mixiユーザー(id:7049076)

2014年05月11日22:12

701 view

一番の問題は、『集客できるか?』だ。

 廃校を、他の施設に転用するのは、かなり簡単なこと。単なる「リフォーム工事」にすぎないのだから。かなりのアホでも考えつくことだし、すでに、1980年代から試みられ、いくつもの事例がある。

 何らかの施設に改装するのは簡単でも、利用客を集めるのは、簡単ではない。
観光スポットが近くにあるなどのその土地固有の『魅力』がないかぎり、宿泊施設等に改装しても、集客は困難なのだ。
 記事にある「新たな人を呼び込み、地域の活性化が期待できそうだ」というのは、殆どの場合幻想にすぎない。世の中、そんなに甘くはないのだ。

・廃校舎を利用して、他の施設に変えるのは可能。予算があれば容易。
・魅力ある施設として、運用・維持するのはすこぶる困難。
・収益性を確保するのも至難の技。

というのが現実である。


 廃校利用で、成功しているのは渋谷区の事例かもしれない。渋谷区主導で、過疎の東京都檜原村の廃校を宿泊施設に転用し、渋谷区在勤・在住者に提供しているものだ。すでに、三十年近くに渡り、使われている実績がある。コンスタントに利用客がおり、好評である。
 ただし、収益性はゼロである。
 施設の維持・管理費は全て渋谷区の負担で、利用客は無料で使用できるのだ。
だから、長期にわたって存続しているのである(笑。
 →檜原村は東京都とはいっても僻地、
   JR武蔵五日市駅から「藤倉」行きバス(40分) 「小沢」バス停下車 徒歩2分
    バスの本数が少ないので、渋谷からだと、ほぼ半日近くかかる。
    自然環境はすばらしいし、払沢の滝のような割と有名な場所もある。
    払沢の滝:http://hinohara-kankou.jp/miru-hotsawa.html

 渋谷区のように、腹をくくらないかぎり、廃校転用施設を長年に渡り維持していくのは、難しい。
欲をかいても、まず、うまくいかない(笑。


渋谷区の利用案内
◯檜原自然の家
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/youth/yt3_hinohara.html
 
◯利用者のレポート(写真たくさんあり)
廃校キャンプ!廃校をリノベーションした宿泊施設 渋谷区檜原自然の家
http://hinoharavillage.net/post/75128790096
 




 



---リンク元記事:MONEYzine - 2014年05月11日
廃校、姿を変えて新たな収益源に 観光施設や宿泊施設、歴史博物館など
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=105&from=diary&id=2877529

 廃校をリニューアルして、事業化する事例が報告されている。新たな人を呼び込み、地域の活性化が期待できそうだ。

 地方では、少子高齢化によって生徒数が減り、廃校となる小中学校も少なくない。そんな学校施設を有効活用しようとする地域が増えている。

 栃木県塩谷町の「星ふる学校 くまの木」は、少子化と過疎化で廃校になった熊ノ木小学校を、宿泊施設に改装したもの。校舎の歴史は古く、1935年築と1955年築の2棟。現在では宿泊棟と管理棟になっている。「星ふる学校 くまの木」のウリは、町在住のボランティアが指導者となる体験型プログラム。自然や食、ものづくりなどを通じて、塩谷町の自然や文化にふれることができる。施設内には口径35センチメートルの反射望遠鏡が設置されており、天体教室も行われている。宿泊費は1泊2食付で、大人が5,800円、小中学生が5,250円。3,100円で素泊まりもできる。

 また、群馬県みなかみ町には、みなかみ町廃校活用プロジェクトの協力により誕生した、「泊まれる学校 さる小」がある。少子化による統廃合で廃校になった猿ケ京小学校を改修した、1日1組限定の貸し切り宿泊施設だ。木造校舎を活用した宿泊施設には、黒板もそのまま残されている。宿泊中にはグラウンドだけでなく、音楽室や図工室、図書室、さらにはプールも使用できるため、合宿や研修には最適な施設になっている。宿泊費は食事付きで8,100円から、素泊まりは3,240円から。

 一方、都市化による人口減少で廃校になった開智小学校は、京都市学校歴史博物館に生まれ変わった。京都は明治2年(1869年)に、日本で最初に番組小学校とよばれる学区制の小学校が64校つくられた。こうした歴史を伝えるための資料や、京都市の学校に遺された貴重な教科書、教材・教具などの教育資料、さらには、卒業生などが学校に寄贈した数々の美術工芸品を展示している。入館料は大人が200円で、小人が100円。

 今後も人口の減少に伴い、多くの学校が統廃合されたり、廃校になることが予想される。これらの学校の施設を取り壊すにも費用がかかる。しかし、新たな用途で有効活用ができれば、地域の活性化や雇用を生み出すことにもつながる。こうした動きは今後も広がりそうだ。
-----------------------



4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月12日 10:20
    まったくもっての太田道潅です。夕張にも廃校を利用した宿泊施設がいくつかありましたが、アレは絶対ダメです。収益性以前に教室をそのままつかってますから教師が管理しやすいからだけなんですよね。一部屋30人の雑魚寝ってキモイです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月12日 22:49
    >風間健介 さん

     渋谷区の場合は成功していますよ。なにせ、ただなこともあって、稼働率は高いです。

    子ども会から趣味のサークルまで、いろんな民間グループが、上手に利用しています。

    旅館やホテルのようなサービスはいっさいありません。
    利用規則に従い、自分たちで好きなように全てやります。


    宿泊は、教室を居室ように改装、カーペット張りで、雑魚寝です。
     布団類も無料貸出し、清潔なシーツ付き。

    トイレは、共同、簡易水洗。
    お風呂は、大きめの共同ブロ。

    給食用の調理場を改装した自炊設備があり、調理器具、光熱費は無料。
     →材料は持ち込み。

    校庭の一隅には、バベキュー施設。管理人に申告すれば、無料で、薪をくれます。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年05月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031