mixiユーザー(id:7049076)

2015年04月09日16:08

16357 view

極めてまともで、当然すぎる判決。強欲な遺族は、恥よ。

 訴訟が起こされた時から、違和感ありまくりの裁判だった。異常な「被害者救済目線」の下級審判決が覆されて、まずは目出度い。

 この被害者遺族@因業野郎は、当事者の子供が損害賠償保険に入っていたことをいいことに、強欲な損害賠償訴訟をおこしたのだ。
 常識的に考えれば、事件の発生場所からして、学校(教育委員会)を対象にした訴訟となるはずだが、「行政相手ではめんどくさい」と、回避して、「ボールを蹴った大悪人の子供」と言いがかりをつけて訴訟をおこしたのだ。すなわち、取りやすそうなところから、ケツの毛もむしって取り立てようというあくどい魂胆。悪徳弁護士の悪知恵によるものだろう。

 係争、上は、因業遺族と悪徳弁護士 VS 「極悪児童と無責任親」=いいがか利を付けられた人々という図式であるが、背後に「保険会社」がいたので、ここまできちんと争うことになった。
 一番の被害者は、大悪人とされた子供だ。因縁をつけた、強欲遺族に罰が下ることを祈る。

 バイク転倒の事故をおこしたのは、半分以上棺桶に足を突っ込んでいる85歳の老人である。
  →事件の起きた2004年の男性の平均寿命は79.6歳にすぎない。
    何時死んでもおかしくない老人だった。
こんな高齢者が、バイクで町を知りまわるというのが、そもそも不見識。それを許していた家族も同罪だ。根本の原因はここにあり、こんな無理なことをしていなければ、そもそも事件は起きなかった。

ボールがあたって、バイクが転倒したことへの多少の責任は、ボールをけった少年にあろう。ただし、大きな責任ではない。小学生の少年は、、校庭であそんでいたのであり、ボールが校庭外にでることをよそくさせるのは無理筋であり、まして、親に責任をとらすというのがおかしなことである。

百歩譲って因果を認めても、転倒、骨折したことへ補償と謝罪までだ。それ以上の責任をおわすのは不当な処罰となる。

平均寿命をはるかにこえた85歳の老人が、死んだのは、事故から一年七ヶ月後のことだ。どう考えても、寿命であろう。事故との因果で死亡したとするのなら、せいぜい、半年がいいところだ。しかも、強欲遺族の要求した金額は五千万円である。呆れてものも言えない。

事故責任や、事故と死の因果、また死にかけ老人であることをまるで考慮しない下級審の判事たちは、糞であったと言い切ることができる。

最高裁で、まともな判例がでたので、不当訴訟が起きにくくなったのが、誠に喜ばしい。



---リンク元記事:(朝日新聞デジタル - 04月09日 15:07)
■子供が蹴ったボールで事故、親の賠償責任認めず 最高裁
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3363106

 小学校の校庭から蹴り出されたサッカーボールが原因で交通事故が起きた。ボールを蹴った小学生(当時)の両親に賠償責任はあるのか――。そうした点が争われた裁判の判決が9日、最高裁であり、第一小法廷(山浦善樹裁判長)は「日常的な行為のなかで起きた、予想できない事故については賠償責任はない」との初の判断を示した。

 両親に賠償を命じた二審の判決を破棄し、遺族側の請求を退けた。

 民法は、子どもが事故を起こした場合、親などが監督責任を怠っていれば代わりに賠償責任を負うと定めている。これまでの類似の訴訟では、被害者を救済する観点から、ほぼ無条件に親の監督責任が認められてきた。今回の最高裁の判断は、親の責任を限定するもので、同様の争いに今後影響を与える。

 事故は2004年に愛媛県今治市の小学校脇の道路で起きた。バイクに乗った80代の男性がボールをよけようとして転倒し、足を骨折。認知症の症状が出て、約1年半後に肺炎で死亡した。遺族が07年、約5千万円の損害賠償を求めて提訴。二審は、ボールを蹴った当時小学生だった男性の過失を認め、「子どもを指導する義務があった」として両親に計約1100万円の賠償を命じた。両親が上告していた。
----------------------------------
25 20

