ホーム > mixiユーザー(id:7049076) > mixiユーザーの日記一覧 > 事件を隠蔽しょうとした、学校、教育委委員会、地域社会が原因

mixiユーザー(id:7049076)

2015年08月14日11:37

1521 view

事件を隠蔽しょうとした、学校、教育委委員会、地域社会が原因

 本当に二次被害がでているかの確認なしに書かれている記事。この事件を、発生当初からおいかけているが、さほど行き過ぎたネット追求は、まだ見かけていない。
 ネットで行われている事件の検証は、かなり地道なもので、下記記事は、記者の浅薄な正義感に基づく扇動的なものと思われる。
 ネットで憶測が行われるのを、防止するには、毎日新聞などのマスコミが事件の本質をきちんと追求する報道を行うのが肝要だ。学校当局と、教師、教育委員会の問題点や責任をないがしろにした薄い記事しかないから、ネット探偵団が活躍することに繋がる。
 事実関係が明らかにされた報道がなされていない以上、ネット探偵団の活躍を強く非難することなどできないとも言える。


 事件発覚後すぐから、学校や教育委員会は、いじめは無かった、自殺といじめの関係はうすい、などと表明、事実関係を明らかにしようとしなかった。
 今回の場合、学校との連絡ノ−トという物証があり、先年の大津事件の教訓が生かされていないこともあって、割と早く、渇仰当局も教育委員会もいじめの存在と自殺との因果を認めた。しかし、責任逃れの姿勢と、幕引きを急ぐことに変わりはない。
 必要な情報が公開されず、隠蔽しょうとするから、疑念を抱かせるのだ。

重要:当事者の氏名を明らかにするのは重要ではない。
    仮名で構わないから、事実を明らかにすればよいだけだ。
      →外部から、事実関係を洗おうとすると、手がかりは氏名。
        嫌でも、氏名が明らかになる。

 事件の経過からすると、「担任」の責任は大きい。にも関わらず、事実上逃亡し、被害者父にあったのは、事件後一月も経過してからだ。
 ここに働いているのは、担任の無責任さだけではなく、事実の隠蔽には、担任をカクしておくべきという学校と教育委員会の意思が働いているからだろう。
 ネット探偵団の調べによると、これまでの岩手県の「いじめ〜自殺」に関連する教師が、今回の関係者と重複している疑いがだれている。以前の事件に蓋をしたことが、今回の事件を引き起こした可能性が指摘されているのだ。
 また、加害者達が、地域有力者の子弟であることも指摘されている。これもまた、疑心暗鬼原因だ。

 被害者と被害者家族への中傷のほとんどが、加害者の関係者であるのも判明している。かれらがツイッターなどで、安易に発信していたので、身元が簡単に割れたわけだ。
 学校当局や教育委員会が緘口令を引くとともに、事件の隠蔽沈静化をはかったことが裏目にもでている。新興住民などが、この圧力を打開しようと、情報提供することにつながった。

 公明正大に情報を公開、自浄作用をみせれば、ネット探偵団の活躍する余地など無い。また、マスコミが、興味本位の報道にとどまらず、的確な取材、公正な報道をすれば、これまたネット探偵団の活躍する余地などない。
  →地元マスコミは、行政とのしがらみもあるので、手ぬるい報道しかしていない。

 現在の地域事情、マスコミ報道の不甲斐なさからすれば、多少の行き過ぎはあるにせよネット探偵団を批判するのはお門違いなのだ。


関連日記:
◯学校、地域ぐるみの隠蔽工作 2015年07月14日11:52
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1944106879&owner_id=7049076

◯想像を絶する「村社会」の陰湿さ、保身にだけはしる教育関係者  2015年07月13日
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1944078139&owner_id=7049076





---リンク元記事:2015年08月14日 08:32 毎日新聞
いじめ自殺「制裁」で2次被害
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3565762

 岩手県矢巾(やはば)町の中学2年、村松亮さん(13)がいじめを苦に自殺したとみられる問題に絡み、ウェブ上で女性担任教諭や加害生徒のものとして真偽不明な情報の書き込みが相次いだ。いじめと直接関係ない生徒を加害者かのように中傷するケースもあり、ネットの普及で誰もが発信者になれる時代に、過剰な制裁意識が生む2次被害が深刻になっている。【春増翔太、二村祐士朗】

 ◇担任・父・無関係の生徒も標的

 村松さんが通っていた中学校のある女子生徒は7月、ネット上の書き込みを見て驚いた。村松さんが自殺した当日に現場となった町内の駅で「女が笑って見ていた」という内容で、容姿など「女」の特徴が明らかに自分を指していると思ったからだ。女子生徒は村松さんが亡くなった時、町外にいた。「おもしろおかしく載せたのだろうが、悪意を感じる」と憤る。

