mixiユーザー(id:7049076)

2015年07月23日11:05

2887 view

殺人柵を製作設置した爺(79)に、可能な限りの厳罰を

 この殺人爺(79)は、報道によればまるっきりの電気素人ではないそうだ。従って、素人の誤工作という免責はありえない。
経歴には、二つの情報がある。

・20年ほど前に町企業課の技師を務めていた。配電など電気系統の工事に詳しかったという。
 静岡新聞:http://www.at-s.com/news/detail/1174216082.html
・男性は以前、家電販売店で勤務した経験があり、電気設備の知識があった。
産経:http://www.sankei.com/affairs/news/150722/afr1507220022-n1.html

 いずれも、近所住民からの伝聞情報であるが、定年退職後、家電販売店に勤務であれば、矛盾はない。

 役場で技師として務めていたのならば、基本的に商用電源の危険性は熟知しており、電流制限のない高圧電気の恐ろしさも知っていたはずだ。
 従って、安全対策を施さずに「殺人装置」を設置したのは、未必の故意に当たる可能性がたかい。
重過失致死障害罪を適用すべき事例、殺人に関しては、未必の故意似まで踏み込んだ摘発が必要だ。



□殺人鬼爺の犯した違法行為の数々
1)河川敷を違法占拠して、杜撰で違法な電気柵(というより殺人柵)を設置。
    →被害家族の片方の妻の親戚爺が設置。
  ・現場は二級河川の河川敷。公共空間であり、私有化する事はできない。

2)電気の知識がある爺が、商用交流100Vを電源に、トランスで約400Vに昇圧し、
  自製の電気柵に通電していた。
  トランスの定格は不明であるが、事故の状況からみて、十分な容量のある
  ものだったと推定される。
  →殺傷能力のある自製の 危険極まりない工作物。
    下記のすべてが違法行為に該当する。
   ・自分のうちの納屋のコンセントから、川への下水管にコードを通した。
   ・下水管から橋桁経は、空中配線。(写真左の下水管から伸びるコード)
   ・橋桁の下にコードを括りつけ、対岸まで。
   ・対岸のあじさいの茂みのまわりに棒をさしただけの支柱
     写真右。赤い矢印の先の緑の物体が、プラスチック製碍子。
     →すぐに抜けるお粗末すぎる代物。
   ・この支柱に市販の電気柵用の碍子@プラで、裸線を配線。
   ・裸線に電流制限なしのAC440Vを印加。

  *漏電遮断機もなし。
     →有効に機能する漏電遮断機があれば、川に線が落ちた時点で遮断。
  *今まで事故がなかったのは、過疎な地域であったからに他ならない。

3)電気柵であることを明示する標識をつけていなかった。
   →河川敷の不法占拠なので、そんな表示をすれば、行政による指導が
     入る。それを避けるために、付けなかった可能性もあり。

重要:被害にあった家族グループには、一切の非はない。
    簡単に道路から河川敷にアクセスできる場所であり、立ち入り制限のある
    私有地でもない。
    勝手に私有化し、違法危険物を設置した、爺@殺人鬼に全ての責任がある。




---リンク元記事:2015年07月23日 03:32 毎日新聞
感電死、設置者が電気柵自作
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3529561

 静岡県西伊豆町の川岸で19日に7人が感電して2人が死亡した事故で、付近に電気柵を設置した男性(79)が柵を自作していたことが、捜査関係者への取材で分かった。市販品は通常、感電事故を防ぐため漏電時に自動的に電流を止める「漏電遮断装置」や、連続して電気が流れないようにする「パルス発生装置」がセットになっている。男性は県警に「部品を買い、自分で作った」と話しているといい、県警は安全対策を考慮していなかったとみている。

 県警は22日、死亡した尾崎匡友さん(42)=川崎市=と岩村知広さん(47)=神奈川県逗子市=の死因は、司法解剖の結果、感電死だったと発表した。

 捜査関係者によると、電気柵の電源は川岸から約25メートル離れた男性宅の納屋の家庭用電源(100ボルト)から取っており、コンセント近くにあった変圧器から直接、コードで柵につなげられていた。変圧器は電圧を最大400ボルト程度にすることが可能だった。男性は県警に「夜間だけ電気を流し、昼間は切っていた」と話しているが、事故があった19日午後4時半ごろは、電源が入っていたとみられる。

