mixiユーザー(id:7049076)

2014年05月17日15:50

134 view

ガセネタ掲載の言い訳は、どんなものだか?

 まずは、震災瓦礫焼却の際の、橋下知事とトンデモフリー記者との論争をごらんください。実に面白いんで、ご損はありません。

◯橋下徹 フリー記者との大バトル(どっちが失礼なんだか・


 はっきりって、雁屋哲とスピリッツ編集部のバカさ加減は、この愚鈍なフリー記者と同レベルです。

 噂によると、十数ページにわたる「検証ページ」では、何人もの識者のコメントをのせているそうですが、野呂美加@とんでもさんなどを登用しているあたりで、ダメダメ検証なのが明らかかと。

 編集部言い訳は、全文を読んでから、ネチネチ検証することにします。



-----リンク元記事:朝日新聞デジタル - 2014年05月17日
■美味しんぼ、編集部見解掲載へ 「表現のあり方見直す」
(朝日新聞デジタル - 05月17日 01:31)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=2885711

 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)の人気漫画「美味しんぼ」の東京電力福島第一原発事故をめぐる描写に対し福島県などが抗議していた問題で、19日発売の最新号に「ご批判、お叱りは真摯(しんし)に受け止め、表現のあり方について今一度見直して参ります」などとする編集部の見解が掲載されていることが16日、分かった。

 同号で編集部は、「編集部の見解」欄を設けて釈明。「多くの方々が不快な思いをされたことについて、編集長としての責任を痛感しております」「一連の内容には多くのご批判とご抗議を頂戴(ちょうだい)しました」とし、掲載した経緯などを説明している。

 また同号では、「『美味しんぼ』福島の真実編に寄せられたご批判とご意見」と題した特集も掲載。有識者13人の賛否の意見や福島県、同県双葉町、大阪府・大阪市から送られた抗議文が掲載された。

 美味しんぼは次号からしばらく休載するという。

 問題視されていたのは、登場人物が放射線被曝(ひばく)と鼻血の因果関係を指摘したり、「福島に住んではいけない」と述べたりする場面。福島県は「容認できない」とする小学館への抗議文と県の見解を県のホームページに掲載。閣僚からも批判が相次いでいた。
----------------------

 で、「閣僚からも批判が相次いでいた」というのは、記者がコメントを取りに言ったからなんだが(笑。
0 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月17日 18:15
    朝日の記事、休載は前から決まっていたことと、もともと不定期連載で載ってないことの方が多いことが抜けていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月17日 18:50
    >QP さん
     何か意図があるんでしょうか?
    その筋の圧力に負けて、休載に至ったとのほのめかしを狙うとか(笑。

    -------------

    社説では、遠回しにに擁護してい雰囲気ですね。ていうか、積極的に擁護しているとよむこともできます。

    ◯美味しんぼ―「是非」争うより学ぼう  2014年5月14日

     週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)で30年以上連載されている「美味(おい)しんぼ」が、波紋を広げている。

     福島第一原発事故をテーマにした最近の2回分で、主人公が鼻血を出し放射線被曝(ひばく)と結びつけられたり、「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと思う」との見解が述べられたりしている。

     実在の人物を絡めて表現されており、福島県や双葉町などが事実と異なるとして抗議や意見を表明した。

     私たちは社説で、低線量被曝の影響を軽視しないよう指摘する一方、できるだけ科学的な根拠や実測値、具体的な対策とともに議論すべきだとの立場をとってきた。漫画での描き方には疑問が残る。

     ただ、低線量被曝には未解明の部分が多い。今回のような健康被害に関する主張は事故後あちこちで見られてきた。それが広く関心を集める背景には、巨大な被害を招いた原発政策への怒りも反映していよう。

     ひとつの作品を取り上げて過剰に反応したり、大学の学長が教職員の言動を制限するような発言をしたりすることには、賛成できない。

     忘れてならないのは、福島の人こそ事故被害に苦しみ、無理解に怒り、不安と闘いながら日々暮らしていることだ。

     私たち一人ひとりが、「うそだ」「本当だ」と振り回されるのではなく、巷(ちまた)にあふれる情報から自分自身で納得できるものを選びとる力を養っていくことが大切だろう。

     福島県内ではこの3年で、十分とは言えないまでも外部被曝や内部被曝を検査する体制が整いつつあるが、受診率は高いとはいえない。現地で活動を続ける医者たちは「心配なら検査しよう」と呼びかけている。

     数値をどう見たらいいか、どうしたら無駄な被曝を避けられるか、勉強会や相談会、研修も開かれている。食べ物や水の検査も継続的に実施されてきており、健康への影響と関連づけられるほどに実際のデータも積み上がってきた。

     こうした経験知は人々が不安の根源に向き合い、どう対処すればいいかを考える手がかりになる。これらを福島から全国へと共有していきたい。

     小学館は19日発売の次号とホームページで、これまでの反響や複数の専門家の意見を特集するという。

     影響力の大きい人気漫画だけに、全国の読者に考える素材を提供し、議論を深める場になることを期待する。

    http://www.asahi.com/articles/ASG5F3CMRG5FUSPT006.html
    -------------------------------

     朝日的には、低線量被曝にこだわりたいようですが、

     大気圏内核実験の影響をもろに受けてきた五十代以上の人々に、被曝による悪影響が現実に見られないことを考えれば、影響なしと、考えるのが妥当でしょう。
     ストロンチウムが大量にばらまかれ、骨に取り込まれましたが、白血病の増加もなさそうだし(笑。

     有限の資金と時間で、福一問題と対処していくわけですから、プライオリティをつけて調査検討すべきです。自明の理とおもわれることは、ネグるのが本当の姿。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月17日 23:31
    ハシシタとのやりとりにはワラタ。

    試験焼却して、セシウムが出るかどうか試す。

    もしもセシウムが出て健康被害が出たら…

    試験焼却する量は極めて微量。ゆえに、万一、検出されても、我々が日常的に被曝してる量よりも少ない

    セシウムにも色々種類あるんですが、塩化セシウムだけを調べても…

    実際に鼻血が出てるとか言う話があるんですが…

    いや私は知らないんですけど、そういう話を聞きまして…

    万一、健康被害が出たら…

    何だよ、結局、同じ質問に戻るのかよ⁈

    我慢しきれなくなったハシシタにちょん切られ「失礼なやっちゃな!」他に何人もの記者のいる中で、同じ質問の繰り返しで、何分も粘り続ける神経のが常識疑うわw
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月17日 23:57
    >ぐろちゃん

     やはり、橋下は、とても、クレーバーです。他の、記者会見をみても、バカ記者がけちょんけちょんにされています。実に面白い。

    ----------
     高温気体にさらされれば、微粒子を濾すバグフィルターは破損してしまいます。で、橋下もちゃんと答弁していましたが、ガスを200度摂氏以下に冷却してから、バグフィルターを通すので、それよりも融点が低い物質(ほとんど存在しない)は全部固形物になzっています。
     放射脳達が、科学をしらないのがわかるのは、「気体となった放射性物質はフイルターで除去できない」と、主張することです。

     また放射脳たちは、数学にも極めて弱いと思われます。きっと、ホッテントット並なのでしょうね(笑。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月18日 21:51
    > mixiユーザー 
    ホッテントットに失礼ですよ。
    シーシェパード並みだと納得ですが。(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年05月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031