 村松さんの自殺が報じられた直後から、ウェブ上ではいじめに加担した生徒やその保護者、担任らの実名を執拗(しつよう)に探る「犯人捜し」や関係者に対する中傷が過熱した。

 ツイッターや匿名掲示板には「担任」や「いじめ加害者」などとして多数の名前や顔写真、住所など個人情報が掲載され、「死ね」「クズ」「生きていけないようにしてやれ」などの過激な言葉が飛び交った。村松さんの父を「金目当て」と書いたり、不確かな情報で生徒や保護者を中傷したりするケースもあった。

 村松さんの父親は「亮の死でショックを受けている時に、ありもしないことを書かれて傷ついた」と追い打ちをかけられたという。個人情報をさらされたという学校関係者も「家族まで不安がっている」と話す。

 生徒や教職員らの個人情報について、学校や町教育委員会は一貫して公表しておらず、報道機関も村松さんの人となり以外は報じていない。

 ◇「憤って裏取らず転載」

 ツイッターに学校関係者の実名を書き込んだ北関東在住の50代男性は、毎日新聞の取材に対し「他の書き込みを見て『こいつか』と思った。憤りを覚え、(名前を転載することで)追及しなくてはと思った」と説明。書き込んだ内容の裏付けは取っておらず、誤った情報だった可能性については「そこまで考えていない」と語った。

 学校関係者の1人は「この問題には真摯(しんし)に向き合わなければと思っている。だが、いわれのない個人攻撃のような中傷には憤りを感じる」と話している。
毎日新聞
-------------------------------------------------
11 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月14日 13:11
    事件の経緯:
    岩手県 矢巾北(やはば きた) 中2イジメ自殺事件 2015年7月5日
    ■いじめが原因で自ら命を経ってしまった村松亮くん(享年13歳)■
    http://i.imgur.com/Eksk28G.jpg