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月09日 16:19
    下級審は何でくそ判決ばかり出すか・・・みんなグルなんですよ。一審が超まともな判決だしたら、裁判一回で終わっちゃうでしょ。それじゃ弁護士も弁護士予備軍(裁判官とか検事とか)も将来性がね。たから一粒で3回美味しいことをやるの。下級審は真面目に自分たちのお仕事をしているだけです(控訴してもらうのが下級審の仕事。それはそれでいいんだけど、時々原告も被告もヘタレで、トンでも判決が確定しちゃうことがあるんだよね。それが後世に準法律として働いちゃうから困るのよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月09日 18:52
    刑事では人を殺したヤツを減刑しようとするのに、どうして民事では罪をでっち上げるんでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月09日 20:27
    "足を骨折。認知症の症状が出て、約1年半後に肺炎で死亡した。遺族が07年、約5千万円の損害賠償を求めて提訴。"
    普通であればここに無理があると思うのが常識ですね。でも弁護次第では正義はころころ変わってしまうのが世の中です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月09日 22:44
    >おのぶた さん
     陰謀説は、ちょっとむりがあるようにおもいます。
     トンデモ判決もたたありますが、ま、日本の司法はそれなりに機能していますから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月09日 22:45
    >しんちゃん
     民事は、異様に、被害者救済に軸足をおいているからです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月09日 22:55
    >F さん

     悪徳弁護士の『腕」がそれなりによかった、ということでしょうね。
    「争点」を、「親の監督責任」というものにしたので、カオスになったようです。で、事故と死の因果が棚上げにされて、変な判決がでたようで。まあ、最高裁がまともでようございました。

    ---整理---
    ・事件が起きたのは、2004年。
    ・加害者少年は保険に入っていた為、事故後過失割合10で爺さんに骨折の治療費等を支払って一旦終了
    ・爺さんそのあと痴呆発症→寝たきり→肺炎→死亡 これが2006年。
    ・欲をかいた遺族は骨折治療費+慰謝料だけでは満足せず、死亡の遠すぎる原因の加害者少年(ただし
     当時児童であった為、親の監督責任)にあると訴訟。 これが2007年。
    ・学校(市)や野球クラブ監督を訴えなかったのは遺族弁護士が裁判の乱雑化と長期化を懸念した為。
       →最終的な支払いは、保険会社なので、ふんだくれると判断。

    (結果)
    ・地裁、高裁で遺族側の主張である親の監督責任を認め、1100万円の賠償命令
    ・加害者側納得出来ず最高裁に上告。 引受保険会社が、悪い前例になるのを懸念して、法廷闘争。
      →被告には当事者しかなれないので、両親を窓口に、保険会社が実質的当事者として機能。
    ・最高裁で親の責任は認められず遺族側敗訴+原告が裁判費用全負担
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 08:09
    この裁判、凄く気になっていて、今回の最高裁判決に、司法の良心を見ることができて、安堵してます。

    私も、この件は、日記に残したいので、コメントの整理のところリンクさせてください。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 08:37
    > mixiユーザー ”原告が裁判費用全負担”ですがどのぐらいかかったのか気になるところです。あまり痛くないのならば、同様の阿呆が現れるのは目に見えていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 10:28
    >F  さん
     民事訴訟で、判決でいうところの「裁判費用」とは以下のものです。たかが知れています。
    -------
    判決の主文で費用負担が定められる訴訟費用には、弁護士費用は含まれません。 訴訟費用に含まれるのは、多くの場合は、申立手数料(訴状や控訴状等に貼った印紙)、予納郵券のうち使用された部分(被告や被控訴人等への送達費用)、当事者・代理人の出廷のための旅費・日当・宿泊費、書類作成提出費用です。 証人尋問が行われた場合の証人の旅費・日当・宿泊費(実際には、同行証人といって申請した側が連れてくる証人の場合、旅費・日当等の請求を放棄することが多く、その場合は訴訟費用に含まれないことになります)、鑑定が行われた場合の鑑定料等も含まれます。
    -------

     自分側の弁護士費用一番大きいものでしょう。(被告側の弁護士費用を負担することはありません)
    参審までかかっていますので、成功報酬はゼロだとしても結構なものになるかと。
    「お仕置き代」としては、十分なものでしょう。ざま〜みろです。
      →このケースの場合、被告側は、保険会社の用意した弁護士なんで、負担はありません。

     これまでは、この手の訴訟は、「常識的な金額」での示談で解决するのが常でした。加害者が保険に入っていれば、まず問題なく、たいてい、訴訟にもなりません。
      →個人損害保険は、生命保険や火災保険の特約としてつけると、家族全部が保証の範囲で、年額数千円程度です。
        特約でないものでも、2〜3万ほどかと。
        保険料が安いのは、それだけ発生頻度が低いということでもあります(笑。
     
