も悪い。明らかにバンドのクオリティ低いし文字盤もボテっとしてて、ヤコブイェンセンとは美しさでも付け心地に雲泥の差があるのがパッと見で分かる。

    ヤコブイェンセンからの訴訟は中華レプリカ程度の価値しか無いと思われてるだろうからあり得ないと思う。もっと名の知れた一流どころがパクったら何か文句の一つも言いそうだけどねw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 16:16
    http://news.livedoor.com/article/detail/10486774/

    18日夜、佐野氏の事務所「MR_DESIGN」の広報担当者はJ-CASTニュースの
    取材に応じ、ネット上で指摘されているメールアドレスで佐野氏がアカ
    ウント登録をしていたことは事実だと認めた。アカウントを取得したの
    は2014年11月13日。佐野氏個人が使用するために登録したそうだ。

    ただ、日常的に利用していたわけではないという。

    「(佐野氏が)自分の作品であるTAMABIの広告シリーズを画像検索
       する目的で、アカウントを開設しましたので、それ以外の目的の
       ためにピンタレストを使用したことはありません」
    なお、会見での「見ていない」という発言については、

    「会見でピンタレストのことをご質問いただきました際は、
       エンブレムについての会見でしたので、エンブレムを作る
       際には、ピンタレストを見たということはないという意味で
       『見ていない』と回答させていただきました」

    と説明した。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 16:19
    特許情報プラットフォーム
    トップページ>商標>商標番号照会
    https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/shouhyou/sybs/SYBS_GM101_Top.action

    ○商願2015-70541
    (441)【公開日】平成27年8月11日(2015.8.11)
    (210)【出願番号】商願2015−70541(T2015−70541)
    (220)【出願日】平成27年7月23日(2015.7.23)

    (310)【優先権主張番号】2015−308            
    (320)【優先日】平成27年5月20日(2015.5.20)
    (330)【優先権主張国又は機関】リヒテンシュタイン(LI)
    (731)【出願人】
    【識別番号】314004370
    【氏名又は名称】公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
    【住所又は居所】東京都港区虎ノ門一丁目23番1号


    ○商願2015-70543
    (441)【公開日】平成27年8月11日(2015.8.11)
    (210)【出願番号】商願2015−70543(T2015−70543)
    (220)【出願日】平成27年7月23日(2015.7.23)

    (310)【優先権主張番号】2015−416            
    (320)【優先日】平成27年7月3日(2015.7.3)
    (330)【優先権主張国又は機関】リヒテンシュタイン(LI)
    (731)【出願人】
    【氏名又は名称】インターナショナル パラリンピック コミッティ イー.ブイ.
    【住所又は居所】ドイツ ボン アデナウアーアッレ 212−214
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 16:34
    アカウントを取得したのは2014年11月13日。佐野氏個人が使用するために登録したそうだ。

    Pinterest2010年3月米国でサービス開始で、日本は2013年11月12日開始か

    一年間違えたんじゃね…w
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 16:58
    昨日は、J-Cast報道とは矛盾する発言をしていた。
    --------------------------------
    佐野氏が世界中からロゴのデザインなどが投稿されるサイト「Pinterest」を
    デザインの参考にしたのでは?との説に「佐野は『見ていない』と言っています」と
    代理で説明。同サイトに佐野氏のメールアドレスを使ってアカウント登録(現在は削除)
    されていたとの指摘にも「正式に登録された証拠を示してほしい」と求めた。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/18/0008316233.shtml?pg=2
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 16:59
    佐野嫁の説明が京都公演後とその日の夜とで変転していることが確定!
    公園後は正式に登録された証拠を示せだったのに、夜には登録していたのは事実、になった

    登録していたことを隠そうとしていたのは確実だな。


    同サイト(Pinterest)に佐野氏のメールアドレスを使ってアカウント登録
    されていたとの指摘にも「正式に登録された証拠を示してほしい」と求めた。
    http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/18/0008316233.shtml?pg=2

    ネット上で指摘されているメールアドレスで佐野氏がアカウント登録をしていたことは事実だと認めた。
    アカウントを取得したのは2014年11月13日。佐野氏個人が使用するために登録したそうだ。
    http://news.livedoor.com/article/detail/10486774/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 17:16
    デザイン利権ドンの永井一正の茨城県ロゴはパクリ。