    ■公務員■ 校長 鈴木 美成(よしなり) http://i.imgur.com/pPrjQcG.jpg
    http://i.imgur.com/kOCZHOb.jpg http://i.imgur.com/KKyrmvg.jpg
    (顔隠し 全て曖昧に返答する「はぐらかし」インタビュー)
    ・問題教諭を仮病で逃亡させる。女性教諭は6日は出勤するもすぐに仮病で逃亡。
    (実際には6日に警察の事情聴取、7日に教育委員会と面談していた。8日以降不明)
    (大津事件でも担任の森山進は仮病でパチンコ屋に行っていた)(税金(給与)は出る)
    ・校長はインタビューに答えるも世界じゃありえない顔出しNG。
    (犯罪を犯しているので顔を隠す犯罪者心理と同じ) 7月13日観念して顔出し。
    http://i.imgur.com/IbMu13d.jpg
    ・学校のHPを閉鎖する。(最初は校長の顔掲載箇所のみ削除、最後にはHPごと削除)
    ・7月10日 矢巾町HPから中学へのリンクを外す(矢巾町役場の人間が行った)
    ・問題教諭が特定されないように、正式発表でマスコミに虚偽情報を流す。
    最初の説明では1年の担任は4月に異動して居ない、今の担任は4月から来た
    ばかりの新任だ。→ 1年の担任は在籍中。2年の担任は2014年4月から矢巾北中に在籍。
    ・刑事、民事訴訟を見据えて不利になる発言等は一切言わない。(因果を認めない)
    ・学校から町教委に対し、いじめ有無を伝える報告は昨年度から今年6月まで「0」
    ・7月8日 村松亮くんの葬儀。担任の田口千賀子は教え子の葬式に出席せず。
    ・7月10日頃 越が会見で最後に「本当に申し訳ありませんでした」と声を震わせ
    涙ながらに深く頭を下げた。後々の隠蔽行動から、たぬき芝居だったと判明。
    ・7月14日 過失を認め謝罪(13日)した翌日の岩手日報、トップ記事で扱わず
    更に中学校名と校長名は伏字のまま。http://i.imgur.com/veeS2At.jpg
    ・7月15日 町民からの要望でようやく献花台を設置(台の作りがやっつけ仕事)
    ・副担任らが率先して担任は素晴らしいと嘆願書を集める(桜宮高校と全く同じ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月14日 13:12
    ・7月19日 岩手日報は未だに校長名と中学校名を伏せ字で記事を書いている。
    ・ご遺族の家に出向き遺影と位牌に頭を下げて謝罪をしていない。
    ・滋賀県大津市いじめ中2自殺事件(2011年)を受けて第三者調査委員会の設置を
    推奨したが矢巾町教育委員会は不必要として設置を怠っていた。
    ・矢巾町商工会が町民が楽しみにしていた夏祭りを意味不明に中止を決定。
    一方で加害者が在籍するバスケ部や野球部、子供を恫喝した教諭の特設合唱部
    に対しては、鈴木美成校長は一切の活動の自粛をさせていない。
    ・ 矢巾町HPで告知する際、自殺事件の事を痛ましい「事故」といびつな表現。
    ・「自殺事件」「暴行事件」→「問題」「事故」等に表記をすり替え洗脳。
    ・7月17日 町教育委員会が第三者委員会に関しての遺族(大津、岩手)の要望拒否!
    大津市イジメ自殺事件の遺族が村松亮君の父親を訪れ矢巾町教育委員会の
    「越秀敏」教育長に「第三者委員会の委員を決めた後にご遺族に事後報告を
    するんですか?」と問うと「越 秀敏」教育長が、凄い大きな声(威嚇行為)で
    大津市いじめ自殺事件のご遺族に反論するという異常な対応を見せた。
    http://i.imgur.com/q7mEFQs.jpg (テレビ岩手 7月17日)
    ・矢巾町 越 秀敏 教育長 http://i.imgur.com/qRFdo55.jpg
    要は、越 教育長は第三者委員会の人間を身内で固めて「事件性無し」にしたい
    という事で、隠蔽する気マンマンでイジメを解決する気は一切無い事が伺える。
    (越秀敏 教育長が人選の推薦を依頼したのは大学や医療関係者、弁護士会など
    大学なら岩手大学(身内)医療(岩手医科大学(身内)でしょう、更に推薦者
    委員名などは★原則未公表である。で、当然、推薦者は「事件性無し」と
    断定してくれる委員を選出するという事)(最初からの出来レース)
    そこへ、委員選出について指摘されたものだから越秀敏が激昂したのである。
    ・97年にも自殺があったが、調査もせず、自殺から5日後、当時の校長が
    「体罰もいじめもなかった」と幕引きを図っている。第三者委員会は岩手大教授
    など「身内」で構成されていた。http://i.imgur.com/ucmf9XS.jpg
    ・越教育長の思考回路は、全てにおいて一切の中立性が無い異常な次元である。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月14日 13:12
    ・7月18日 17日から一転、(文科省から一喝があったのか)矢巾町 越秀敏教育長
    が決めていたらしい第三者委員会の委員選定を白紙に戻し、遺族の意向を組んで
    再選定し直すとの事(ローカル朝日)。
    ・7月22日 三者委員会 遺族の7項目受け入れる 矢巾町長名義で承諾。
    http://i.imgur.com/Rz0W2sz.jpg
    ・7月22日 テレビ岩手 第三者委員会設置を白紙に。調査報告書の提出も26日に
    延期。調査報告書の延期についてイジメを認める子認めない子が居るので。
    前校長他3名の教職員から聞き取り実施済み。
    ・鈴木校長の考え「いじめがあった事を認識していれば責任が問われるので」
    最初の説明は「6月は忙しくてアンケートは取っていなかった」と発表。
    7月10日頃 →「実は取ってました、いじめられていると書いてました」と発表。
    http://i.imgur.com/qdXbIRi.jpg
    7月17日やっぱり認識してたのはヤバイので「取ってなかった事にします」
    と発表。http://i.imgur.com/oFJpvxZ.jpg
    ・まだ8人の不登校児が居る。対策案などの提出もされてない。不登校児は放置?
    ・前校長時、女生徒が同様にイジメにあっていて母親とともに校長に相談しに行った