 県警が21日の現場検証で実際に電気を流すと、柵に通電し続け、漏電しても電気は止まらなかった。

 業界団体「日本電気さく協議会」によると、電気柵と家庭用コンセントを直結することは電気事業法で禁止され、コンセントと柵の間に「パルス発生装置」の設置が義務付けられている。この装置によって電気が3000分の1秒流れた後、1秒以上止まる状態が繰り返され、触れても一瞬刺激を受けるだけで済むという。

 また、30ボルト以上の電源を使用する場合は「漏電遮断装置」の設置も義務付けられている。設置していれば、電線が水の中に入っても電気が流れ続けることはなかったという。

 電気柵メーカーによると、2009年に兵庫県南あわじ市で農家の男性が、家庭用100ボルト電源に直結されていた電気柵に触れて死亡した事故以降、同協議会加盟社は「漏電遮断装置」を標準装備にした。同協議会は「直結すると電気が流れ続け、感電した人間は筋肉が硬直し、柵から離れなくなってしまい、死に至る可能性がある」と指摘する。【松岡大地、荒木涼子、井上知大】

 ◇「自分のミス」設置男性

 電気柵を設置した男性の親族は22日、報道陣の取材に応じ、男性が「漏電防止装置を付けなかったのは自分のミスだった」と話していることを明らかにした。
----------------------------------------

重要:トランスの一次側(入力側)に、たとえ漏電遮断機が入っていても、
    まるで意味がない。二次側(出力側)で、何が起きようとも、原理的に
    作動しないからである。
    漏電遮断機を入れるのならば、二次側でなければならない。だが、定格400V
    の漏電遮断機の入手は困難である。
    電気柵は川べりなので、水しぶきがかかったり、朝露などが付けば、電圧が高いだ
    けに、すぐに規定以上の漏洩電流がながれ、実用にならなかったものと思われる。

殺人爺の言い訳は、姑息すぎるものと言わざる得ない。




---感電事故への解説
1)人間の体に電気が流れると、
  ・1mA 感ずる程度。
  ・5mA 相当の痛みを覚える。
  ・10mA 我慢できない程度。
  ・20mA 筋肉の収縮が激しく自ら動くことができない。引き続き流れたらついには死に至る。
  ・50mA 短時間でも相当生命が危険で引き続いて流れたら死に至る。
  ・100mA  瞬時に致命的。

2)人間の体の抵抗は、数キロオーム。また、接触部位が乾いていれば、接触抵抗
  が大きい。濡れていると接触抵抗は下がり、危険性が増す。
  AC100Vで、十分致死事故をおこします。
     →俗に42V(死にボルト)と言われる、電圧以下では、接触抵抗と
       人体抵抗により、十分な電流が流れず、危険はありません。

3)この事故のように電圧が400Vもあり、かつ、電流制限がないばあいは、
  確実に重大な損傷〜死を引き起こします。人が触れる可能性のあるところに
  裸線で400Vを加えるのは、明らかに殺人行為です。

4)高電圧の危険性
  電圧の高さは、必ずしも危険にはつながりません。
  電圧が高くても、電流容量が小さければ、不快なショックがあるだけで
  危険はありません。
    →冬場の静電気ショック 数千〜数万ボルト
    →市販の規格をみたした電気柵

  重要:電流容量がある高電圧は、極めて危険です。

-------------------------------------------
   



  
8 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月23日 18:22
    ◯FNN 動画あり
    静岡・感電事故 電気柵の無許可設置と電流強められた可能性
    07/23 01:23