     今回の場合、要求の仕方が異常で、また金額も高かったので、これが判例になると保険会社が困る事例でした。で、七年もかけて一生懸命法定闘争をしたわけでございます。
     この判決で、「いままでの論理的におかしい、被害者救済優先」が否定され、歯止めが示されました。とうぜん、下級審はこの指針に従いますから、基地外訴訟は抑止できるとおもいます。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 10:46
    >クラゲ さん

     どうぞ、ご自由にお使いください。

     報道をみていると、事の経緯がきちんとなされていないものが多すぎます。

    で、『自損事故』出会ったことも付け加えておいて下さい。

    少年のシュートしたボールは、老人にあたったわけではありません。
    飛んできたボールに驚き、避けようとしてハンドルを誤り転倒して、骨折しています。

    犬が飛び出した、としても同じこと。
    ボールだったんで、遺族はラッキ−とほくそ笑んだに違いありません。

    子供がとびだしてきて、轢き殺したとしたら、『自分も怪我」したとしても、前方不注意として過失責任が取らされるケースです。

    類似のケースで、空き地でサッカー遊びをしていた少年のけったボールが、「走行中のバイクにあたり、怪我をしたケースの訴訟」では、運転者側の前方不注意が指摘され、過失責任割合は、少年2割、運転者8割とみなされた判決がでています。

    ともかく、本ケースでは、老人の死を「打ち出の小槌」にしようとした、阿漕すぎる遺族の存在が大きいです。

    ----

     老人死亡した時点での、遺族の阿漕な要求に対し、加害者側(=保険会社)は、一応、サッカーボール〜「風が吹けば桶屋が儲かる」展開〜死の因果関係は認め、まあ、妥当な見舞金(数百万?)は提示していたと思われます。
     とこっろが、欲をかいた遺族の暴走で、裁判へと発展したと。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 11:09
    この件、被害者?の爺さんは愛媛在住なら、訴えた側の被害者遺族は大阪府在住てのがなぁ(笑)私は、まず、ここで引っかかりましたよ。86歳の高齢者をそれ迄放置プレーしておいて、いざ亡くなるや、5000万から要求とか。

    まぁ、この件で、遺族を必死に擁護してる方々は「自分の身内が同じ目に遭っても黙ってるのか?」なんて目くじら立てておったが、それに対するレスで「俺なら、例え、今から5秒後に通り魔に刺されて死んでも黙ってるよ」てのがあって噴いた。私も同感やね。

    まっ、恐らくは、通り魔にやられて即死のが、遺族にとっては楽やった。なまじ、ボールを避けようとして転倒→骨折→寝たきり→痴呆→嚥下障害…等、繰り返し、これやられると家族負担は半端無いから、そっちのが耐えられなかっただけではないかと。まして、何度も言う様に同居、若しくは、それに近い距離にいたならまだしも、愛媛と大阪やからのぉ…

    まっ、地裁の「蹴り方次第では、ボールが外に飛び出し、この様な危険を招く事は想像出来た…」云々てのを、どうしても認めたいのであれば、ピルロはん辺りに言うて欲しいねぇ…あの辺りならば、試合中でも、ないのに、豪快にシュートボール外すバカはそれこそやらんから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 11:30
    >ぐろちゃん

     遺族擁護派は、論理思考のできない、おばかさんばかり。自分が言いがかりを付けられたら、なんて考えもしない。

     それに遺族は、病院に入れっぱなしで、何の面倒もみていないし。とんでもない、家族なんですよね。

    ----こういう経過のようです。
    ・救急車で病院に搬送。外傷は、左脛骨・腓骨骨折、左手関節打撲、左膝擦過傷と診断(他に左下顎にも軽い傷)。入院となる。

    ・入院3日目にはせん妄など認知症状の悪化がみられた。頭部CTを実施したところ、事故前からのものと考えられる右慢性硬膜下水腫(血腫)の存在が判明。また、高齢化によるとみられる全般的な脳萎縮(脳溝と側脳室の拡大)もみられた。