    ら、当時の校長(川村孝一)は『勝手に入ってこないでください。警察を呼びま
    しょうか』と母親と女子生徒を不法侵入者扱い。(31日フライデーより)
    ・2015年7月17日 岩手放送18時NEWSにおいてご遺族をあざ笑うテロップ表示。
    岩手放送18時NEWSの最後の方で事件にも触れず、たた「県教員が「命の門番」に
    なりましょう」というテロップを流した。http://i.imgur.com/IAb3GG4.jpg
    ・7月18日 報告書でいじめあったと報告。加害少年も「イジメ」を認める。
    http://i.imgur.com/rmcW1wA.jpg
    ・7月22日 田口千賀子(英語)が職務放棄をし続けて居る結果、英語の補習実施。
    ・7月22日 22付岩手日報 証言者がまだいじめの被害に合っている。総体では
    観客からヤジ。自粛してなかったhttp://i.imgur.com/vYEcn4e.jpg
    http://i.imgur.com/EmIg0Jd.jpg
    ・7月23日 生徒会(3年生)が生徒総会で議論の場をと鈴木校長に要望書を提出。
    http://i.imgur.com/tal68cS.jpg
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月14日 13:13
    ・7月24日 終業式 午後から暴行容疑での立件も視野に入れ捜査。
    http://i.imgur.com/QW27D1a.jpg
    ・7月24日終業式 鈴木美成「・・人の命・正義についてよく考えて!・・」
    http://i.imgur.com/N2vXucO.jpg
    ・7月25日 担任の田口千賀子「予期できなかった」と責任逃れ、死人に口無し発言
    http://i.imgur.com/RyfX2Nu.jpg
    逃亡中に考えたor助言された今後の警察の取り調べや法廷での事まで想定した発言
    ・7月26日 午前中 調査報告書(学校と教育委員会による調査)を父親に渡し謝罪。
    http://i.imgur.com/DJasJFh.jpg
    人を馬鹿にした報告書を提出 http://i.imgur.com/fvh5gfH.jpg
    複数回やろうが同じイジメはまとめて1つのイジメ行為とする悪どいやり方。
    (例:5月〜6月にかけて、学年、全校朝会がある度にあった村松君を列に
    入れさない複数回のイジメ行為、複数回をまとめて「1件」のイジメとしている。)
    他のイジメ行為を複数省いている(例:屋上で鞄の中身をばら撒かれるなど)
    生徒への調査アンケートは記名式(本当の事が書けない)だったと噂あり(真偽不明)
    生徒らから回収したアンケート(原本)は父親には渡していない。
    (記名式だから渡せない?(本当の事が書けない))+他のイジメの隠蔽がバレる。
    父親 学校側といじめの認識が違う http://i.imgur.com/YIeoV2L.jpg
    報告書には担任の田口千賀子が親身になって対応していたなど隠蔽抱擁。
    ・7月26日 夕方から保護者説明会 危機意識が欠けてたと説明したのみ。謝罪無し
    ・7月26日 NHKがまた印象操作。学校に不安を募らせる保護者をガラの悪い喋り
    をする保護者に仕立てる。http://i.imgur.com/S9xl0FW.jpg
    ・7月27日 ・報告書不備を指摘・加害生徒らを★刑事告訴。
    (暴行罪、強要罪、侮辱罪) http://i.imgur.com/zu03gD2.jpg
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年08月14日 13:14
    ・7月27日 矢巾北中学校 臨時登校日
    ・7月27日 矢巾北中生徒会(3年生)が生徒達だけで話し合う場を設けさせて
    ほしいという要望を学校側が受理。(NHK)
    http://i.imgur.com/tZP5ZhU.jpg
    ・7月27日 第三者委員会は8月設置予定に。委員を5人から6人に要望(父親)
    (1人追加と言うのは、村松さんが信頼できる委員を1人入れればという事から)
    ・7月27日 鈴木美成 村松くんと他2名 イジメは計3件と教育委員会に修正報告。
    ★村松くん他、隠蔽していた進行形が2件もあった、他には不登校児が8人も居る。
    http://i.imgur.com/HgPAEFE.jpg
    ・7月30日 鈴木美成校長、また隠蔽 他にもイジメが約10件もあった。
    ★やはり、アンケートの原文を渡さなかったのは、隠蔽がバレるからだった!
    http://i.imgur.com/JlyCgxR.jpg
    ・7月31日 鈴木美成 校長が隠蔽してた他のイジメ行為 約18件もあった・・・
    http://i.imgur.com/6lpzrAb.jpg(金銭の要求などの恐喝行為など)
    ・8月1日 鈴木美成が隠蔽していた自殺後に行った生徒らのアンケートを父親
    に渡す。http://i.imgur.com/HUyN6Ed.jpg
    ・8月4日 担任の田口千賀子が過失・能力欠如を認め父親に謝罪。
    http://i.imgur.com/25acvQi.jpg
    村松君を放置・職務怠慢→「自分で解決したかった」と変換し言い訳。
    「7月5日から父親が担任との面会を鈴木美成校長に求めていたが校長は
    ずっと拒否し続け、田口千賀子は教え子の通夜にも葬式も出ていなかった
    電話や手紙の1通すら送っていなかった。(7月4日発売女性自身)」
    逃げ回っている事を暴露され、逃げ続ければ不利になるからと空気を読んで
    謝罪をしに行く。4月新任の生活指導主事が信頼できなかったと嘘をつく。
    ・8月5日 村松君の父親、第三者委員会の設置に同意
    http://i.imgur.com/oLwMKeN.jpg
    ・8月13日 第三者委員会の初会合9月上旬http://i.imgur.com/KwPifnR.jpg


    出典:ネット・岩手いじめ事件究明組織

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年08月>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031