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00298151.html

    静岡県で7人が死傷した感電事故で、電気柵が無許可で設置された疑いと、あえて、電流が強められていた可能性が浮上してきた。
    22日午後2時40分、捜査員が事故の原因となった電気柵の撤去を始めた。
    アジサイの花の回りから、電気柵のケーブルを取り除く捜査員。
    電源ケーブルらしきものも、川に通じる下水管から撤去された。
    2人が死亡し、5人が負傷した、静岡・西伊豆町の電気柵感電事故。
    亡くなった尾崎匡友さん(42)らの診断に立ち会った医師が、当時の状況を語った。
    西伊豆健育会病院の仲田和正院長は「男の子が斜面を上がっていって、電線に触れて、そして指を飛ばされて、河原へ転げ落ちたと。それを助けに入った大人が次々と感電したっていう話でしたね。完全に心肺停止の状態でした」と話した。
    家庭用の100ボルトのコンセントから電気が取られていた電気柵。
    変圧器という電圧を上げるための装置で、440ボルトまで引き上げられるようになっていた。
    警察は、柵を設置した男性が、イノシシなどからアジサイを守るため、あえて電圧を上げていた可能性もあると見ている。
    そして、さらに大きな問題が。
    西伊豆町産業建設課の佐久間 明成課長は「過去の書類も確認しておりますが、許可申請が出たという形跡はありません」と話した。
    河川敷に設置されていた今回の電気柵。
    河川敷は町が管理していて、使用する場合は、町の許可が必要となる。
    しかし、電気柵を作る申請は出されていなかった。
    無許可での設置は、河川法に違反する疑いがあるという。
    また川沿いへの電気柵の設置は危険で、町は、申請が出されても、設置を許可することはありえないと話している。
    今回の事故では、切れた電線が、川の水に漬かって漏電を引き起こし、被害を大きくした。
    佐久間課長は「道路下になっているので、パトロールだけでは気づかなかったんじゃないかなと」と話した。
    これまでの調べに、「ふだんは夜間にだけ電源を入れていたが、事故当日は、電源を切り忘れていた」と話しているという男性。
    警察は、安全対策に不備がなかったか調べている。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月24日 12:41
    訂正:

     爺の作った殺人柵のシステムでは、通常の漏電遮断機を接続しても機能しません。高度な電流制限機能を持った安全装置が必要となります。

    -----------------------
     漏電遮断機は、メインの回路から、アース(大地)への漏電を検出して作動します。
    この殺人電気柵は、メインの回路が、アース(大地)を含んでいるので、漏洩電流を検出するのが根本的に不可能なのです。

     市販の電気柵で、AC100Vを使用するときは、漏電遮断機をつけろ、というのは。電気柵の電源部の絶縁が悪くなった時に、一次側のAC100Vが、万一二次側に(電気柵系)にもれたとき、全電源を遮断するためのものです。
     →電池やソーラー駆動の場合は、当然、必要ありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月24日 14:15
    電気風呂に入ると、しびれると動けなくなる、あんな感じのもっと強烈なものでしょ。

    一瞬で死ぬんだから。バチッ、電気で体がはじかれるみたい。

    自分で作れる自信が、こういう結果になってしまったのは、慢心でしょう。

    それに、設置してから、何年もたっているが、よく事故が起こらなかったものだと思う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月26日 11:38
    >角坊 さん

     この爺、電気関係の仕事をしてきたとはいえ、聞きかじりのような気がします。
    専門教育を受けて、現場経験者なら、100Vの活線作業も基本的にしません。
     →活線作業、通電したままでの工事。
    危険性を熟知しているからです。ましてや、低圧電力の範疇とはいえ400Vなど気違い沙汰。

    事故がおきなかったのは、幸運な偶然としか言いようがありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月27日 22:39
    □電気柵の危険、設置男性に以前から指摘…感電死
    2015年07月27日17時27分

    電気柵は漏電遮断器の設置といった安全対策が不十分な自作のものだったことが判明。
    設置者が危険性を認識していたかや電線が切れた経緯など、県警は事故の解明を進めている。

    ◆河川敷に違法設置

     電気柵を設置した男性(79)を知る地元住民が以前から、この男性に危険性を指摘していたことが、関係者への取材でわかった。

     捜査関係者らによると、男性は4、5年前、アジサイの新芽や桜の木を鹿などによる食害から守るため、48メートルの電気柵を設置。
    地元の男性住民(70)は男性に対し、「行政が管理する橋や道路を横切るのはよくない」と指摘したことがあったという。
    また、設置者の男性が地元の子どもたちを川で遊ばせていた際に、「危険だよ」と注意した時は電気を切ってくれたという。

     このほか、男性が電気柵を河川敷に違法に設置していたことも新たに判明した。

     自分の土地に電気柵を設置する場合は自治体の許可は必要ないが、町産業建設課によると、今回の事故があった仁科川支流の川金川は、町が管理者の準用河川。
    河川の敷地内に工作物を設ける場合、河川法に基づき、管理者の許可が必要になる。

     ただ、川沿いで電気柵を使うのは正当な理由が見あたらないため、男性が申請しても、設置はそもそも許可されなかったという。

    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20150727-OYT1T50054.html

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年07月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031