    ・入院3ヶ月目(2004年6月)ころ、嚥下困難等の症状を発症。経鼻栄養開始。

    ・入院から149日後(7月下旬)、男性の三男の居住地である大阪の病院に転院。病院入院時の病名は、左脛骨骨折のほか、慢性硬膜下血腫、認知症、嚥下障害。

    ・症状は安定してきて、事故から約1年後(2005年2月)に退院したが、退院から10日目に倦怠感を訴えて再度病院を受診し、再入院。

    ・その後容態は安定し、再入院から約1ヶ月後(3月末)には退院が検討されていたが、4月に入って脳梗塞発症が判明。

    ・その後発熱を繰り返し、誤嚥性肺炎と診断され、徐々に全身症状が悪化。2005年7月(事故から約1年半後)死亡。

    --------------------------------

     事故後のCT検査で、
     >事故前からのものと考えられる右慢性硬膜下水腫(血腫)の存在が判明。
     >また、高齢化によるとみられる全般的な脳萎縮(脳溝と側脳室の拡大)もみられた。

     もう寿命寸前だったし、「安全運転が難しい」状況だったわけでございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 11:31
    一審、二審、判決時の報道:
    ----------------------------------
    道路に出たボール避けバイク転倒、蹴った少年側に賠償命令(2011年6月28日読売新聞)

    校庭からのボール飛び出し「予見できた」

     愛媛県今治市で2004年2月、オートバイに乗っていた80歳代の男性が、小学校の校庭から飛んできたサッカーボールを避けようとして転倒、この際のけがが原因で死亡したとして、大阪府内の遺族ら5人が、ボールを蹴った当時小学5年の少年(19)と両親に計約5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は「蹴り方次第でボールが道路に飛び出すことを予見できた」と少年の過失を認定、両親に計約1500万円の支払いを命じた。

     判決によると、少年は校庭のサッカーゴールに向けてボールを蹴って遊んでいた際、ボールが門扉を越え、道路に転がり出た。その際、通りかかったオートバイの男性が転び、足の骨折などで入院。男性は翌年7月、肺炎のため87歳で死亡した。

     原告側は07年2月に提訴。被告側は訴訟で、〈1〉校庭でのこの程度の遊びは許され、少年に過失はない〈2〉事故と男性の死亡に関連性がない――などと主張した。

     判決で田中裁判長は、少年の過失を認定した上で、当時の年齢から「自分の行為でどのような法的責任が生じるかを認識していなかった」として、両親に賠償責任があるとした。

     さらに、田中裁判長は、「男性は事故で長期間の入院を強いられ、生活環境が激変し、死亡の原因になった」と事故と死亡の関連性を認定。賠償額は、男性に持病があったことなどを考慮し、請求より減額した。


      ---------------------
    サッカーボール避け転倒死亡 蹴った少年の親に賠償命令(2011年6月28日朝日新聞)

     校庭から蹴り出されたサッカーボールを避けようとして転倒した男性(死亡当時87)のバイク事故をめぐり、ボールを蹴った当時小学5年の少年(19)に過失責任があるかが問われた訴訟の判決が大阪地裁であった。田中敦裁判長は「ボールが道路に出て事故が起こる危険性を予想できた」として過失を認定。少年の両親に対し、男性の遺族ら5人へ計約1500万円を支払うよう命じた。

     判決によると、少年は2004年2月、愛媛県内の公立小学校の校庭でサッカーゴールに向けてフリーキックの練習中、蹴ったボールが門扉を越えて道路へ転がり出た。バイクの男性がボールを避けようとして転び、足を骨折。その後に認知症の症状が出るようになり、翌年7月に食べ物が誤って気管に入ることなどで起きる誤嚥(ごえん)性肺炎で死亡した。

     少年側は「ボールをゴールに向けて普通に蹴っただけで、違法性はない」と主張したが、27日付の判決は「蹴り方によっては道路に出ることを予測できた」と指摘。「少年は未成年で法的な責任への認識はなく、両親に賠償責任がある」と判断した。そのうえでバイクの転倒と死亡との因果関係について「入院などで生活が一変した」と認定。一方で、脳の持病の影響もあったとして、請求額の約5千万円に対して賠償額は約1500万円と算出した。(岡本玄)

    ■「やや酷な印象」

     〈日本スポーツ法学会理事の桂充弘弁護士の話〉 バイクが走行していた道路の通行量などが分からないので断言はできないが、今回の判決は、子どもの行為が及ぼす事態を厳格にとらえたといえる。一方で、少年は校庭で違法な行為をしていたわけではなく、ゴールに向けて蹴ったボールが門扉を越えており、やや酷な印象も受ける。仮に少年側が控訴した場合、今回は問われなかった学校側の施設管理についても検討する必要があるのではないか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 11:38
    > mixiユーザー 