    【番外編】Olympics & Expos おまけ(茨城県章・鳴門市章・野辺地町章)

    http://m-4f607310ab5e2800-m.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/olympics-expo-5.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 17:26
    http://i.imgur.com/lLjxcyo.png
    無念 Name としあき 15/08/19(水)17:06:27 No.351339242 del そうだねx1
    1439971587497.png-(99038 B) サムネ表示 99038 B

    ・佐野側主張
    「8月14日以降、パスワードのリセットを促すお知らせメールが
    ピンタレストから何度も届くようになったため、
    第三者がアカウントに侵入しようとしていると判断し、
    乗っ取りを未然に防止するために退会いたしました」

    ・ピタレストシステム
    退会手続きしても退会が完了するまで14日かかる(画像参照)

    佐野の主張通りだと退会完了するのは最速でも8月28日のはずだが…?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 17:42
    Jacob Jensenのオリジナル時計
    http://cdn3.volusion.com/apntk.xbrsd/v/vspfiles/photos/JJ712-2T.jpg

    佐野研二郎の盗作時計
    http://blog-imgs-80.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/6e4ccded.jpg
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月19日 19:58
    【釈明会見の矛盾点】

    佐野研二郎 「五輪ロゴは、全部一人で作った!私の完全オリジナル作品!」

    日本国民 「組織委員会は、既存の商標に触れないよう森会長や武藤敏郎事務総長も参加して何度も手直ししたと言ってましたけど?」
           http://www.hochi.co.jp/topics/20150810-OHT1T50126.html


    佐野研二 「赤丸が心臓で銀色のパーツを右下に下げて、'64年大会のエンブレムをリスペクトして・・・」

    日本国民  「既存商標に触れないよう組織委員会が何度も手直ししたのなら、自分一人でいきなり作ったようなその説明は矛盾しますよ?」


    佐野研二 「これがアルファベット表!徐々に展開していく考えだった!オリジナルの証拠!」
             http://i.imgur.com/dYpOlgL.jpg

    日本国民  「その表の存在自体が、先程の製作過程の説明と矛盾しているし。」
            「エンブレムは色々考えて作ったと言う割には、何ですかその大慌てて適当に作った様にしか見えない表は?」
            「一目では読めない字が多い。人並みのデザイン・センスも無いのですかね?」
            「もし本当にその表から小出しにして展開していくつもりなら、「TOKYO OLYMPIC」以外の文字は不要ですよ?」
            「やはり右下のパーツが余計でTに見えませんが?」
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 15:43
    佐野氏ですが、今まで病的といえるくらいパクリをやってきた人物です。
    が、今回のオリンピックエンブレムだけは、どうもパクっていなかった様子。
    原案は、全然似てないですよ。
    しかし、修正をする中で、似てしまったんですよね。
    (ソースは、青山繁晴氏のザボイスというラジオ番組)
    まさにオオカミ少年状態ですよね。
    同情はしません。

    あと、デザイン業界にも問題があると思います。
    主催者、デザイナーを入れ替えるだけで、お互いに評価しあっている変な業界です。
    佐野氏だけが悪者のように言っていますが、パクリ、これって、業界の常識なのでは?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 18:20
    > 原案は、全然似てないですよ。

    原案はリエージュではなく、チヒョルトからのパクリ疑惑が出てますが。

    【炎上】佐野研二郎エンブレム原案はヤン・チヒョルト展からパクったことが判明!同時に佐野研二郎が展覧会に行っていた証拠も見つかった! | netgeek
    http://netgeek.biz/archives/47348
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 20:57
    >daicyan さん

     なぜか、みんなの日記で上位に上がっているようですが、これは、08月17日に書かれた古い日記です。

    >違憲な戦争法案は廃案 さんが、ご指摘くださっているとおりです。

    原案と修正案については、
    □五輪エンブレム:組織委の中止説明会見が国民をバカにしたものだった。
    2015年09月01日
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945653381&owner_id=7049076
    で扱いました。

    この件に関しては、事件発覚以来、新事実が現れる度に、日記を書いています。
    8月および9月の日記一覧のうち、「五輪エンブレム」のタグがついているものが、該当する日記です。興味がありましたら、どうぞ、ご覧ください。
    かなりの量ですが(笑。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 21:01
    >違憲な戦争法案は廃案 さん

     フォローありがとうございます。
    なにせ、このにぅt機は、事件が発覚してまもなくなものなので、その時点で判明したことしか書かれていません。
     関連日記には、「五輪エンブレム」のタグがついていますので、8月および9月の日記一覧から、読んでいただけると幸いです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031