    今後こういったケースでは、被害者遺族側が加害者側に賠償金を支払うよう、判決が出るのが望ましいと思います。うれしい顔
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 15:29
    こんにちは。
    ちなみに、バイクは転倒しましたがサッカーボールは当たってないですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 16:14
    >あつし さん
     ご指摘ありがとうございます。
     本文では述べていませんが、上記 くらげさんへのコメントで補記してあります。

    -----
    2015年4月10日 10:46
    >クラゲ さん

    報道をみていると、事の経緯がきちんとなされていないものが多すぎます。

    で、『自損事故』であったことも付け加えておいて下さい。

    少年のシュートしたボールは、老人にあたったわけではありません。
    飛んできたボールに驚き、避けようとしてハンドルを誤り転倒して、骨折しています。

    犬が飛び出した、としても同じこと。
    ボールだったんで、遺族はラッキ−とほくそ笑んだに違いありません。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月10日 17:40
    まともな判決が最高裁までいかないと出ないのが一番の問題ですよね。 しかも10年もかかっている・・・。  遺族を焚付けた悪徳弁護士の責任も大きいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月11日 06:38
    > mixiユーザー 詳しい情報ありがとうございます。只今、最高裁判決やら読み込んでます。
    http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=85032
    これを読むと、どうやら、ボールは、学校と道路の間に溝があり、そこに橋がかかっているらしく、その橋に落ちて、転がった模様。
    (更に、ゴールポストの後ろは、フェンスまで、10m)

    凄い勢いで、ボールが、飛び出したというより、コロコロと転がっていたと思われます。
    それを避けての転倒で、ボールとの接触は、無いとの情報もあり、ある意味、野良猫が横切っても同様だったかもと、思いました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月11日 10:53
    >最初はケン さん

     事件が起きたのが2004年、死亡がそれから1年半後、欲に目が眩んだ遺族が5000万訴訟を起こしたのが2007年ですから、訴訟期間は8年です。それにしても、十分に長いです。

     当初の怪我の治療費等は、支払い済みのはずですから、爺の死を金のなる木に見立てて要求する悪どさがあります。
     要求額が、500万ていどなら、とっくに示談がすんでいたでしょうに。あまり法外なようきゅうなので、訴訟に発展、一審・二審が糞だったというわけで。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年04月11日 11:28
    >クラゲ さん
     報道された、現場見取図と写真を本文に掲載しました。
    のどかな田舎町の学校沿いの道路です。校庭境界と道路の間には幅2mの側溝がありますから、校門部でなけば、側溝に落ちていたはずです。
     かなり不運な状況。

     加害者側が、保険に入っていたこともあり、善意で「責任を認め、対処した」事が結果として裏目に出た感が強いです。

     そもそもの事故責任の所在の争いをしていれば、老人の自損じこですので、老人過失8割、少年過失2割り程度のものでしょう(判例あり)

     争われていたのは、民事で、すでに過失責任を認めていたので、ややこしくなりました。
    -------------
     
     どんなに元気そうに見えても、加齢で着実に五感に体力や判断力、瞬発力は劣化します。80代となれば、自転車を含め、乗り物は避けるのが吉。この老人のように85になれば、言語道断といってもいいかもしれません。
     →70代になったら、自重すべきでございましょう。

     この老人も、バイクに乗り続けていたら、早晩、事故を起こしていたに違いありません。自損であればまだしも、他人を巻き込んでいたら目もあてられませんし。

    --------
     老人に優しい街、とか、認知症をみんなで見守る街、なんていう、ことばだけは美しい、実際に起こりうる問題などの検討考慮しないものがもてはやされている風潮は嘆かわしい限りです。

      →予算が潤沢にあり、老人数が人口に比べて極めて少ない場合にのみ
        実行可能なものでございます。

     老人は、身の程をわきまえ、隠居すべきなのでございます。

    曰く
     志学 (しがく)= 十五歳
     而立 (じりつ)= 三十歳
     不惑 (ふわく)= 四十歳
     知命 (ちめい)= 五十歳
     耳順 (じじゅん)= 六十歳
     従心 (じゅうしん)= 七十歳
    ですもの。

    ------------------------
     今回の事件での一番の被害者は、加害者とされている少年とその家族。
    この判決を機に、呪縛から開放され、のびのびと生きることができますように。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2015年04月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930